みくりや佐代子

noteをきっかけに出版しました。「母親らしく」を諦めた二児の母。【著書】『あの子は「かわいい」をむしゃむしゃ食べる』(インプレス刊)『働く女の「しないこと」リスト』(ICE新書)
    • 月刊文芸誌『文活』 | 生活には物語がみちている。

      noteの小説家たちで、毎月小説を持ち寄ってつくる文芸誌です。生活のなかの一幕を小説にして、おとどけします。▼価格は390円。コーヒー1杯ぶんの値段でおたのしみいただけます。▼詳細は以下の紹介記事をご覧ください。 https://note.com/bunkatsu/n/n16565e0a2b10

    • エッセイの花束

      週1は書くと決めたマガジン。こころの中に招きます。 特に事件は起きません。

    • 「お母さん」になれません。

      2人の子を持つワーキングママの視点で「母性」について考えるエッセイを集めました

    • 育児コラム

      普通の子育てエッセイとは少し違った内緒話。

    • #アバウトミー

      私について書いてくれた方々のnoteです。感謝の気持ちをこめてマガジンにしました。

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

あなたを許すこと

ひきこもりの兄がいる。 正しくは、「ひきこもりの兄だった」。ひきこもりの兄がいます、と話していたのは当時14歳の私だった。 私には兄が二人いて、年の近い方の兄がそ…

クワイエット・ライト

ヘッドホンで片耳を塞いでハナレグミのQuiet Lightを聴いている。ハナレグミは昔付き合った人がライブでコピーしていた。あと、高校の友達も好きだった。わたしのその友達…

幸福な泥棒

祖母の指が一本足りないことを息子が異様に気にするので、「ミシンで怪我して切断したらしいよ」と真実を伝えるとますます怯えるかなと思い、遊び心で「泥棒が持っていった…

シェアハウス・comma「梶田 瑛太郎 編」

この作品は文芸誌・文活のリレー小説シリーズ『シェアハウス・comma』の第4話です。シリーズを通して読みたい方はこちらのマガジンをご覧ください。 ワン、ツー、スリーコ…

心の中にフワちゃんを置いて

少し前の話だけど、親しい友達のSNSに「全員しね」と書いてあったことがある。その友達は私の前ではいつもぴかぴかとした笑顔だし、マイナスなことはあまり言わないし、だ…

ありあまる愛とこの腐った世の中に

100