見出し画像

SALOMON S-LAB SENSE SET

サロモンの新作バックパックS-LAB SENSE SETを入手したので紹介したいと思う。

スカイハイマウンテンワークスの北野さんのブログ記事が参考になるので良ければどうぞ。

今まで携帯品が少なくて済む短距離ラン&トレランや日帰りハイクの場合はポケットの大きいボトルポーチかレイドライトの5Lバックパックを利用していた。

しかしボトルポーチは腰に負担がかかるし通常のバックパックだと背中が蒸れてせっかく発汗性の良い機能性Tシャツを着ていても効果を発揮するこが出来なかった。

なのでS-LAB SENSE SETを初めて見た時これだ!!と思った。
背中全体がメッシュで通気性が良く容量が1Lと思えないほどの収納力。

完璧!!


正面から撮影。

背面から撮影。

500mlのソフトフラスクが標準で付いてくる。

身に付けて正面から撮影。

身長180cm、胸囲が85cmの自分がチョイスしたのはM/Lサイズ。

背面から撮影。

いつも5Lのバックパックに入れて走ってる携帯品を入れてみた。

防寒用のジャケット・ポケットティッシュ・行動食(ジェル・羊かん)、ドリンクを入れたソフトフラスク2個

ソフトフラスク用の胸のポケットは飛び出し防止のためだと思うがかなりタイトだ。おそらくこのサロモン純正のソフトフラスクしか入らないと思う。試しにシンプルハイドレーションを入れてみたが奥まで入りきらないのでロードなら大丈夫かもしれないがトレイルだと飛び出してしまうと思う。
このソフトフラスクは胸ポケットに装着したまま飲める上に軽量なのが良い。

ファスナー付きの両サイドのポケットは伸縮性が良く想像以上に沢山収納でき絶妙なポジションなので片手で簡単に出し入れが出来る。

サイズが大きいiPhone6 plusもサイドポケット、胸ポケットに余裕で入るのはありがたい。

フロントのドロップインポケットはジェルなどを入れておくのに便利だ。

右側の胸ポケットの上部には小物を入れておけるファスナー付きポケットもある。

携帯品を入れてファスナーを閉じないで床において撮影。

ファスナーを閉じて撮影。

わずか90gしかないので丸めてゴムで止めるとこんなにコンパクトになる。

今朝の峠走で試してみたが身体にフィットして揺れも少なく非常に良かった。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「Toyama Japan」 Run. Trails. Mountains.