AI×経済

33
記事

【自動車AI最前線】形が違っても正確にわかる?ナンバープレートの文字を検出する画像認識技術【論文】

(Featured AI and car)Can you detect exactly if the shape is different? Image recognition technology to detect the characters of license plate(Publication)

本システムの概略図

二値化した文字画像をさらに細かいサブイメージに分割し、各サブイメー

もっとみる
ありがとうございます!
7

AIで、BMWグループの成功を査定した!

今では多くの車が運転や駐車だけではなく、技術の進歩によってもっと多くのことができるようになっている。過去数年の間に、自動車産業は自動車にいくつかのスマートシステムを組み込むことによってその地位を確立してきた。そして、更なる発展のために人工知能のような技術は活用されつつある。

AIは自動車生産の急増に多大な貢献をしている状況だ。例えば、既に自動車業界の大手企業であるBMWは、AIを大規模で活用して

もっとみる
ありがとうございます!
10

Chief AI Officerの大切さ!

AIの付加価値の急増により、組織は最先端の技術革新を受け入れることに苦労している状況にある。AI、ディープラーニング、強化学習などの用語は混乱をもたらす場合も少なくない。そのうえで、ビジネスにおけるユースケースは漠然としており、AIの専門家は現実に則さない学術世界の意見、独自の新しい会社を持っているか、最先端のハイテク企業に所属しているなど偏りがあるのが現状だ。

AI活用の最高責任者は副社長が担

もっとみる
また来てね!
6

【Microsoftから10億ドル調達】OpenAIの論文読んだらすごかった。

プレスリリース

2019年7月22日、AIの研究開発を行う米OpenAIは、米Microsoftより10億ドルの資金調達を実施したと発表した。*
OpenAIは今の所、市場に売り出している製品はないものの、数多くの技術論文を発表している。

*参照:
Microsoft invests inand partners with OpenAI to support us building benef

もっとみる
ありがとうございます!
6

地域の活性化は、AIの「言葉による解剖」によりさらに有益なものとなる

死体解剖に必要となる器具などが不足している世界の地域では、保健当局は多くの場合、亡くなった人を知っていた人たちへの聞き取りから得た情報から、死因を推定し、レポートを作成することで対応する。

「言葉による解剖」とは

この工程は、「言葉による解剖」として知られている。
現在、トロント大学の研究者らは、この「言葉による解剖」から作成されたレポートをもとに、AIが自動で死因について結論を下すことができ

もっとみる
ありがとうございます!
5

ユニリーバのAI戦略!!

ビジネスを向上させるためにAIを採用した企業の中でもユニリーバはリストのトップに立つ企業だ。ユニリーバは、インフルエンサーを見つけるための洞察の処理を含む、マーケティングへの影響を利用するためにAIを採用している。

同社には世界中に26のデータセンターがあり、そこではソーシャルリスニング、CRM、従来の市場調査など、さまざまなソースから考察・新しい取り組みを生み出すためにAIをしている状況だ。

もっとみる
AI(愛)を感じる!
10

運転中の気分を監視、AIセンサー!!

自動車会社Jaguar Land Roverは、運転手や乗客を常に監視したうえで、気分に合わせて車の設定を調整できる新しい技術を発表した。JLRで評価中のこの技術は、カメラを使ってドライバーの顔の表情を監視するシステムである。そして、プロトタイプはそのシステムでバイオメトリックセンサーを使用している。

Jaguar Land Roverの新しいシステム

このシステムは運転手を検出すると、照明が

もっとみる
励みになります!
5

アレクサが健康情報の配信を開始!―個人情報流出を懸念する声も。

AmazonとNHS(英国国民健康制度)の提携

イギリスのNational Health Service(国民健康制度) は水曜日、AIに関してAmazonと提携していると発表した。アレクサ対応の装置に向かって健康関連の質問をした人に、NHSが承認した健康アドバイスを提供するという計画だ。

プライバシーは守られるか?反対派の意見

すぐに批評家たちがこの話題に飛びつき、AI専門家やデータ倫理学

もっとみる
スタートアップ冥利につきます!
7

聴いて学べ!Podcast、AI学習10個のコンテンツ!

データ科学、機械学習、人工知能、ボットが今日の技術界で最も議論されているトピックの一部であることは広く認められている事実だ。

ソーシャルメディアチャンネル、あるいはNetflix、YoutubeアカウントなどのOTTプラットフォームを介して、人類は日常的に機械学習と付き合っている。問題は情報の更新加速度にある。ポッドキャストなら、テクノロジーに何が起こっているのか、有識者の肉声を聞いて学ぶことが

もっとみる
AI(愛)を感じる!
21

『スマートシティ・プロジェクト』は市民のプライバシーを脅かすか?

トロントのある地区が『スマートシティー』に…プライバシーは守られる?

アルファベット株式会社は、トロントのウォーターフロントに『ハイテク・スマートシティ・プロジェクト』を提案した。『手頃な価格の住宅提供・交通量削減・気候変動や格差への対処』という提言のもと、この基本計画が発表された。

だが、素晴らしいアイデアには様々な噂がつきものだ。 アルファベット株式会社の一部門である『サイドウォーク・ラボ

もっとみる
ありがとうございます!
8