MBA志望者向け:テスト選択と学習計画 (3) GMAT Verbal編

Affinity英語学院の飯島哲也(学習カウンセラー)です。

MBA(Master of Business Administration:いわゆる「ビジネススクール」)出願を目指している方々を対象に「テストの選択」と「学習計画」について連載させていただいております。3回目の今日は「(3)GMAT Verbal 編」です。 

(3) GMAT編

私はAffinity(アフィニティー)英語学院を設立する際に「クラスを細かく分けること」と「パッケージ商品を作らないこと」を大切な方針としました。

たとえば、「GMAT Verbal戦略クラス」を設置する代わりにGMAT Verbalを「GMAT SC戦略クラス」「GMAT CR戦略クラス」「GMAT Verbal RC戦略クラス」と3つに細分化しました。その主な意図は「GMAT Verbal3種目のどれに、いつ、どれくらい時間を投資すべきかは一人一人の特性や学習計画次第」だからです。

SC戦略クラス

CR戦略クラス

RC戦略クラス

ところが、このようなクラス実施の方針に対して「いつどのクラスを受講してよいのかが分かりにくい」「パッケージ商品が無いのは受講生に不親切だ」という声も耳に届くようになりました。良かれと思って作ったカリキュラムなのですが、学校経営って難しいですね。(苦笑)

きちんとした理念があってのことなので、カリキュラム作りの基本的な方向性を変更するつもりはありません。しかし、「クラス受講ガイド」のようなご案内を作らずに今に至ってしまったことは「不親切だった」と反省をしており、今回の連載実施に致しました。

私はGMAT Verbalの対策方法を以下の4つのタイプに分類しています。トライアスロンにおいて3種目全てが完璧な選手が少ないのと同様に、GMAT Verbalにおいても「優先順位」をつけることが必要なケースが多いのです。

#1: SC&CR重視タイプ

#2: SC&RC重視タイプ

#3: CR&RC重視タイプ

#4: オールラウンダー

「#4: オールラウンダー」は「突き抜けた人」です。陸上のカール・ルイス(少々古いか?苦笑)のような「なんでも出来る人」であり、GMAT 750点前後の凄まじい点数を取得されます。本稿ではあまり語る価値が無い「例外」だとお考えください。

「日本人ならSCを得点源にすべき」という都市伝説がありますが、実際にはSCをダントツの得点源にしている日本人は(私のデータでは)あまり多くありません。いわゆる「純ドメ」の方でも、RCとCRを中心に得点を稼ぐ人がマジョリティーなのです。たとえば、以下の体験談の執筆者には思い切って「SCを軽視する戦略」を提案し、ご本人も気持ちの葛藤を乗り越えてRC&CRを軸とした戦いで好成績を収められました。典型的な「#3: RC&CR重視タイプ」です。 

https://affinity-english.com/testimonial/index.html#039

そして「#2: SC&RC重視タイプ」の典型例は以下の体験談の方です。

https://affinity-english.com/testimonial/index.html#018

この方はSCとRCは「私の代わりに講師として教えてほしい」と思わせるほどの実力者でしたが、CRに課題を抱えたままだったので、思い切って「CRは前半の4問程度を解くだけにして、残りは全て捨てる」という戦略を提案し、結果的にVerba 40点を取得されました。


「#1: SC&CR重視タイプ」

これは「英語力不足や英文読解スピードの遅さを、学力&頭の良さで埋め合わせるタイプ」であり、どちらかと言うと少数派です。たとえば、RCを4パッセージ中3パッセージ完全に捨てる(=RC◯×××戦略)ことで最大690点を取得した方がいらしゃいますし、RC◯×◯×戦略(RCの2パッセージ目と4パッセージ目を完全に捨てて、浮いた時間をSCとCRに使う作戦)で700点の壁を突破した方は多数存在します。

最後に、これらのタイプ論を前提として、以下に「お勧めのクラス受講計画」について書かせていただきます。

まずは、私は全員に「SCとCRの修行から開始すること」を「安全策」としてお勧めしています。SC戦略クラスCR戦略クラスから受講し、同時並行であるいは時をずらしてSCとCRの問題演習も実施し、もしSCとCRが得点源になりそうであればそのまま「#1: SC&CR重視タイプ」として突き進めばよいですし、仮にその後別のタイプへ移行することになっても、SCとCRの学びはRCに活きると考えてください。SC学習を通して身に着ける文法力とCR学習によって獲得する論理力は、後に「RCに必要な高度な英文読解力」へと「昇華」する可能性が高いのです。

SCとCRの修行から開始し、仮にSCが得点源になりそうな種目だと判断された場合は「#2: SC&RC重視タイプ」を想定してSCとRCを中心にクラス受講や独学を進めればよいですし、逆にCRの方にポテンシャルを感じる方は「#3:RC&CR重視タイプ」を想定してCRとRCのクラス受講と問題演習を進めてください。

尚、この「#3: RC&CR重視タイプ」であっても、理想論としてはいったんSCの修行を経たほうが「安全」なのですが、思い切った戦略としてSCの修行を一切せずに(クラスも受講せずに問題も解かずに)Verbal対策にかける時間を全てRCとCRへ投入し、Verbal 40点を取得した方がいらっしゃいます。この方は本試験においてRCとCRの両種目で全問正解を達成されました。(以下のESRデータを参照)

画像1

この方は、日本語と英語共に読書歴が豊富な方だったので、SC学習を経なくてもRCとCRが順調に得点源になったのだと私は理解しています。

さらに、タイプに如何にかかわらず「他の予備校でSCの修行は済んでいるからCRとRCのみクラスを受講したい」や「既にSCとCRは得点源になっているからRCのみクラス受講をしたい」という方ももちろん大歓迎です。そもそも、そのような方を想定してVerbal 3種目をそれぞれ別々に設定しているのですから。

最後に、最初からGREを選択して学習を進めて成功する方も存在することを強調させてください。ただし、このタイプの方はGRE学習開始以前に「人生における読書量(日本語&英語)が豊富な方」や「受験勉強を全般的にきちんとこなしてきた方」に多いです。今年HBSへ進学される方が典型例なので、以下に体験談のリンクを貼っておきます。

 本稿は以上です。



2
Affinity英語学院を主宰しています。「テスト対策講師(主にGMATとGRE)」「学習カウンセラー(主に英語と数学)」「メンタルトレーナー(呼吸法、瞑想、等)」として大学院留学(MBA, LL.M, Public Policy, etc)のお手伝いをしています。