マネーフォワード クラウド債権請求の目玉機能!「前受管理機能」のご紹介
見出し画像

マネーフォワード クラウド債権請求の目玉機能!「前受管理機能」のご紹介

マネーフォワード クラウド債権請求でカスタマーサクセスを担当している福田です。

今回はマネーフォワード クラウド債権請求の目玉機能でもある「前受管理機能」についてご紹介します。

サブスクリプションモデルのビジネスを展開している企業様は特に必見の機能です!

開発の背景

企業間の取引では前受金の処理が頻繁に発生します。

例えばサブスクリプションモデルのビジネスで「1年契約のサービスについて、先に代金を一括で受け取る」といったケースです。

先に受け取った金額を前受金として計上し、月次で売上高に振り替える必要があります。

前受管理の業務では、入金額と残高をエクセルなどで照らし合わせたり、関数を組んだり…といった煩雑な作業が必要になることが多く、データ量が多くなるとエクセル自体が重くなり、ヒューマンエラーも発生しやすくなるといったケースがあります。

こういった前受処理を自動化し、残高の推移なども一元的に見える化し、前受管理の負担を減らすため、クラウド債権請求にて前受管理機能を開発しました。

クラウド債権請求でどのように管理できるのか

売上計上や消込の操作に応じて、債権・前受の残高が増減します。また、取引ごとに債権や前受の残高推移を確認することができます。

時系列で残高の推移をチェックできるので、「どのタイミングで入金があったのか」「これまで何ヶ月分の売上を計上しているのか」「現時点での残高はいくらなのか」といった情報を素早く確認することができます。

画像1

前受残高表では、全体の前受残高が確認できます。

取引先ごとの前受残高だけでなく、それぞれの取引で残高がいくらなのか、契約期間はいつまでなのかといった内訳も簡単にチェックできます。

入金されたがまだ売上計上していない残高がいくらあるのかを一元的に管理することができます。

画像2

また、残高に応じて自動で仕訳も作成されます。

例えば前受残高がある場合は、【借方】前受金/【貸方】売上高といった仕訳が作成されます。
前受金など借方科目は「前受収益」などの別科目に設定することも可能です。

画像3

このように前受処理を自動化して、前受管理業務をグッと楽にすることができます!

***

今後もかゆいところに手が届くプロダクトを目指して開発を進めて参ります。
今後ともマネーフォワード クラウドをよろしくお願いいたします。次回もお楽しみに!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!