エステサロン時代のショッキングな舞台裏

今でこそ肌の仕組みや化粧品成分のことを語れるまでになった私ですが

2度目の妊娠・出産を経験してから数年間、ホルモンバランスが変わったせいか、それまで悩んだことのなかったニキビや頭皮の猛烈なかゆみなどに長期間悩まされていました。(当時のニキビ肌の写真は第3話で載せますね!)

そういうこともあり、2人目が2才になったころ、かねてより興味のあった美容と健康についてもっと深く知って肌悩みを改善したいという思いと、好きなことでお仕事をしたいという思いがわいてきたこともあり、化粧品業界では国内第4位(当時)の某大手化粧品会社のエステサロンで、エステティシャン兼販売員としてお仕事を始めました。

でも…何か月も同社の1セット5万円以上する化粧品を使っても、化粧品を替えてみても、肌悩みは解決するどころかひどくなっていきました(´;ω;`)

一時的に良くなったことはあったんですけれどね。


ちなみに入社後サロンや研修で学べたことは、美容の知識よりもお客様を獲得するための話し方、商品のアピールポイントやアピール方法ばかり…💦
美容に関する知識はほんの少しだけ…

エステの技術について教えてもらえたのは最初の検定前のみで、検定に合格してしまえばあとは本番で数をこなして慣れていくのみ。

研修で新しい技術を学んでも、その1日が終われば、お店では営業やチラシ配りで忙しいので練習する暇などなく、というより教えてもらったり練習させてもらえることがなく、ほぼぶっつけ本番!

先輩方はある程度顧客がいらっしゃったので営業も余裕を持ってできていたため、時々練習できるという…!
新人こそ練習させてほしいのにー!

また、オーナーや先輩方は10年以上のキャリアを持つ美容のプロのはずなのに、クリーム状の洗顔料と昔ながらの固形石鹸の違いを訪ねても、良くわかっておらずあいまいな返事を返してくる、という驚きの世界でした。

そりゃぁ肌が治るはずはありません。

もちろん、私のニキビ肌の原因や対策だってだれもわからないし教えてくれませんでした。いえ、教えられるはずがなかったんです💦


次回に続きます^^

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
*ニキビ・敏感肌・乾燥肌・シミ・くすみ*化粧品ジプシーで疲れた方へ。化粧品成分分析、スキンケア、食事でお肌悩みの原因を導き出し、すっぴん美肌を目指すお手伝いをします。元大手エステティシャン、スキンケアコスメアナリスト。インスタ、Facebookにも美容情報載せています♪
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。