見出し画像

MBA志望者向け:テスト選択と学習計画 (4) GRE 編

飯島哲也

MBA(Master of Business Administration:いわゆる「ビジネススクール」)出願を目指している方々を対象に「テスト選択」と「学習計画」についてまとめました。4回目の今回は「(4) GRE 編」です。

(4) GRE編

a) Verbalについて

私は10年くらい前までは「GRE Verbalは単語の試験だ」というイメージを持っていました。ですが、その後Affinity英語学院においてGMAT&GREを私と手分けして教えてくださっている内宮慶一先生と共同研究を重ねるなかで、そのイメージは少しずつ崩れていきました。

GRE VerbalにもGMAT Verbal同様に異なる「タイプ」が存在するのです。

具体的には

#1: Reading重視タイプ

#2: Vocabulary重視タイプ

の2つであり、Affinity英語学院の受講生データを分析すると「#1:Reading重視タイプ」の方が圧倒的に多いことが分かってきました。

Aさんの事例で考えてみましょう。Aさんは私の「GRE 攻略法セミナー」を受講されて、本人からの「セミナーで習った方法(=単語問題は一旦全てランダムクリックする方法)通りに受験しました」というコメントからも分かる通り単語問題をほぼ無視することで、Q:170 Q:154 GMAT換算710点を取得されたのです。

GRE Verbalは1セクション20問から成り立っており、半分の10問がReading(うち1問はGMAT CRと同じ形式)であり、残り10問が単語問題です。Aさんは「いったん単語問題は全てランダムクリック」し、残った時間でReadingに全力投球したのです。

Aさんの"diagnostic report"によると、Verbal 1st Sectionの単語問題10問にかけた時間は以下です。

3秒 ←不正解

2秒 ←正解

6秒 ←不正解

3秒 ←不正解

3秒 ←不正解

2秒 ←正解

18秒 ←不正解

16秒 ←不正解

20秒 ←不正解

31秒 ←不正解

10問の単語問題のうち、正解したのは2問だけで、しかもこれら2問は共に2秒でランダムクリックした結果です。ちなみに、後半(Verbal 2nd Section)でも単語問題を2問ランダムクリックで正解されたので、試験全体を通して単語問題をランダムクリックで4問「拾った」のです。そんな幸運にも恵まれたものの、Aさんは「単語問題はほぼ全てランダムクリック状態」ながらにGMAT換算で710点という素晴らしい成果を出されたのです。

このAさんのケースは極端な事例です。そもそもGMAT受験時代にRCが絶対的な得点源だった方ですし、ランダムクリックした単語問題が4問も正解した幸運にも恵まれました。ただし、私はランダムクリックした問題の正答率も計算に入れる「確率論」にてテスト攻略法を組み立てており、極端な事例とは言え「GRE VerbalはRCを絶対的な得点源にすること」を目指すこと、つまり「#1: Reading重視タイプ」を目指すことがAffinity流では「王道」であることを如実に示してくれる事例なのです。

ちなみに、「#2: Vocabulary重視タイプ」は少数派です。前提としてGREの単語は教養があるネイティブでも怖がるくらいレベルが高く、覚えるべき単語数も多いので、単語問題を中心にスコアメイクすることは非現実的なのです。また、いくら単語を詰め込んでも、今のGRE単語問題には文脈があるので、ある程度の精読力が伴わないと高得点にはつながりにくいのです。実はGMATのSCとCRのトレーニングを通して身に付く「精読力」がGREの単語問題を解く際に非常に役立ちます。そういう意味でも、MBA出願へ向けては「初期はSCとCRのトレーニングから開始すること」と「初期からGRE転向を視野に入れて単語学習を充実させること」が大切なのです。

ですが、なんらかの事情で最初からGRE一本で対策を進める方も存在します。そこで、Affinity英語学院では「GRE Verbal Basic」というクラスをご用意しています。このクラスでは「英単語の覚え方」や「英文読解法」等の基礎的なトレーニングを実施します。つまり、既にネイティブ並みの英語力をお持ちの方は受講する必要がありません。

英語力(特に読解力と単語力)自体には不安がない方は「RC戦略クラス(for GMAT/GRE/EA)」の受講をご検討ください。GMATとGREのRCの攻略法は90%程度同じであり、このクラスを受講することでGMATとGREの両方のRC対策を兼ねることができます。別途GRE Verbal演習クラスも存在しますが、先にRC戦略クラスの受講を完了していることがクラス履修の条件ですので了承ください。先にRC戦略クラスを受講し、そしてこのクラスで学んだ攻略法とテクニックを前提としてGRE Verbal演習クラスを活用しつつ、併せて独学で問題演習を進めていただきたいのです。

そして、GRE全体の攻略法(全体的な受験計画&勉強計画、テストの攻略法、タイムマネジメント、問題の捨て方、等)についてはGRE攻略法3時間セミナーにて学んでください。このセミナーは上記のAさんが受講されたものであり、GREについて何も知らない状態での受講も歓迎です。実際には、GMATからGREへの転向を決断されたタイミングで受講される方が多いです。

b) Quantitative(Math)について

最近「数学が苦手だからGREを選択しました」や「数学が苦手な人はGREを選択するようにと予備校で言われました」等と言う声を頻繁に耳にするのですが、私はこの考え方には懐疑的です。

GRE数学はGMAT数学に比べて問題が易しめなのは事実です。また、GRE数学はGMAT数学とは異なり計算機の使用が認められており、さらにGREにおいては問題を飛ばしたり前の問題へ戻ったりもできるので、試験の形式が「取り組みやすい」と言えます。ただし、ここにはトリックがあるのです!GMAT数学の方が問題のレベルは高めなのですが、GMATの方が正答率が低くても高得点が取れる仕組みになっているのです。逆に、GRE数学は問題が易しめなかわりに高い正答率を達成しないと高得点は取れません。具体的には、GMAT数学で49点を取得するためには71%から86%の間の正答率が必要になるのですが、GRE数学で167点(GMAT換算で49点)を取得するためには90%以上の正答率が必要となるのです。そして、データを見る限り、GMATとGREを両方受験した方の中ではGRE数学よりもGMAT数学の方が点数が高い方がむしろ多いのです。

そこでお勧めしたいのが、「まずはGMAT数学対策から始めてみる」ことです。GMAT数学を網羅的に対策しておけば、いつでもGREへ転向することは可能です。

ただし、もちろん、最初からGREを選択してGRE数学対策を実施することも可能です。その際には、GMAT同様にジェイマスの「GRE数学完全攻略」をメインのテキストとして修業を開始することをお勧めします。そして、数学に自信がない方や変化球的な解法(プラグインメソッド及び中学受験流の解法)の習得を目指したい方は「Math Basic」and/or「Math戦略クラス」の受講をご検討ください。

本稿は以上です。