新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【参加歓迎!】オンライン多拠点スナックやっています〜外出自粛中も繋がるADDressコミュニティ〜

皆さん、こんにちは。ADDressの桜井@二子玉川家守兼務です。
緊急事態宣言延長初日1日目、いかがお過ごしでしょうか?

新型コロナウイルス感染予防のため、じっと耐える生活が続きますが、心身ともに疲れてきますよね。外出自粛といっても、3密を避けて、ソーシャルディスタンスを取りながら適度に運動することで、健康的な生活は維持できます。私は今朝5時に起きて、ジョグ用マスクをしながら、まだ人が少ない多摩川沿いをランニングしてきました。

画像1

緊急事態宣言延長を受けて、本日からリモートワークが再継続になった方も多いと思います。私も含めて友人知人もリモートワーカーが一気に増えましたが、直接会える機会も一気に減り、仕事後に飲みに出掛けることは一切無くなりました(涙)。今は耐えるのみ。

しかし、そんな中でも人と人が繋がれる場を提供すべく、多拠点コリビングサービス「ADDress」では、「オンライン多拠点スナック」なるコミュニティイベントを立ち上げました。ホストはADDress代表の佐別当と、ADDressアンバサダーで旅するフリーランス女将として活動中の、ちーちゃんこと櫻井智里さんがチーママに就任しました。

4月28日に第1回、5月2日に第2回を開催し、いずれも40名超の参加者が来店され、飲み物片手に語り合いました。毎回、ADDress会員をゲストに呼んで、おもにコロナ以前の多拠点体験談を話してもらっています。

第1回ゲストADDress会員:田村美葉さん

画像2

田村美葉さんプロフィール
石川県金沢市出身。宅地建物取引士。建築・インテリア・不動産系ライター。住所不定の多拠点生活者で2019年からADDress会員としてコリビング生活を実践中。(今はADDress清川村で村民生活を満喫中)
参考記事:日々の暮らしの中で、新しい発見をしていたい。多拠点暮らしのライター「vol.06:田村 美葉さん」
https://note.com/address/n/ncf73ceea3fb8

ADDress清川の家から参加してくれた田村さんは、多拠点生活中(現在はADDress清川で外出自粛中)はカブに乗って各地を転々としています。「カブでどこまで移動できる?」「メンテナンスやガソリン代ってどのくらいかかる?」といった移動にまつわる話のほか、ADDress拠点を巡るオススメルートを紹介してくれたり、多拠点生活の最先端を行く田村さんならではの体験談は新鮮でした。

第2回ゲストADDress会員:藤本海さん

画像5

藤本海さんプロフィール
人材ベンチャーに入社しIPOを経験した後に独立 会社設立を数社経験したのち、現在はフリーのファシリテーターとして 様々な組織や地域での場づくりを通じ、人や組織の可能性を開く活動を行う。
数年前から福岡県の糸島や湘南エリア(茅ヶ崎や葉山など)で、多拠点居住や 居候的な共同生活を実践し、実は家は無くてもいけるんじゃないかと、今年に入ってからは 家を決めずにホテル暮らしも体験。そんな中でADDressにも出会う。自分の人生でトライ&エラーを繰り返しながら、人の可能性について実験・探求・実践中 趣味は旅とフリーダイビング。イルカやクジラと泳ぎながらのんびり過ごす。

海さんはADDress逗子の家から参加。逗子の魅力、ADDressをはじめたきっかけの他、プライベートな話も交えながら緩く楽しい雰囲気で盛り上げてくれました。最近ADDressで計画している「旅する本棚プロジェクト」についても紹介。この話に、本日(2020年5月7日)オープン予定のADDress小田原の家の家守さんが興味を示され、さっそくプロジェクトにも加わってくれることに。オンライン多拠点スナックで来店したお客さん同士が、別の企画でも繋がっていくきっかけとなりました。

このオンライン多拠点スナックの来店客は、ADDress会員・家守・スタッフを中心に、これからADDressに入ってみたい人や多拠点生活そのものに関心の高い人など、多種多様です。第1回、第2回ともに参加の方も複数いて、既に馴染み客も生まれつつあります。

さて、第3回も決定しました。あす(2020年5月8日)の夜オープンします。

第3回ゲストADDress会員:関達也さん

画像5

関達也さんプロフィール
ひとり起業家(マイクロプレナー)/S・マーケティングジャパン株式会社代表取締役/一般社団法人デュアルライフ協会代表理事
宮崎と東京の2拠点を行き来しながら場所にとらわれない自由な働き方を実践する3児のパパ。
現在はWebライター起業家塾、オンラインサロン等を運営しながら、自由に働く人を増やすべく起業(副業、複業)コンサルタントとして活動中。
参考記事:【ADDress会員インタビュー】全国でデュアルライフを広めたい!子どものデュアルスクールも実現した関 達也さん
https://note.com/address/n/n32a718565f9a

関さんは私が家守を務めるADDress二子玉川の家にも、お仕事で来京時にリピート滞在をしてくれています。現在は休会中で宮崎のご自宅から来店される予定です。これまで多数のADDress拠点に滞在され、家族でも利用されているので、違った視点から「多拠点生活」を語ってくれるはず。さらに、今回はもう1名ゲストを呼びました!

熊本県多良木町のADDress多良木の家の立ち上げメンバーでもあり、多良木町役場の職員としてもまちづくりに携わる栃原誠さんです。

栃原誠さんプロフィール
熊本県多良木町役場勤務。企画観光課で企業や人材の誘致、移住定住や空き家バンクなどの取り組みを通して、地方創生の推進に取り組む。ブルートレインたらぎ×ADDress連携の立役者で、ADDress会員と多良木を繋げるハブ役として活躍中。その他、東京のITベンチャー企業との連携協定による人材育成や世界最大のWi-Fiコミュニティ事業者との包括連携協定に伴う、自治体Wi-Fi整備なども手掛けている。

多良木に訪れる会員の方との交流、多良木や熊本南部(人吉・球磨エリア)の魅力などを語ってもらいます。

▼画像下:ADDress多良木の家はブルートレイン!

画像5

オンライン多拠点スナックの来店方法

ご飯を食べたり飲んだりしながら緩く開店するオンライン多拠点スナックは、ゲストやホストやチーママに聞いてみたいことあれば、会話に入ってきてもらっても構いませんし、ずーっと聞き役に徹していても構いません。

オンラインで繋がる緩い繋がりを大事にしているので、出入りも自由です。この場の出合いが、今後のオフラインでの繋がりにも発展すれば嬉しいです。私も過去2回参加して、まだ一度もお会いできていない会員さんと繋がり、何だか実際に会ったような気分になってきました。また3回目も来てくれるかな?と期待しています。

さて、来店方法について。
ZOOMを使っています。事前に参加連絡をいただき、来店予定者にはZOOMのURLをご案内しますので、開店時間になったらアクセスしてください。

▼次回の事前参加エントリーはコチラ▼
https://go.address.love/event/2020-05-08
次回の事前参加エントリーはコチラ▲
※お名前、メアド、電話番号を入力してエントリーをお願いします。

ADDress会員の皆さん、家守さん、オーナーさん、多拠点生活に興味関心のある皆さん、ご来店お待ちしています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
好きになってくれてありがとう❤️
25
月額4万円からの定額制で全国どこでも住み放題の多拠点コリビング(co-living)サービス。拠点情報やかかわる人の熱い想いを発信します。 https://address.love/ #全国創生 #ADDressLife #多拠点生活 #いつもの場所がいくつもあるという生き方

こちらでもピックアップされています

ADDressからのお知らせ
ADDressからのお知らせ
  • 43本

提携や会員の募集、イベント情報、時事ネタなどをお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。