【大水滸伝】チンギス紀 第一回
見出し画像

【大水滸伝】チンギス紀 第一回

「チンギス紀 第一回(小説すばる 2017年 05 月号 )」2017/4/17

北方謙三 (著)

初読:2017/4/20

ついに、始まった。

ということを、新聞の御大インタビューで知った。

あやうく御大の新作読み逃すところだった(汗)

しかも偶然なのか、ことごとく売っていない、この号(笑)

御大ファンが買っていったか~と勝手な想像をしながらようやく購入。

小説すばるって、3日もたつと売っていないのか(苦笑)

さて、物語は岳飛伝完結から20年以上たっているらしい。いったんの決着がついた世界で、今度はモンゴルが生んだ世界史上に残る英雄 チンギス・カンの物語。初回なので静かな立ち上がりだが、テムジンがとんでもない定めを持って生きていることが覗える。これまでなかった蒙古側の視点で始まると、やはりワクワクするなあ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
見えないでしょうけど、こちらはニヤニヤしてます
「なぞる」のではなく「紡ぐ」発信を目指す多読・乱読家 ■女性向け書評サイト「美女読書」・マンガポータルサイト『マンガ新聞』レビュアー /■歴史小説作家・伊東潤さんの読書会に参加中 /■ブログ(motiongreen.net/ )ちまちま更新中