アジャイルジャパン

アジャイルジャパンの公式noteです。 アジャイルジャパンに関する情報はこちらもチェック! https://www.facebook.com/Agile-Japan-152303791601572/

アジャイルジャパン

アジャイルジャパンの公式noteです。 アジャイルジャパンに関する情報はこちらもチェック! https://www.facebook.com/Agile-Japan-152303791601572/

    マガジン

    • アジャイルポエム

      • 30本

      アジャイルにまつわる話題を集めました。

    • Agile Japan サテライト

      • 12本

      アジャイルジャパンの特長である「サテライト」。 開催概要や各地の様子はこちらから!

    • Agile Japan コラボイベント

      • 4本

      Agile Japan実行委員が関わるその他のイベントについての記事です。

    • ぼくたちのひみつきち

      • 8本

      日本中の「チーム自慢」を集めましょう。 みなさんの現場のお話をお待ちしております!

    • みんなのモブプロ

      • 4本

      恒例となったAgile Japanでのモブプログラミング。 みなさんの「やってみた!」を集めて、さまざまな気付きを共有しましょう! 2018のTogetter: https://togetter.com/li/1248423

    アジャイルポエム

    アジャイルにまつわる話題を集めました。

    すべて見る
    • 30本

    AgileJapan実行委員のみんなへ

     あやなるのアドカレ 19日目 &  Agile Japan 2021 アドカレ 23日目の記事です。前回の記事でおさまりきらなかった実行委員へのお手紙をこの記事に納めます。内輪なやつを全公開している感じなので、読んでくださる人は実行委員同士の会話を聞いてるくらいの覗き見してるくらいの感じでご覧ください。 前回の記事はこちら: AgileJapan実行委員のみんなへ2020が終わってから、ほぼ休みなくここまで走り続けて来て、本当にお疲れ様でした。やっと終わったというのに、

    スキ
    3

    ゆく年くる年Agile Japan

    Agile Japan 2021 アドカレ 最終日の記事です。 2021年もAgileJapanが無事開催されたこと、 本当に嬉しく思いました。 アドカレもたくさんの方にご参加いただけました。感謝・・・!! ありがとうございました!!! アジャイルジャパンとわたし2017年にボランティア募集があり、 そこへ申し込んでみたところ、参加できることに。 平鍋さんのお部屋担当になりました。 平鍋さんの一挙手一投足に本能的に惹かれたことが、 アジャイルにのめり込む入り口になっ

    スキ
    3

    AgileJapanとあやなるの想い

    こんばんわ、あやなるです。遅れ気味な あやなるのアドカレ 18日目 &  Agile Japan 2021 アドカレ 21日目の記事です。 Agile Japan 2021 が終わって1ヶ月が経ち、そろそろありあまる気持ちを整理してもいい頃合いかなと思っています。 おことわりAgile Japan 2021 の考察はみなさんにたくさん書いていただいているので(ありがとうございます!!)、この記事では、1人の実行委員の個人的な感情をつらつら書いていきたいと思います。 ウェ

    スキ
    8

    【2022/02/05】Agile Japan 2021鳥取サテライト開催します!

    louis と申します。鳥取市でITエンジニアをしています。また、Agile鳥取というコミュニティのメンバーとして活動をしています。Agile鳥取主宰のちんもさんにたくさん刺激と学びをいただいて、自身の業務でも学んだことを生かしたいと思っています。 初noteとなります。書き慣れていないので、少しずつアップデートすることになるかもしれませんがよろしくお願いします。 Agile Japan 2021 鳥取サテライト開催!2019年、2020年に引き続き、Agile Japan

    スキ
    2

    Agile Japan サテライト

    アジャイルジャパンの特長である「サテライト」。 開催概要や各地の様子はこちらから!

    すべて見る
    • 12本

    【2022/02/05】Agile Japan 2021鳥取サテライト開催します!

    louis と申します。鳥取市でITエンジニアをしています。また、Agile鳥取というコミュニティのメンバーとして活動をしています。Agile鳥取主宰のちんもさんにたくさん刺激と学びをいただいて、自身の業務でも学んだことを生かしたいと思っています。 初noteとなります。書き慣れていないので、少しずつアップデートすることになるかもしれませんがよろしくお願いします。 Agile Japan 2021 鳥取サテライト開催!2019年、2020年に引き続き、Agile Japan

    スキ
    2

    Agile Japan 2021 ひろしまサテライト

    今年もやります、ひろしまサテライト これは「Agile Japan 2021アドカレ! Advent Calendar 2021」「あじゃてくあどかれ2021Advent Calendar 2021」12/3-4の投稿です。 毎年開催しておりました、アジャイルジャパンのサテライトを、今年も広島の地方から開催します。今年の広島は活気付いております。なぜかって?それは久しぶりに広島から総理大臣が出たからです(笑) まあ、その前に「大丈夫か広島?」と言われることが多々あったのです

    スキ
    3

    Agile Japan 2021 サテライトオーナーを募集します

    Agile Japan 2021 サテライト開催についてご案内いたします。 以下をご確認いただき、みなさまの企業・地域・コミュニティ等での開催をぜひご検討ください。 Agile Japan 2021 公式サイト  サテライトについてAgile Japanでの学びや出会い・熱狂を、会場から全国にも届けたい想いから生まれたサテライト制度は、毎年多くの皆様のご協力をいただき、全国の各地域、そして様々な企業で開催いただきました。 昨年からはオンラインでの開催も急増しており、より

    スキ
    11

    Agile Japan 2020 サテライトオーナーを募集します

    Agile Japan 2020 サテライト開催についてご案内いたします。今年の本イベントは、これまでと異なる Online 形式での開催ですが、これまでと変わらずサテライト企画を実施します。以下をご確認いただき、サテライトの実施をご検討ください。 Agile Japan 2020 Online(以下、本イベントと呼びます) 公式サイト  サテライト開催の主旨よりよい社会への変革とビジネスアジリティの実現、関わる人たちの仕事の質、人生の質を高めていきたい、という Agil

    スキ
    5

    Agile Japan コラボイベント

    Agile Japan実行委員が関わるその他のイベントについての記事です。

    すべて見る
    • 4本

    [レポ]6/26-27 #ScrumOsaka x #AgileJapan

    6/27(土)スクラムフェス大阪にて、Agile Japan実行委員で4セッションを行わせていただきました。背景や概要は告知記事をご覧ください。この記事では、当日の内容をお伝え致します。 価値を高めるプロダクトマネジメント午前中は関さんの講義形式のセッションでした。プロダクトマネジメントの歴史や定義と、成功するためのプロダクトをつくる秘訣が、とてもわかりやすくまとめられていました。 「大学の講義みたい」と思いながら聞いていたら、途中で急に「あなたのチームはいい開発チームです

    スキ
    9

    [告知] 6/26-27 #ScrumOsaka x #AgileJapan

    スクラムの初心者からエキスパート、ユーザー企業から開発企業、立場の異なる様々な人々が集まる学びの場、スクラムフェス大阪。 今年はオンラインでの開催となり、なんと全国19コミュニティが同時に並行してセッションを行うという、オンラインだからこそ実現できる構成で開催されることとなりました。 大変嬉しいことにAgileJapanもお声がけいただき、6/27(土)に4セッションを実施させていただくことに。お話をいただいてからAgileJapan実行委員でオンライン会議を繰り返し、スクラ

    スキ
    8

    [告知] Agile Japan EXPO オンライン開催決定!

    2020年4月30日(木)、"オンラインでツナぐ日本のアジャイル"をテーマに、Agile Japan EXPOを開催致します!参加登録はコチラ↓ 開催概要リモートワークが加速する今だからこそ、日本中をアジャイルで繋げたい! みなさんが今まさに試行錯誤している、リモートでのアジャイルについて、悩みやノウハウ、アレコレをみんなで共有し合って、前向きにゴールデンウィークを過ごして頂ければと思っています。 セッション紹介まずはAgile Japanの創始者平鍋師匠が、我こそは!と

    Remo Conferenceの歩き方!

    この記事は、Agile Japan EXPO #1の会場となっているバーチャルカンファレンスツール Remoの使い方などを記載するものです。 接続環境 端末のスペックによっては、ブラウザがダウンするなど、接続が不安定なケースが確認されております。Remo側の仕様上、安定した参加が難しい可能性が懸念されておりますが、ご理解いただけたらと思います。予めご了承ください。 PC Mac: Chrome / Safari Windows: Chrome / Edge スマートフォ

    スキ
    2

    ぼくたちのひみつきち

    日本中の「チーム自慢」を集めましょう。 みなさんの現場のお話をお待ちしております!

    すべて見る
    • 8本

    続けることの大切さ。楽天MIPエンジニアが語るアジリティーの極限

    イントロ こんにちは。楽天株式会社ランキングサービスグループのフロントエンドチームでエンジニアをしているキム・ウヒョクと申します。 弊社にはMIPという賞があります。「Most Impressive Person」の略語なのですが、一ヶ月の間一番目立つ成果を出せたエンジニアに対して授与される賞です。今年の6月に私がその賞を受賞しました。 この度アジャイルジャパンのLTに登壇することになり、私たちがどういう仕組みを持ってアジャイルを実践しているのか、どういうやり方でパフォ

    スキ
    8

    会社の全部門であじゃいる化

    こんにちは、経路探索の「駅すぱあと」を作っている会社で働いている新井と申します。 気がつくと、いつの間にか、全社に見える化とカイゼンマインドが広がっていました。会社のいたるところで見える化が進んでいるのです。いたる壁に、あらゆる壁に付箋紙がペタペタと、ホワイトボードの類がそんじょそこらに。 見える化すると、こんな「場」ができあがるという実例でしょうか。ふりかえると、顔をあげると、まぶたを開くと、ボクたちの秘密基地がいたるところにあるのです。 Who am I ? カイゼ

    スキ
    35

    Agileってエンジニアだけのものじゃないよ?

    こんにちは!株式会社IMAGICA Lab.  でプロダクトオーナーやスクラムマスターをやっている、はちと申します。 今回はこの場をお借りして、エンジニア1割の組織でAgile文化を養生している私たちの場についてご紹介します。 はち is だれ? 株式会社IMAGICA Lab. で働く生え抜きエンジニアです。 主なお仕事はプロダクトマネージャー、プロジェクトマネージャー、インフラエンジニア(AWSソリューションアーキテクト)、セールスエンジニアといったあたりです。

    スキ
    30

    モブって最高の開発方法やん。めっちゃ楽しいやん!

    この記事では現在私が所属するチームで行っているモブでの開発の形をお伝えし、個人開発時代に存在していた課題、そして現在に至るまでのプロセスでどのように課題を解決できたかをお伝えできればと思います。 関西ではスクラムやモブを実施している事例をあまり見ないので、これから取り組もうとしている関西圏の良いベンチマークになればとも思います。 私は RiseUP の モアコンチームでエンジニアをしている上園と申します。 モアコンタクト、通称モアコンは国内最大規模のカラーコンタクト EC

    スキ
    17

    みんなのモブプロ

    恒例となったAgile Japanでのモブプログラミング。 みなさんの「やってみた!」を集めて、さまざまな気付きを共有しましょう! 2018のTogetter: https://togetter.com/li/1248423

    すべて見る
    • 4本

    向き合うことを選択した開発現場づくり

     元々はAgileJapan2019のひみつきち企画でお声がけしていただいたのだった。「あなたの現場の自慢大会をしませんか?」というお誘いに、二つ返事で乗っかったのだが、すぐに、はたと立ち止まってしまった。その後、「みんなのモブプロ」という企画もありますよ?と救いの手を差し伸べていただいたのだけど、やっぱりすぐには形にできなかった。実行委員の皆さん、本当にごめんなさい。  そもそも年季の入ったうちのオフィスは、写真撮っても映えないからこういう企画にはすごく向いてない。昔は卓

    スキ
    13

    Agile Japan2018モブプログラミングワークショップふりかえり

    Agile Japanでは恒例となりつつあるモブプログラミングのワークショップを昨年に引き続きお手伝いさせていただくことになったので、昨年のワークショップがどうだったかをふりかえってみたいと思います。 ざっくり概要- プログラミングを仕事にしている方も、普段はプログラムしていない方も様々な方が参加してくれました。 - みんなノリノリで楽しく体験してもらえました。 - 今年もやりますので未体験の方も玄人の方も是非楽しさを感じてほしい。参加お待ちしています!!! ワークショッ

    スキ
    3

    放浪から定住へ - ぼくらのモブプロを紹介します!

    CyberAgent の LODEO というチームでエンジニアをやっている、陶山と申します。LODEOとは、モブプロとは...については以前にも記事を書いているので、よろしければこちらもご覧いただければ。 昨年のAgileJapan, Woody Zuil氏の基調講演に感銘を受け、また会場でモブプロを実践してから、モブプロが大好きになりました。 ちなみにこれが僕です。写真は みんなのモブプロ よりお借りしました。 Woody 氏のとなりで、平鍋さんと一緒にモブプロしてま

    スキ
    1

    モブって最高の開発方法やん。めっちゃ楽しいやん!

    この記事では現在私が所属するチームで行っているモブでの開発の形をお伝えし、個人開発時代に存在していた課題、そして現在に至るまでのプロセスでどのように課題を解決できたかをお伝えできればと思います。 関西ではスクラムやモブを実施している事例をあまり見ないので、これから取り組もうとしている関西圏の良いベンチマークになればとも思います。 私は RiseUP の モアコンチームでエンジニアをしている上園と申します。 モアコンタクト、通称モアコンは国内最大規模のカラーコンタクト EC

    スキ
    17