MBA志望者向け:テスト選択と学習計画 (2) 学力テスト編

MBA志望者向け:テスト選択と学習計画 (2) 学力テスト編

飯島哲也

Affinity英語学院の飯島哲也(学習カウンセラー)です。

MBA(Master of Business Administration:いわゆる「ビジネススクール」)出願を目指している方々を対象に「テストの選択」と「学習計画」について連載させていただいております。2回目の今日は「(2)学力テスト編」です。(1回目の「(1)英語テスト編」はこちらをクリック。) 

(2)学力テスト編

a) 歴史的な経緯
MBA受験生の審査においては長年にわたってGMAT(ジーマット)という学力テストのスコアが使用されてきました。GMATは1953年に9つのビジネススクールとETS(Educational Testing Service)が話し合って作成を決めたMBA出願用のテストであり、翌1954年に実施が始りました。当初は紙ベースとのテスト(PBT)でしたが、1997年にコンピューター上で実施されるテスト(CBT)へと進化しました。また、2006年に試験作成団体がETSからACTへと変更になっています。私がGMATを教えだしたのは1998年だったので、振り返ってみればCBTの実施開始の翌年だったようです。そして、余談になりますが、私は2006年の1月に(=試験作成業者が変更になった直後に)GMATを受験して、数学がぐっと難しくなったことに驚きました。(本稿の準備を通して私自身がGMAT講師としての「キャリアの棚卸し」をすることが出来ました。)

参考:GMATの歴史(公式情報)

閑話休題。GMATはMBA出願用に作られたテストであり、MBA出願の際に受験できる学力テストは長らくGMATのみでした。ところが、ここ数年GMAT一択で受験生を評価することに対する不安が広がり、本来は公衆衛生や公共政策などの「一般大学院」入試のために使用されていたGRE(Graduate Record Examination)をビジネススクールが徐々に併用するようになっていったのです。現時点では主要なビジネススクールは私の知る限り全てGMATとGREのどちらのスコアでも出願ができるようになっています。

さらにここ1~2年の動きとして、本来はEMBA(エグゼクティブ向けのMBA)入試として作られたEA(イーエー:正式名称はGMAT EA)を一部のMBAが採用するようになっています。具体的にはMIT(Sloan), Columbia, New York University (Stern), Duke (Fuqua), Carnegie Mellon (Tepper), Vanderbilt (Owen) 等がEAのスコアを受け付けるようになっています。中でもMIT, Columbia, Dukeは英語のテストスコア提出が不要ですので、EAのスコアだけで出願をすることが可能になっているのです。(実際にEAのスコアだけでColumbiaへ合格した受講生の方がいらっしゃいます。)

ということで、現在はMBA出願のために受験する学力テストは通常はGMATとGREのどちらかを、そして一部の学校(MIT, Columbia, NYU, 等)においてはGMAT, GRE, EAのどれかを選ぶことができるようになっているのです。

b) まずはGMATから学ぼう
私は前回の「(1)英語のテスト編」で書かせていただいた通り、「英語のテストは基本的にはIELTSをお勧めしたい」という結論に達しています。そして、学力テストの選択についても色々な視点から検討を重ねてきたのですが、現時点では「まずはGMAT対策から開始すべき」という戦略をお勧めしています。ご存知の方も多いと思いますが私は「とがった」性格なので(笑)「MBA出願はGREで!」という極端な戦略を採用することもかなり検討しました。ですが、研究を重ねる中でGREにもそれなりのリスクがあることが分かってきたので、比較的無難な「まずはGMATで頑張ってみましょう」という考え方に現時点では落ち着いています。以下、掘り下げていきます。

GMATから学習を開始すべき最も大きなの理由は「得られる学びが多い」ということです。たとえば、SC(Sentence Correction)の学びを通して英文ライティングの実力を上げることができます。SCは1982年まではWriting Abilityという名称だったことからも分かる通り、英文ライティング能力を上げるために文法や語法を学ぶ場なのです。特に「曖昧さの少ない英語、分かりやすく簡潔なビジネス英語」を書くためのトレーニングとしてSCの修行を経ることを私は強くお勧めしています。また、SCのトレーニングの副産物として、分析的かつ正確な英文読解力が身に付く場合が多いのです。たとえば、修飾語の理解が曖昧だった方が、SCの学びによって「分詞構文は副詞、関係代名詞節は形容詞」という理解に到達して、修飾語が何にかかっているのかを論理的に判断しながら英文を読むことが出来るようになります。今までの「感覚的読解」や「ギャンブル的読解」が「分析的読解」や「論理的読解」へと進化するチャンスなのです。

さらに、CR(Critical Reasoning)の修行を通してロジカルシンキングを学ぶことが出来ます。私は自分自身のCRクラスのことを「ロジカルシンキングの講座がたまたまGMAT CRのテスト指導をいう枠組みで実施されているだけ」というとらえ方をしています。もちろん、テスト対策講座なので結果(高い正答率)の達成を第一義としていはいますが、内容的には(当然のことながら)ロジカルシンキングの講座なのです。

よって、結果的にMBAへ出願しなかった方でも、SCとCRを学んだことが「ビジネスにおいて非常に役に立った」と感じられているケースが多いのです。私はMBA出願の是非に関係なく、日本のビジネスエリート(及びその候補の皆様)に私のSCクラスとCRクラスを受講していただきたいと念願しています。

さらに、GMATから修行を開始した方が、仮にその後GREやEAへ転向することになっても「GMATの学びが役に立つ」のです。近年「数学が苦手ならば最初からGREを選ぶべき」あるいは「GRE Verbalの方が努力と根性でどうにかなるから最初からGREを選ぶべき」等の、一理あるものの偏った考え方を耳にすることが多く困っています。確かに数学はGMATよりもGREの方が「問題が易しい(問題のレベルが低い)」のは事実なのですが、GRE数学は「問題が易しいかわりに高い正答率が要求される」ため、GMATとGREの両方を受験した方々のデータを見ると数学セクションは「GMATの方が点数が高い人」の方が多いのです。また、GRE Verbalは読解と単語のみなので「根性でどうにかなる」という考え方には一理あるのですが、今までの人生で受験勉強や英語学習をきちんと経てこなかった方の場合はGRE Verbalはレベルが高すぎて、GRE Verbalの問題を数多く解いても「空回り」するだけで実りが無いまま時間だけが過ぎていくケースが多いのです。この「今までの人生で受験勉強や英語学習をきちんと経てこなかった」というタイプに該当すると自覚されている方は、まずはGMATのSCとCRの修行から実践した方がよいのです。そうすると、仮に後にGRE へ転向することになっても「文法とロジックという武器を携えてReadingや単語問題と格闘することができる」という意味において効率的な学習法だと言えるのです。実際に、最初からGRE一本で対策を進めてきた方が点数の伸び悩みから(GMAT受験の予定がないのに)私のSCクラスを受講されるケースもあるのです。(もちろん、裏っ返して考えれば、受験勉強(中学受験、高校受験、大学受験)において英語、国語、数学(算数)の3種目を徹底的に学習していた方&得点源だった方であれば、最初からGREを選択しても順調にスコアアップできる可能性が高いのです。)

ご注意いただきたいのは、私はここで「GMATから学習を開始すべき」と申し上げているのであって、「GMAT選択すべき」だとはお伝えしていない点です。まずはGMAT Math, SC, CRの学習から開始し、目安として2~4か月間の学習期間を経た後に「GMAT公式問題の正答率と模試の点数」「本人の感じる<相性>と<のびしろ>」「指導者(講師、カウンセラー、等)が感じる<相性>と<のびしろ>」等の諸要素を総合的に分析した上でGMAT or GRE or EAの結論を出せばよいのです。私の学習カウンセリングにおいては、この「試験選択」の議論に時間を使うケースが多いのです。私自身の理論や経験を基にして、お一人お一人に向いていると思われるテストをご提案させていただいております。そして、そのためには少しでも多くの情報を提供していただくことが有益であり、理想的には3つのテスト(GMAT, GRE, EA)全ての模試を最低でも1回ずつは受験して点数と感想を事前に教えていただきたいのです。

また、GMAT, GRE, EAの3つを「either X, Y, or Z」という図式でとらえないように注意してください。GMATを長らく対策&受験してきた方にGRE転向を勧めると「ここまでGMATを対策してきたので今更変更は出来ない」「サンクコストを発生させたくない」「ゼロから他の試験をやり直すのが怖い」等の反応をいただいてしまうことがあるのですが、このような反応の前提には「GMAT, GRE, EAはそれぞれ全く異なるテストだ」という思い込みがあるのです。GMAT, GRE, EA全てにおいて数学(Quantitative)と読解(Reading)が存在するのであり、GMATからGREへ転向するからと言って「ゼロからの再スタート」にはならないのです。

MBA出願のためにAffinity英語学院にてクラスを受講されたい方には、原則としてSC戦略クラスCR戦略クラス(共に私が担当講師です)から受講することをお勧めしています。そして、SCとCRの学びを深めつつ、3つのテスト(GMAT, GRE, EA)との相性を模擬試験の受験等を通して少しずつ見定めていけばよいのです。仮にその後GMATからGREかEAへ転向することになっても、SCとCRで得た学びは(上記の通り)活きるはずなのです。ちなみに、GRE Verbalには出題の割合は少ないもののCRも含まれています。GREにはSCは存在しませんが、SC学習はGRE Verbalリーディング力向上に間接的に役に立ちます。さらに、EAは実質的に「GMATの圧縮版」であり、SCとCRは共にEAにおいても出題されるのです。

c) 3つのテスト(GMAT, GRE, EA)の特徴

私見では最も分析力が必要とされるのがGMATです。CRにおいてロジック力が問われるのは当然として、SCも意外と分析力が必要なのです。いくら文法や単語のルールをたくさん暗記しても、それらを総合的に分析する力がないとなかなか好結果にはつながりません。SCを「暗記科目」ととらえて「純ドメの方にとっての得点源」だと認識する方が多い印象なのですが、実際にはGMAT Verbalの中で最も「努力と結果が相関しにくい」のがデータ上ではSCなのです。SC学習においては「文法、語法、意味、文のスタイル」等の複数の視点を総合的に「分析」してベストな選択肢を選ぶスキル、つまり「分析力」が必須なのです。

GMATに比べると、GREの方が「根性論」が成立する傾向が見られます。つまり、GMATよりもGREの方が「努力が好結果につながりやすい」というおおまかな傾向が見られます。ただし、前述の通り、ベースとなる英語力や学力に欠ける人が最初からGRE一本で学習を進めるのは危険なので注意してください。また、「単なる暗記問題」だと思われがちな単語問題ですが、今のGRE単語問題の形式は「文の中で文脈に合う単語を選ばせる」ものなので、いくら単語を機械的暗記しても、文の正確な理解を伴っていないと正解にたどり着けないケースも見られます。ということで、確かにGREは「暗記」や「根性論」が重要なテストではあるのですが、「分析力」というファクターを軽視するとスコアが伸び悩むリスクがあることを忘れないでください。

尚、上述の通り「数学が苦手だからGREを選択する」という考え方は基本的に間違っていますので注意してください。Verbal同様に数学も「まずはGMAT数学の修行をしてみる」「GMATとGREの両方の模試を実際に受験してみて、どちらの数学セクションの方が攻略しやすそうかを「結果(点数)」と「手応え(ポテンシャル)」という「定量(=結果、点数)」の「定性(=手応え、ポテンシャル)」の両方の要素から判断していただきたいです。

EAは「英語力不足」や「Verbalの力不足」を数学力にて挽回する余地があるテストです。EAは採点方法や出題パターンが独特なのですが、大雑把なことを申し上げると最終スコアの1/3強がIR (Integrated Reasoning), 1/3弱がVerbal、1/3弱がQuantitative(数学)によって占められています。つまり、最終スコアの中におけるVerbalの位置づけが低いのがEAの最も大きな特徴なのです。(GMATとGREはVerbalが最終スコアの半分を占める。)また、IRも数学的要素を多く含むので、EAはGMAT/GREと比べると「数学重視、Verbal軽視」のテストだと言えるでしょう。実際に、昨年度の受講生2名がEAにおいて「IRと数学で満点(18点)」を達成しています。

GMATの細かい戦略論(タイムマネジメント、問題の捨て方、メモの取り方、等)はGMAT Math 3時間セミナーGMAT Verbal 3時間セミナーにおいて、GREの戦略論はGRE攻略法 3時間セミナー、EAの戦略論はEA攻略法3時間セミナーにおいて詳しくお伝えしています。(これらのセミナーは全て私が担当です。)


d) 出願の際に有利なのは?
「GMATとGREのどちらの方が出願に有利なのか?」というご質問をいただくケースが多いのですが、簡単に申し上げると「ほとんどのケースにおいてはどちらでも同じ扱いを受ける」のです。ただし、一部のビジネススクールではGMATとGREの扱いに若干の差がありますので注意してください。具体的な学校名は申し上げられないのですが、例えば某MBAのアドミッションディレクターが「もしGMAT 700点の人とGRE 700点(GMAT換算)の人がいたとして、二人のスコア以外の要素が全て同じだと仮定したら、当然ながらGMAT 700点の人を選びます。」と私に発言されています。上記の通りGMATはMBA出願のために作られたテストであり、GMATの方がビジネスを学ぶ上での能力を図る試験としてはGREよりも優秀なテストだと考えるのは自然なことだと私は考えます。また、別のビジネススクールにおいては「GMATとGREは平等に扱います」と明言されているものの、望ましい点数(competitive scores)としてはGMAT VerbalよりもGRE Verbalの方により高いpercentile(パーセンタイル)を提示しています。そして、実はその示されているGRE Verbalの望ましいスコア(competitive score)が通常の日本人には達成が極めて難しい点数なのです。(英語のネイティブスピーカーを想定したデータなのでこのようなことが起きます。)つまり、この学校へ出願する際には、示されている基準点を持っていればGMATとGREのどちらでも確かに「平等に扱われる」のですが、GREの基準点の方が取得が遥に困難だという事実を考慮すると、実質的には「GMAT有利」な可能性が生じるのです。(このあたりは”information”ではなく”intelligence”の世界であり、私自身の分析結果に過ぎないことをご理解いただきたく存じます。)ただし、このような「GMAT優先」のスタンスをとっている大学は少数派のようですので、あまり大きな論点ではないと私は考えています。

逆に、GREやEAの方が出願上有利なケースもあります。MBAの世界ではランキングが重要であり、合格者のGMATの点数のみをランキング算出において使用しているもの(=GREとEAによる合格者はランキング算出において除外されるランキング)もあるのです。(例:エコノミストのランキング算出方式

よって、ランキングを少しでも上げたいと考えるアドミッションオフィスが、GMATの点数は低いが魅力的な出願者を合格させる際にGREかEAのスコアで出願させるという裏技を使うケースがあるのです。(この発言には色々なエビデンスがありますが、本稿では公開を自粛します。)

e) 英語のテストとの兼ね合い
英語のテストのスコアメイクを完全に終えてから学力テスト(GMAT, GRE, EA)の対策へ移行するのが理想的なのですが、状況によっては英語のテスト対策と並行してGMAT対策を始める、あるいは英語のテスト対策を中断していったんGMAT対策に注力することも有力です。この論点にはあまりの多くの変数(出願校、出願の時期、年齢、大学の成績、英語力のタイプ、学力タイプ、等)が関わってくるので一般論を語ることは極めて困難のなのですが、本稿では参考になる考え方をいくつか示しておきます。

まず、前回の「(1)英語のテスト編」でも書かせていただいた通り、「英語のテストには代わりがある(=テストの点数が低くても面接等で英語力をアピールできる)」が「学力テストには代わりがない」のです。そもそも英語のテストスコアが不要な学校も存在しますし、仮に英語のテストスコアを要求してくる学校でも、面接等の場で高い英語力をアピールできればスコアが基準を満たしていなくても合格させることがあります。ですが、学力テストについては、少なくともある程度のランキング以上の学校であれば、GMAT, GRE, EAのどれかのスコア提出が必須です。いつまでもずるずると英語のテスト対策に時間とエネルギーを使っていると、学力テストのスコアメイクが間に合わなくなってしまうリスクがあります。目安として「5月になったらどのような状況であってもGMAT対策を実施したほうが良い」とここではお伝えしておくことにします。

ここでは一つのモデルとして「純ドメでIETLSのReadingとWritingの点数は安定的に高いが、音声系(ListeningとSpeaking)の点数が低い人」が「5月になったのにまだIELTSの点数が7.0点に(または7.5点に)達していない(注:IELTSにおいて必要な点数は志望校によります)」ケースを考えてみましょう。音声系(ListeningとSpeaking)の修行の成果が出るまでにはある程度の期間が必要になるのが通例なので、音声系の学習は「長期戦モード」「本質重視モード」へ切り替えることをお勧めします。つまり、「テンプレートの暗記」や「サンプルアンサーの作成」等の付け焼刃の学習を止めて、発音練習、音読、多聴、等の「本質重視」の学習メニューへ切り替えるのです。そして、IELTSの受験はいったん中断してGMAT対策と受験に注力する。そして、たとえば秋にGMATを卒業できた際にIELTSへ戻れば、GMAT Verbal対策によって英語の読解力や分析力が向上しているはずなのでIELTS ReadingとWritingがより楽に戦える状態になっているはずですし、音声系(ListeningとSpeaking)も「長期的&本質的なトレーニング」の成果がある程度出ているはずなので、比較的短期間でスコアメイクが出来るはずなのです。

本稿は以上です。次回からはGMAT, GRE, EAそれぞれの特徴についてもう少し詳しく解説します。


飯島哲也
Affinity英語学院を主宰しています。「テスト対策講師(主にGMATとGRE)」「学習カウンセラー(主に英語と数学)」「メンタルトレーナー(呼吸法、瞑想、等)」として大学院留学(MBA, LL.M, Public Policy, etc)のお手伝いをしています。