新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ADDressの家、3月新たに4拠点!鎌倉・岡山・唐津・十日町ご紹介

多拠点コリビングサービス「ADDress」は2020年3月1日、一挙に4つの拠点をオープンしました。
人気の鎌倉エリアから2拠点目となる「鎌倉B邸」に加えて、待望の関西エリアに岡山1号拠点「岡山奉還町A邸」佐賀1号拠点「唐津A邸」新潟1号拠点「十日町A邸」が新たにADDressの家に加わりました。

鎌倉B邸:駅の目の前にある丘の上の隠れ古民家

この家は、JR横須賀線およびJR湘南新宿線「北鎌倉」駅から徒歩3分の好立地にありながら、周囲は緑に囲まれた静かな場所に建っています。

画像21

昔はお寺の方の宿舎として長年使われており、その後は著名な東洋・考古学者の自邸でした。珍しいL型に配置された歴史ある民家です。

ADDressは、この歴史ある「学びの舎」を大規模リノベーションし、今に蘇らせました。多くの資金が必要だったため、投資型クラウドファンディングサービス「Crowd Realty」で出資者を募りました。

画像3

玄関に入るとまず目につくのが、開放的な吹き抜け空間とスキップフロア。
1階は大人数でも過ごせるリビング・キッチンです。会員で集まって料理教室も開けそう。

画像3

青緑色のタイルがチャームポイントのキッチンが可愛らしい空間となっています。

一方、2階は集中して作業のできる書斎スペースやロッキングチェアがあり、物思いに耽ることもできます。

画像2

また、建物の歴史を継承するために、ダイニングテーブル・キッチンカウンターなど古材を積極的に活用したり、壁や手摺りなどに本を配置したり、当時の面影を残しています
本の選書は専門のブックコーディネーターにお願いしたので、魅力的な本であふれています。気になった本を手に取り、お気に入りの場所を探して静かに本と読むというのもオススメです。

iOS の画像

1点だけ難点を挙げるとすると、駅徒歩3分の立地ではありますが、丘の上にあるため、長い石段を上がらなければいけません。

iOS の画像 (2)

重量あるスーツケース持参ではしんどく、自転車は担いで運ぶ必要があります。はぁはぁ言いながら玄関にたどり着くことになりますが、この家からの見晴らしは最高です。絶景です。天から鎌倉を見下ろすような立地。駅近の隠れ古民家だからこそのプライベート空間なのです。

画像22

岡山奉還町A邸:JAPAN BULEのデニム個室

JR山陽新幹線「岡山」駅西口を降りて直ぐの好アクセスが魅力の家。岡山初のADDressです。

画像6

「大政奉還」の際に武士が商業を始めたことから出来た「奉還町」商店街内の路地を少し入ったところにあります。

画像7

ADDress岡山奉還町の家は、古民家型ゲストハウスです。昔ながらの階段や土間造りに詫び錆びを感じられます。

画像9

アーティスト「ESOW」による特徴的なウォールアートには、くつろいでいるおじさんの絵が描かれています。

会員用の個室は、岡山で有名なデニムブランド「JAPAN BULE」のデニム畳とデニムクロスを施しています。

画像8

すぐ近くには純喫茶を改装したコワーキングスペースカフェも運営しており、PC作業や打ち合わせも可能です。共有のラウンジ・キッチン・レンジ・冷蔵庫なども利用可能です。

画像10

唐津A邸:ADDress初!複合商業施設の中の家

複合商業施設「KARAE」の3階にあるHOTEL KARAEがADDress唐津の家です。佐賀県初のADDress拠点となります。

画像11

暮らすように旅ができる滞在型施設です。唐津中央商店街の中に位置しており、唐津駅から徒歩約2分バスセンタービルから徒歩約3分と公共交通機関からのアクセスは良好。「唐津城」や唐津くんちの山車が格納されている「曳山展示場」へも徒歩圏内です。

画像12

「KARAE」1階にはブックカフェ、中華、映画館、アンテナショップがあります。シェアオフィスは2階で、ADDress会員は無料で利用可能です。

画像13

ユネスコ無形文化遺産に登録された日本有数のお祭り「唐津くんち」や辰野金吾監修の「旧唐津銀行」、一楽二萩三唐津と言われるように、国の伝統的工芸品に指定されている「唐津焼」が有名です。ガイド付まち歩きサービスもあり、歴史と文化を学べる体験なども充実しています。玄界灘に面した立地柄、サーフィンやヨットなどマリンスポーツも盛んです。ジャックマイヨールが愛した海もあり、ダイビングの人気エリアでもあります。

画像14

十日町A邸:国際的な芸術祭で有名なアートの町

最後もとっておきの物件です。新潟県初のADDressの家(通称「みんなの家」)。

画像15

1階はコワーキングスペースとして、綺麗にリノベーションされています。ここは地域住民も含めていろいろな方が集まる場所で、大きなテーブルやこたつがあります。

画像16

誰かと交流できるスペースでもありますが、窓際のデスクに座れば、仕事に集中することもできます。

画像17

リノベーションは地域の方とDIYワークショップを実施し、木を斬るところから取り組みました。温もりあふれる雰囲気が特徴のシェアスペースとなっています。Wifiやプリンターなども備えてあり、ビジネスでも活用できます。
キッチンスペースは業務用の大きさで充実しており、ホームパーティーにも適しています。ときどき料理教室も開かれます。

画像18

浴室は昔ながらの古風なバスタブで、狭さが若干気になるところですが、十日町には温泉施設が充実しているので、ゆっくりお湯につかりたい方はぜひ街に繰り出してみてください。

寝室は2階で、8畳の和室です。ベッドタイプではありませんが、田舎の実家の自分の部屋に戻ってきたような安心感があります。

画像19

十日町は、3年に一度「大地の芸術祭」というアートフェスティバルが開催される地域として有名です。十日町のエリア内、至る所にアート作品が設置されています。

新潟県に来たら「へぎそば」は外せません。つなぎに「布海苔」という海藻を使った蕎麦を、ヘギといわれる器に盛り付けた切り蕎麦です(画像下は新潟へぎそばの老舗「小嶋屋」のへぎそば)。

画像20

以上、3月オープンの一挙4拠点のご紹介でした。

* * * * *

ADDressオンライン交流会、参加者募集中!

ADDressには全国にどんな家があるのか、どんな会員が暮らしているのかを直接会員に聴ける交流会「ADDress Meet Up」を定期開催しています。

新型コロナウイルスへの感染拡大を避けるために、オンラインにて実施することが決まりました。直近の開催イベントをご案内しますので、ご興味ある方はぜひご自宅などからご参加ください。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

わたしも好きです😍
25
月額4万円からの定額制で全国どこでも住み放題の多拠点コリビング(co-living)サービス。拠点情報やかかわる人の熱い想いを発信します。 https://address.love/ #全国創生 #ADDressLife #多拠点生活 #いつもの場所がいくつもあるという生き方
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。