見出し画像

『パラサイト 半地下の家族』(2019)

全員失業中のキム一家の長男ギウは、超裕福なパク氏の家へ家庭教師の面接を受けに行くこととなる。そして、兄に続き、妹のギジョンも豪邸に足を踏み入れる。相反する二つの家族の出会いは、想像を超える悲喜劇へと加速していく-。

ポン・ジュノ『パラサイト 半地下の家族』は、カンヌ国際映画祭における最高賞であるパルム・ドールを獲得した。とはいえ、無条件に称賛することは当然しない。

冒頭、窓の外を自転車が通過し、その高さからキム一家が住んでいる場所が、 この映画のタイトルの通り、地上と地下の間くらい、つまりは半地下であることがひと目でわかる。Wi-Fiが通じなくなった半地下で父親(ソン・ガンホ)の知恵をして、天井付近の少しでも高いところ、すなわち、地上に近いところならWi-Fiが通じるとわかる。この家族は半地下にいながら地上の方向を目指さざるを得ない。

ギウ(チェ・ウシク)の友人が「象徴的な石」を一家に持って来て、そのついでにギウに家庭教師の引き継ぎを依頼する。そうして、ギウは身分を偽装して家庭教師の面接を受けに行く。家庭教師先はもちろん高台にあり、坂を上り、そして、玄関までの通路にも階段がある。家庭教師の面接に無事合格し帰路に着くところで、その妻から美術の家庭教師を探している話を聞かされる。ギウは妻に、美術の家庭教師として適切な知り合いがいると言い、結果として、妹のギジョンにも身分を偽って家庭教師をさせることとなる。同様にして、運転手をクビにさせ父を運転手に、家政婦をクビにさせ、母を家政婦にした。そうして、半地下の家族は超裕福な家族に「寄生」することに成功する。この家族が「寄生」するまでのテンポ感は評価に値する。例えば、ギウが「美術の家庭教師として適任な人がいるのですが、人気の教師でして、予約がとれるかどうか」と悩ましげに言った次のカットで妹が家庭教師として訪問しているし、メンバーシップ制の家政婦サービスの名刺を渡し、妻がそこに電話をかけた次のカットで母が家政婦としてフルーツを運んでいる。省略が見事だ。

さて、どうしてこうも上手くポンポンと「寄生」することが出来るのだろうか。一つには「象徴的な石」の効用だろう。なにをバカげたことを、と思いたくなるだろうがこれについては後述する。ではもう一つは何か。それは、ギウが妹のギジョンを、妹のギジョンが父をそれとなく提案する場面を思い出せばわかることだ。それらの場面で妻は、見送りのために階段を降りている。そうなのだ。階段を降りて高台という聖域から下に降りるから、つまり、半地下に近付くから、易々と彼らの提案に乗っかってしまうのである。下に降りるという行為は常に危険が付き纏うのだ。

超裕福なパク氏が家族でキャンプに行くこととなり、留守となった家で「半地下」一家は豪遊する。しかし、そのことが仇となって「半地下」一家は「地下」の住人と相対することとなる。さらにそこにキャンプに行ったはずのパク氏一家が大雨の影響で帰って来てしまう。ここでパク氏一家vs「半地下」vs「地下」という構図で一悶着あるのだが、見事「半地下」はその戦いを制する。なぜ彼は戦いを制することが出来たのか。それは人数が多いからと言ってしまえばそれまでだが、ここでも私は「象徴的な石」のおかげであると主張したい。事実、パク氏一家を脱出し、大雨のせいで水没した半地下住宅に駆け戻ったギウはいとも簡単にその「象徴的な石」を発見するし、ギウ自身も「石がへばりついている」と言っている。

翌日、誕生日のサプライズパーティーにお呼ばれし、「半地下」一家はまたそれぞれが身分を偽りパク氏の家にやってくるのだが、ギウは前日の一悶着を完全に終わらせるため「象徴的な石」を持って地下に降りて行く。先に述べた通り下に降りて行くという行為はこの映画において非常に危険な行為である。彼はおそらくその石でもって「地下」住人を殺害するつもりでいたのだろう。しかしながら、地下に降りる途中で彼は石を落としてしまった。石は階段を転げ落ち地下まで落ちていった。終わりだ。この「象徴的な石」は「半地下」一家を守り続けていた。その石を落としてしまったのだから、ギウはそこで諦めるべきだったのだ。それなのに、彼はやめなかった。だからして「地下」の住人に反撃を喰らい、その後の凄惨な事態を招くこととなったのだ。

それにしてもこの映画は脚本が面白い。よく出来ているかどうかは別として面白いのだ。ただ、この面白さは映画的な面白さと同義なのだろうか?この映画の面白さは画面のキテレツさだ。やっていることが面白おかしいから面白いという至極単純な論理なのだ。でも、果たしてこれが映画の面白さと言い切ってしまって良いのかは非常に疑問である。あと、「寄生」するまでのテンポ感と比較するとそれ以降はどこかあらすじをなぞることに精一杯であまり驚きがなかった。褒めるべきところもあるが、貶すべきところもある、そんな映画だった。大雨で水没する家の便座の上でタバコを吸う妹めっちゃ良かった。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
イングリッド・バーグマンもハンバーグも苦手です。アウトプットの練習中。