見出し画像

映画「ターミナル」から学んだこと

「ターミナル」という映画をみました。
今まで様々な映画を見ているのですが、この映画はその中でも上位に入る面白さでした。

あらすじ

クラコウジア人の主人公ビクター・ナボルスキーはアメリカの空港に到着しました。
彼はニューヨークに用があるため、アメリカに入国しようと試みます。
しかし、入国審査でゲートを通してもらえません。
実は、彼がクラコウジアからアメリカに向かっている途中、クラコウジアで反政府軍のクーデターが発生します。
政府は転落し、クラコウジアのパスポートは無効となってしまい、彼は入国することができなくなったのです。
パスポートやビザが没収されクラコウジアに帰ることも許されなくなりました。
彼は空港でどのようにして生き延びるのか、彼がニューヨークに来た目的は何なのか、映画を通じて判明していきます。

ビクターの人柄

この映画のビクターの行動を通じて様々なことを学ぶことができます。
自分が感じたビクターの人物像として

・行動派
・誠実

の二つの特徴があるように思いました。

行動派

ビクターはクラコウジアのクーデターが収まるまでの間空港のターミナルに閉じ込められます。
また、それだけでなく彼は元々英語をほぼ話すことができない状況であったため、クーデターが起きて空港を出られなくなったという事実すら理解ができませんでした。
映画ではコミカルに描いていたのですが、実際かなり絶望的な状況です。
彼はそれでも生きるために必死に行動を起こしチャンスを掴み続けます。
具体的な例として、彼は毎日入国のためのゲートに向かい、入国を断られ続けます。
その様子を見ていたゲートの監査官に恋をしている男がビクターに近づき、食糧を与える代わりに監査官の情報を聞き出すように取引しました。
その結果ビクターは飢えることなくご飯を食べることができたのです。
チャンスというのはどこに落ちているか分からずそれは常に行動を起こすことでこそ掴むことができると感じました。

誠実

彼はどうしてもニューヨークに行きたい理由がありました。
ビクターがニューヨークに行くために、空港にいる間、非常にたくさんの人がビクターに手を差し伸べます。
これは、周りの人々が優しいというのもありますが、それ以上にビクターの誠実な人柄がそうさせると考えました。
彼は常に真面目で、優しい人物です。
どんな状況であっても文句を言うことなく現状と向き合います。
このひたむきで真っ直ぐな姿を見て人は手を貸したいと思うようになるのです。

まとめ

この映画は空港に閉じ込められているという現状をコロナが蔓延している現状と重ねて見ることができます。
どちらの状況も身動きが取れず、行動に制限がかかるという意味では全く同じであるからです。
できないことを嘆き、批判するのか、ビクターのように現状で、できることを行動し続けるのか、この違いは非常に大きな差になります。

学校自粛期間があったため、学力の差がさらに開くことが懸念されています。
オンライン授業の用意が整っているところとそうでないところで学習環境に差が出てしまうというのも理由の一つです。
しかし、それ以上に家で自主学習をするのかしないのかが決定的な学力の差を生んでしまいます。
今の状況の中で、行動するのか、しないのか、この差は非常に大きく出てしまうと考えます。

本当に面白い映画でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!よろしければフォローをお願いします!
研究を行う理系の人。 思ったことや考えたことをnoteに書きます。 よろしくお願いします!