見出し画像

綿矢りさの小説から辿るオーラリー論

*このテキストはサービス「AFFECTUS subscription」加入メンバー限定サービス、ニュースレター「LOGICAZINE(ロジカジン)」で2019年5月7日に配信されたタイトルです。

本文は以下から始まります。

***************


2015AWデビューから最速で人気ブランドの座に駆け上がっていった「オーラリー(AURALEE)」。デビューから2年後の2017年には、南青山に直営店をオープンさせるほどの短期間での急速成長であった。

デザイナーの岩井良太は「ノリコイケ(NORIKOIKE)」や「フィルメランジェ(FilMelange)」などのカットソーに定評あるブランドでパタンナーやデザイナーとしてキャリアを積み、テキスタイルコンバーターのクリップクロップからオーラリーをスタートさせた。

完全に個人で独立したブランドではなく、クリップクロップという会社のサポートがあったにせよ、大手企業の資本と比較すれば予算は小規模であったと思われる状況で、この短期間で大人気ブランドに成長させた手腕は見事としか言いようがない(*現在はクリップクロップ社の事業から独立し、株式会社オーラリーを設立)。

オーラリーは公式スケジュールの参加ではないが、2019AWシーズンで初めてパリコレクション期間中に現地でプレゼンテーションを行い、本格的なパリ進出への第一歩を記した。このプレゼンテーションは、東京都と繊維ファッション産学協議会が主催する「ファッション プライズ オブ トウキョウ(FASHION PRIZE OF TOKYO)」の第2回受賞者の特典として、アワードの支援を得ての発表になる。第1回の受賞者には「マメ(MAME KUROGOUCHI)」の黒河内真衣子が選出され、同様にアワードの支援を得てパリでの発表をスタートさせている。

日本で圧倒的な支持を得てきたオーラリー。そのデザインといえば、最高にこだわり抜いて開発した最高級のオリジナル素材をシンプルなシルエットに乗せていくという、装飾性が皆無に近い服である。

素材へのこだわりの深さは、デザイナー自らが原料を探すためにオーストラリアやニュージーランド、モンゴルへ毎シーズン出張するほどである。ここまでの素材へのこだわりは、コレクションブランドでもそうそうないだろう。チェックなどの柄を用いた素材はあるが、現在のトレンドであるデコラティブでアグリーな装飾性とは無縁なデザインがオーラリーの特徴だ。

ただし、私が思うにオーラリー最大の武器は素材ではなく、そのスタイルにある。

ナチュラル&リラックスなカラーパレットに、ほんのりと混ぜられた色気。セクシーと言うほどの色っぽさではなく、ほんのり微かに匂う類の色気だ。そのスタイルは少年っぽく、ストリートに通じる空気もどことなく流れている。

オーラリーの服は複雑なディテールがあるわけでない。そのシンプルさはパリコレクションで発表し、評価を得ている「サカイ(sacai)」「カラー(kolor)」「ファセッタズム(FACETASM)」といったブランドのデザインと対比すれば顕著になる。

パリで評価される日本ブランドの特徴は、複雑性と重層性にある。素材・パターン・ディテールといったあらゆる要素が緻密で複雑に作られており、その要素を幾重にも重ねていくという重層性が表現されている。

「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)」や(現在の)「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」のデザインは、まさにその象徴と言えよう。

先駆者たちのデザインを見ていると、パリが日本に求めているのは自分たちの王道エレガンスとは異なるエレガンスの提示に思えてくる。パリのニーズを満たしているのが複雑性と重層性であり、そのニーズを最も満たしているのが日本のブランドだと私には感じられている。

パリのコンテクストからいうと、オーラリーのデザインは異質である。素材とシルエットの美しい関係性を探求するデザインは、現在パリで活躍する日本ブランドたちが備える複雑性と重層性とは異なる、「侘び寂び」に通じる日本の美意識が垣間見えてくる。

特に現在のファッションデザインは、デコラティブ(装飾的)が鍵になっている。オーラリーのデザインは、パリのコンテクストから見ると外れている。しかし、逆に言えば、現在のコンテクストに対するカウンターとなり、別軸の解釈を示すデザインとも言えよう。

パリでオーラリーが発表した2019AWコレクションは、パリだからと気負うことなく、日本で見せていたスタイルをそのまま見せた。

キャメル・オフホワイト・グレーといったオーラリーお馴染みの優しく柔らかいカラーコンビネーション、見るからにして滑らかで肌触りの気持ち良さそうな綺麗な質感の素材を、ステンカラーコートやテーラードジャケットといったベーシックアイテムに乗せてシンプルなシルエットで見せていく。スタイリングも奇を衒うわけではない。いつもと変わらないAURALEE STYLEがそこにはあった。

オーラリーは、ファッションの醍醐味であるファンタジーを見せるわけではない。ありふれた日常を上質に快適にする。私たちが過ごす特別さも驚きもない毎日、けれど欠かすことのできない大切な毎日を気持ち良く過ごすための服だ。

ただ、以前と比べて少し変化を私は感じた。パリで発表されたコレクションを見ると、以前よりもブランドのイメージする人間像が大人になったようにに見える。デビュー当初からの印象は、先述したようにもう少し少年っぽくカジュアルで、どことなくストリートに通じる気配もあった。デビューから年数を重ね、その分ブランドも大人になったようだ。

オーラリーのデザインはデコラティブ&アグリーに対するカウンターとなり、そのデザインをパリという場で発表した意味は大きい。一方で、デザインそのものは、創造性を世界で最も激しく争うパリコレクションのコンテクストから見ると、おとなしく見える。

例えば、パリコレクションに参加するブランドでオーラリーと同系統と言えるブランドとして「AMI(アミ)」と「ルメール(LEMAIRE)」があげられる。両ブランドとも、プリントやロゴ、緻密なディテールといった装飾性は皆無に近く、ベーシックアイテムをベースに素材とシルエットの美しいバランスをデザインしている。パリコレクションの中でもかなりのシンプル派に属するデザインであるが、両ブランドと比べてもオーラリーの簡潔さは抜けている。

この続きをみるには

この続き:3,720文字/画像1枚

綿矢りさの小説から辿るオーラリー論

AFFECTUS

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは新作のAFFECTUSの出版費用、執筆の活動費に使い、言葉がファッションを面白くする体験をもっと届けたいです。よろしくお願いします。

ありがとうございます。
3
原稿の執筆依頼はcontact@affectusdesign.comにいただけましたら、確認次第すぐにご連絡いたします。 ONLINE SHOP https://affectus.stores.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。