Xデザイン学校大阪分校2019

37
記事

X DESIGN 09 Experience Prototyping

講義も残すところ2回となり、1回ずつ学んできたことを包括的にまとめながら、チームとして最終成果物を練っていく。
今回までにチームでは幾度か話し合い、内容について議論してきた。ペルソナの反省から振り返り、シナリオの粒度を意識しながら立ち返ってみる。
常にクライアントのビジョンとアセットを確認しながら、サービスの確度を見極める。
全体が見えてきて、チェックポイントの引き出しが少しずつ増えてきた。
段階

もっとみる

外化は想いを具体的な形にするツール

9回目のXデザイン学校(ベーシック)。今回は最終回プレゼンに向けてスライド作成とアクティングアウトの同時進行を行った。

ここに来て目を見張るのはメンバーの活躍。みな第一線で活躍しているので資料作成がサクサク進む。凄い。シナリオ作成チームになったが資料づくりがどんどん進んでいく中でシナリオのセリフをそのまま使用するつもりで過ごしていた。場面は想像つくし、セリフもちゃんとある。だからできるだろう…。

もっとみる

Xデザイン学校第9回:体験プロトタイピング

最近Xデザインの「効能」って実はセミナールームの外にあるのだな、と感じてきた。
失敗するように仕向けられ、そのレールに乗って毎回無事死亡する経験(精神的に大変つらいw)を何度も経ると、これまで気にしていなかったことが気になる。いや気になるというと常に意識しているみたいだけれど、それよりもっと、何故か目に入る、という感覚。頭では違うことを考えていても、目はその場面を見ているというか。そして後からそれ

もっとみる
うれしい・・・!励みになります・・・!
6

Xデザイン学校第8回:ユーザー評価法

行動の変化メモ

Xデザインに通いはじめて10ヶ月め、講義も大詰めに入っている感がある。通いはじめは、講義についていく余裕がまったくなく、宿泊は毎回ドーミーイン・頭がすでにくたくたの状態からアンカンファレンスa.k.a.懇親会で他の視点を得て・チェックインしたら振り返りを書き・風呂(このためにドーミーイン)・寝る・起きてチェックアウト前に読み直して投稿・ランチだけ大阪でとって(せめてものご褒美)・

もっとみる
うれしい・・・!励みになります・・・!
2

Xデザイン学校第7回:ペーパープロトタイピング

こんなことを言ったらダメっぷりがさらに露呈するけど、台風のおかげで2ヶ月空いたし、その間には台湾での講義もあって、前回の内容を全然覚えていなかった。
そして前日六本木での公開講座で聴いたエスノグラフィーの解説やどこまで介入するべきかみたいなお話がまだぐるぐるまわっていて、頭がいっぱい。
また来た。たまにやって来る、インプット過多。出せる分だけとりあえず書き出して、あとは闇雲に勉強会の類に出かけずた

もっとみる
うれしい・・・!励みになります・・・!
7

雑味の妙とシンプルの力強さ。Xデザイン学校大阪分校第6回:ストーリーテリング

今回のストーリーテリング、浅野先生からは「ここが山場。みなさん、ここで苦しむよ」って何度も念押しされてました(笑)ただ、個人的には(巧いか下手かは、まったくの別問題としてw)ストーリーテリングって嫌いじゃないです。むしろ、どっちかというと好きかも。巧いか下手かは別ですよ(笑)

たぶん、長編小説よりも芥川龍之介とか、あるいは川端康成の『掌の小説』とかが好きだったってことも関係してるのかもしれません

もっとみる

連続講義が繋がる瞬間

成果物の出来

サービス内容をステークホルダーが理解できるようにコンセプトを作る。キャッチフレーズでは伝わらないから文章で伝えるのだが、会社のアセットが把握できているのか、ユーザーの欲求が深められているのか、それらを繋ぐ新たなサービスが考えられているのか、これまでの総合力が問われている。仲間と今までの成果物とフワッとしたイメージを行き来して言葉を繋いでいくがうまくはまらない。今までの取り組みが要件

もっとみる

Xデザイン学校第6回:ストーリーテリング

まだ咀嚼しきれてはいないけれど、少なくとも、これまでなんとなく自分が思っていた「ペルソナ」とか「シナリオ」と呼ばれるものと、「ペルソナ/シナリオ法」は似て非なるものだということと、3つのシナリオのうち、アクティビティシナリオが要なんだと認識した日だった。

いつもはサラダランチを食べてから講義に参加して、夜までもっていたのに、今日はバリューシナリオあたりでなんだか視界が狭くなってきて、あ、むりむり

もっとみる
うれしい・・・!励みになります・・・!
3

Xデザイン学校・ベーシックコース #04ユーザー情報の可視化

7月13日、Xデザイン学校4回目。
冒頭、浅野先生がミルグラム実験(通称アイヒマン実験)[注]の話をされた。私は命令に従う、65%側の人間だ。

利用者の体験をデザインするUXは性質上、利用者の行動を誘導する。報酬や給料をくれる人(クライアントや上司、所属する会社)が道義に反する場合や、(新しいテクノロジーで判例がないため)法律では定まっていないことに向き合う場面はある。何か言える矜持をもつには、

もっとみる
ありがとうございます☆彡
1

Xデザイン学校2019 ベーシックコース #04 ユーザー情報の可視化

今回のワークショップでは主にインタビューの練習をしたが、終始頭がぼんやりしており雲をつかむような感覚であった。
無い頭をフル稼働させ、終わった後は放心状態になった。
連続講義も中間に差し掛かり、もうすぐ山場を迎えるとのことであるが解脱への道のりはなかなか険しそうである…

インタビュー技術と心得

講義では様々なインタビュー手法と、それぞれの目的や特性について学んだ。インタビューも数ある調査手法の

もっとみる