見出し画像

挑戦するなら物語を狙え

こんにちは。桂 章皓です。

読書が好きなのですが、外出するのが面倒なので、この前一気に8冊の本を買ってきました。1か月あれば読めそうなので、本の感想も記事にしていこうかなと思っています。

画像1

これらは次の挑戦の準備で、経済学や経営学、マーケティングの本ばかりです。「もう経済学部に行けよ!」って言われます。(笑)

さて、今日は「挑戦するなら物語を狙え」について話そうかなと思います。

僕は以前、高3の11月まで部活をして、国立大に合格したとお話ししました。今現在僕はそのエピソードを交えつつ、毎日記事を書いています。
今日はまず僕の受験エピソードから話そうかなと思います。

5月に最後のインターハイが終了し、3年生全員が引退か続行するかの選択を迫られました。大半の人が受験勉強のために引退していくわけですが、僕はあえて冬まで続けることに決めました。

その決断をしたのはただただサッカーがしたいからという理由だけではありません。「物語」が欲しかったからです。

周りの皆に同調して、引退して典型的な受験生になるよりも、未開拓の方向に進んでいった方が自分だけの「物語」を手に入れることができます。

引退しても、どちらにしても勝者と敗者のどちらにもなる可能があります。
だったら、受験の次にやってくる挑戦がより上手くいく方を選択する方が賢明です。

未開拓の方に舵を切ったことで、周りの人たちとは違った苦悩や景色、葛藤と出会うことができます。それは自分だけにしか経験できないことなので、自分の「物語」には希少性があり、価値がつきます。その「物語」は成功しようが失敗しようがあまり価値は変わりません。どちらの体験も貴重なので。

僕は最近、自分の「物語」を使ってこのブログでメッセージやエールを送っています。高3の5月に狙っていたのはこれで、このブログも僕の新しい挑戦の一環です。

つまり、価値ある「物語」は上手く二次利用すれば、次の挑戦の手札になるということです。現在の挑戦を次の挑戦に利用する。そうすることで、円滑に1歩1歩進んでいくことができます。

もしあなたが挑戦する際、選択を迫られたなら、未開拓の方を選んでみてください。そこで得られた物語は次のあなたの武器になります。あとは二次利用するだけです。

今日があなたにとって素敵な1日になりますように。
頑張りましょう。       桂 章皓 

これからも毎日記事を更新していきます。
スキ、フォローをしていただけると嬉しいです😄

こちらの記事もお読みください。↓↓↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

クラシックが好きです。

明日の記事もお楽しみに!
4
後輩へメッセージを綴っています。 気が向いたら更新します。

この記事が入っているマガジン

後輩のみんなへ
後輩のみんなへ
  • 44本

受験生、後輩のみんなはこっちもフォローすると見やすいと思うよ。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。