見出し画像

なにげない事もハッピー変える、ダーリンの女子力

ダーリンは外国人。

先日「アイコ、キテ!ミテ!」ってキッチンに呼ばれた。

輪ゴムが床に落ちてハート型に見える‼︎
「ハート♡ 2人のハートだよ」ってさ。

もうすぐ50歳になるのに、私より乙女なダーリン。女子力高い可愛いオッさん。

あっそ、わざわざ呼ぶとこぉ⁈って思ったけど「そうだね、スゴイね、ハート可愛いね」って答えてあげたよ。

なあに、この子どものような、乙女のような純粋なモノの見方、ココロ‼︎
驚きとともに、あぁ、こういう感性なくしちゃダメだなぁと教えられた。

モノの見方一つで、輪ゴムさえHappyに変えるYOUハ、テンサイダヨ。

普段から夫の口グセは「Happy Wife Happy Life」外国人メンズの間では、家庭円満の合言葉みたい。
友人達との会話の中でチラホラ出てくるワード。素晴らしい響きだ‼︎

仕事から帰宅すると必ず笑顔で「Today Gooday? Happy?」と聞いてくれる。

どんなに疲れていても、疲れがふっとんでしまう。夕飯が作ってある日は最高にハッピー!
まぁ、たまーにだけどね。

私達の出会いは、友人夫婦の紹介。

後から聞いた話だと4人くらい紹介候補がいたらしい。

友人から私の写真を見せてもらい「会いたい」って思ったと。(ビジネスプロフィール写真だから、写りの良い写真。グッジョブ、友人!)

運命を変えたプロフィール写真はこちら。私の中では、当時のベスト。(3年前だから、そろそろ更新したい)

プロフィール写真って、大事よねー。って話もおいおい書いていこうかな。

その頃、 40歳で会社員を卒業し、独立・個人事業主になったので、出会いどころではなく、毎日仕事に明け暮れグッタリな日々。

結婚願望は無いわけでもないが、婚活に注ぐエネルギーほぼゼロ。

ましてや40過ぎの仕事大好き、オトコマエで(自分で言う)気の強い女を嫁にもらってくれる人なんて、いないと思って「ご縁があれば〜」くらいにノンビリかまえていた。

なんなら生涯独身貴族だってかまわないけど、老後の茶飲みボーイフレンドくらいは確保しておきたいなぁ。レベル。

友人や先輩方から「結婚なんて、タイミングよぉ〜」何度も、何十人から、この言葉を聴いただろうか。そのたびに「そんな事ある訳ない、ない‼︎」心の中でチッって思っていたからね。

卑屈になって、心の中でグチャグチャこじらせ、人の幸せを真正面から受け止められない時期もあった。

そんな時期を経て、いい意味で開き直り、精神的にもオトナになって心が軽くなって、人の幸せを心から喜べるようになった頃から、幸せの吸引力がついたのかも。

今なら素直に「そう、タイミングなんですね」ってこたえられる。

きっと、私にはこのタイミングだったんだ。

言葉もままならない2人が、どうやってコミュニケーションをとり、生活しているのか、まわりは不思議みたい。

まぁ、究極フィーリング
楽しい、美味しい、趣味、空気感、フィーリングが合うんです。

そんな感じで、結婚っていいもんだなぁなんて。
晩婚組、ささやかな幸せを感じてます。

See you!
ビューティクリエイター
Aiko McGrath

◇HP
http://aiysha.jp
◇Twitter
https://twitter.com/AikoMcGrath
◇Instagram
https://www.instagram.com/aiko.cosme

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
コスメサロン アイーシャ代表/ビューティクリエイター・16タイプパーソナルカラーアナリスト。美容職27年。大手化粧品メーカーで美容部員・本社美容講師を経て独立。美容のチカラで“ごきげん美人”増やしたい❤︎夫はアイルランド人。http://aiysha.jp