見出し画像

|Ⅰ|(20xx+0年)7月◆前期課程試験、全科目終了

||||||||||||

目を覚ます。

ここは『洋燈』のカウンター。

大学の試験の最終日が終わった所で、同級生の籘四郎にここまで引っ張られてきたのだ。

(眠っちゃったか)

眠い目をあげると、そこには籘四郎のお目当ての人。

『せいじくん。授業、ちゃんと聞いてないんでしょ。』

多分、彼女は(だから一夜漬けが必要なんでしょ?)といいたいのだ。

少しムッとしてみせて、籘四郎の方を顎で示す。

『葵さん、こいつです。授業を聞いてないのは』

(裏声)せいじ君は、私をお目当てにきてくれないのね~、って言った方が可愛げが、、、』

ゴスッ!

籘四郎が頭部にお盆を喰らわされている。

俺は、大橋誠志。K大学の一年生。

さっきも書いたけれど、前期課程試験期間の最後の試験が終わった足で、同級生の由利籘四郎と喫茶店”洋燈”にきて、密やかな打ち上げを行っているのだ。

打ち上げ、、、といいつつ、実際のお目当ては、看板娘の白根葵さんの顔を見にきたのだ。葵さんは、普段はお店の奥で、裏方仕事かサボって読書しているけど、俺と藤四郎が来たときには顔を出してくれる。ちなみに、年齢は、俺と藤四郎の2つ年上だ。

『青い空は動かない、雲ぎれ一つあるでない。夏の真昼の静かには タールの光も清くなる』って、中原中也の詩にも出てくるから、、、』

葵さんはそういいながら椅子を取り、

『コーヒー、外で飲んでみよっか?由利君だけで。』

と、言いながら、藤四郎の前にドスンと置いて、満面の笑顔を見せた。

『えぇ、それ出てけって事ですか?』

(いや、『出てけ』はかなりマイルドな解釈だと思う)

でも人相の悪い藤四郎が、店の前で椅子にすわってコーヒー飲んでたら、お客が来なく、、、って、葵さんなら読書の時間ができたって喜びそうだ。

何だか平和な時間だ。

K大学に入って、友人ができて、こうやって自然に過ごすっていまだに実感がわかない。この平和でフワフワした時間が、自分の中でも徐々に受け入れられていることに、焦燥感と、不思議な安堵感があった。


この物語はフィクションであり

実在の人物団体とは一切関係ありません


キャライラスト:たもと様(http://coconala.com/users/275422)
飾り枠:百花繚乱様(https://flowerillust.com/)
コーヒー:来夢来人様(http://www.civillink.net/)
ランプ:StudioTakeda様(http://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=2338)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
稲垣足穂のオマージュとサイエンス/ケミカルなトピックス。ご意見、ご要望は大歓迎! ※アイコンはココナラのKAME様に書いていただきました。 mailto:vocalise@arrow.ocn.ne.jp

こちらでもピックアップされています

ランプの明かりにコーヒーカップと花束を添えて
ランプの明かりにコーヒーカップと花束を添えて
  • 23本

短編小説。喫茶『洋燈(ようとう)』の常連客二人と、看板娘が織りなす、ほのぼの/物騒なお話です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。