披露宴でお困りなら!



素敵な披露宴をしたい!
そう意気込んではみたはいいものの
実際何から始めたらいいの!?


そんな心配はご無用です!


多くの会場では
披露宴のプログラムの
基本的な流れが用意されています

ゲストが気持ちよく楽しめる時間と
タイミングを配慮して作られたものなので
順序は大きく変えず内容を詰めることに
2人で試行錯誤しましょう!


もし進行まで大きく変えたい
プランナーとよく相談して決めると安心です!



〜一般的な披露宴の流れ〜


1.新郎新婦入場

ゲストが着席した後に
司会者の合図で新郎新婦が入場します!

晴れの姿をお披露目して
そのままメインテーブルへと移動します。


2.ウェルカムスピーチ

司会者が開宴を告げた後
新郎がゲストに出席のお礼とあいさつをします。


3.プロフィール紹介

司会者などから新郎新婦の
簡単なプロフィールを紹介します。

今までの馴れ初めなど
2人のことを招待した方に知ってもらうために
ここは必須のパートです!


4.主賓の祝辞

新郎側、新婦側それぞれの主賓から
お祝いの言葉をいただきます。


5.乾杯

準主賓の短めのスピーチの後
全員でグラスを片手に乾杯をします。


6.食事スタート

料理の1品目が運ばれたら、食事スタート。
ゲストには、歓談と食事を
楽しんでもらいましょう!


7.ウェディングケーキ入刀

乾杯の前か後、どちらでも◎
これはプランナーと相談して決めましょう。

ケーキカットの後に、
お互いに食べさせ合うファーストバイトを
入れると盛り上がります!


8.中座

一般的には新婦が先、その後に新郎と続いて
お色直しのために席を外すのが中座です

中座の時に、ゲストの誰かに
エスコートをしてもらう演出も人気!

エスコートの演出がなければ
2人一緒に中座しても◎


9.テーブルラウンド

お色直しをした新郎新婦が再入場。

各テーブルのろうそくに
火をつけていくキャンドルサービスや

テーブルごとに記念撮影をしていく
フォトラウンドをしたりと
ゲストのテーブルを回っていきます。


10.余興、スピーチ

新郎側、新婦側それぞれの友人らによる
スピーチや余興を行います。

ここは実際にお願いする人たちの
人選によって流れを決めます!

全員参加型のクイズなどもあり
演出はさまざまです。


11.花嫁の手紙

新婦が親に当てた手紙を音読する
披露宴の感動のシーン


12.代表の謝辞

新郎の父親か新郎
またはその両方が1人ずつ
両家を代表して感謝の言葉を述べます。


13.退場、お見送り

新郎新婦と親は先に退場して
お見送りのために準備をします。

ゲスト1人ひとりに
プチギフトを手渡してお礼をしましょう!



披露宴の時間としては
2時間半〜3時間が一般的!

お色直しをしない場合でも
全く退場しないのは

自分たちもゲストも一息つく間がないので
おすすめしません!

ドレスを替えなくても
髪型や小物を少し変えるだけで
印象が変わりゲストも楽しんでくれるでしょう!

プログラムにこり過ぎると
食事を楽しむ時間がなくなり慌ただしくなりがち

逆に、スピーチや余興が何もないと
ゲストが退屈してしまいます。


その辺の加減を知っているのは
プロであるプランナーなので
相談しながら決めていきましょう!

招待した方も身内の方もみんな
楽しめるハッピーな披露宴になると
よいですね!ではでは✩°。⋆⸜(*˙꒳˙* )⸝

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
ドレス大好き🐶とへりくつ🦊で運営してます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。