君のあしたは、どっちだ 〜 FOOTBALLERS はじまります
見出し画像

君のあしたは、どっちだ 〜 FOOTBALLERS はじまります

君のあしたは、どっちだ 〜 サッカースクールの新たなカタチ

2021年11月1日(月)より、新たなサッカースクール・FOOTBALLERS が横浜にてはじまります。

この FOOTBALLERS では、ドリブル・ミニゲーム・オンラインの3つの軸をベースに、表面的な技術ではなく、ゲームで輝く本物のフットボーラーになるための手助けをしていきます。

概要

FOOTBALLERS の概要は、下記のリンクからご確認ください。

以下、FOOTBALLERS の理念です。

なぜ、FOOTBALLERS なのか

FOOTBALLERS では
【 ゲームで輝くために 】【 知る 】【 磨く 】
この3つを基本テーマとして、トレーニングしていきます。

ドリブルを通じて「自分とボールの関係性・自分の動きづくり」を知る
ミニゲームを通じて「人(味方・相手)との関係性」を知る
オンラインを通じて「フットボール」そのものを知る

知った上で、初めて 磨く ことができる。
そこに「フットボールを知る」ことで得た知識、そしてだんだん備わっていく「自分の見方、考え方」を加えたものが選手の色や個性となる。
そのサイクルの中で、ゲームで輝くことができる。

なので、ドリブルのトレーニングを行うからといってドリブル塾ではないですし、ゲームだけをやる個サルでもありません。あくまでも、本物の「フットボーラー」になっていくための研ぎ澄まされたトレーニング環境を提供する場所。

だから、FOOTBALLERS なのです。

画像2

年齢は関係ない

本物のフットボーラーには、年齢も学年も関係ありません。小学3年生〜高校3年生までとしたことにも、大きな意味があります。
年上から学ぶことはもちろんあるし、それ以上に、年下と一緒にやることで、パスの強弱、味方を慮ること、間合いを磨く目、を得られることができます。縦割りの相乗効果で、お互いのレベルアップを図っていきます。

レベルアップをしてチームでのプレーに活かしたい小学生はもちろんのこと、部活にプラスして自分を磨きたい中学生や高校生、部活を引退したけれど次のカテゴリーに向けてまだまだ練習したい中学3年生や高校3年生 も、ぜひこのFOOTBALLERS を活用していただければと思います。

ちょこっとトレーニング紹介

DRIBBLE. 1『ドリブルを磨いて、自分とボールの関係性を養おう』
・7種のドリブル
・頭と身体をリンクさせ、しなやかにプレーを表現する
・ファーストタッチで違いを出す

DRIBBLE. 2『ドリブルを磨いて、フットボールIQを高めよう』
・ドリブルを起点にしたポゼッション~ドリブルの本当の活かし方
・3タッチの世界を極める
・鮮やかさはパスで表現する。パスのためのドリブル
・ゲームで輝くために

月曜は、DRIBBLE. 1 と DRIBBLE. 2 を、隔週で交互に行います。
DRIBBLE. 1、DRIBBLE. 2 ともに、それぞれ掲げるテーマは毎回同じですが、トレーニングメニューは変化させて行います。練習の最後にはゲームも行います。

ミニゲームDay ⋯ 月に2回のミニゲームDayでは、ゲームのみを行い、その中で、ゲームで輝くための考え方、ピッチの見方、技術の発揮の仕方をトレーニングします。

オンライン座学 ⋯フットボールとはどういう仕組みで成り立つスポーツなのか。人は、どういう原理で動くのか。ボールはなぜ、言うことを聞いてくれないのか。人の中で自分がどう輝くことができるのか。それらを知ると知らないとでは、技術の発揮の仕方、人の活かし方、自分の活かされ方も大きく変わってしまいます。このオンラインの時間で、フットボールの本質を伝えられればと思います。


FOOTBALLERS で目指す最終形態

・自分も仲間も助けられる、圧倒的な武器を身につける
・身につけた武器を隠し持ちながら、それに頼らなくてもプレーできるような賢さとしなやかさを養う
・どのチームでプレーしたとしても、味方から頼られるフットボーラーになる



最後に

こんなスクールがあればいいのに、とずっと思ってきたことを自分の手で追求し実現したいと思い、今回のスクール開校となりました。

これまでのサッカーコーチ人生や数々の方との出会いで得た全てのものを凝縮しさらにアップデートして、誰一人見捨てず諦めず、私・久保田が責任と情熱を持って指導にあたります。

夢と情熱を持ったたくさんのフットボーラーとの出会いを、今から楽しみにしています。

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Daisuke Kubota / あしたのために

この記事が、あなたにとって少しでも有意義だったり、ぽろっと笑ってもらえたり、共感してもらえたのならば、サポート下さるととても嬉しいです。泣いて喜びます。そして、大切に使わせていただきます。次の記事すぐ書いちゃいます。

ありがとうございます!また読んでくれたら嬉しいです。
一般社団法人あしたのためにプロジェクト代表。サッカーコーチ。自分なりの、少し変わった景色や視点を書いていけたらなと思います。誰かのあしたのために、現実の殻を破る。ホームページ → http://ashitanotameni.net/