「トレカデコ」に「ダイナミック壁紙」、リアルZ世代社員が推し活トレンドを語る
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「トレカデコ」に「ダイナミック壁紙」、リアルZ世代社員が推し活トレンドを語る

才能を発信するnote|Sainote

初めまして、Z世代真っ只中新入社員の松井です。

松井梨央奈

普段は営業としてバリキャリを目指しながら働いているのですが、プライベートはジャニーズオタクで、ジャニーズの「推し活*」に励む日々。

*推し活
お気に入りのタレントやキャラクターなどを応援する活動。 「推し活」の「推し」とは、「アイドルや俳優などの芸能人やアニメや漫画のキャラクターなどの中で、自分が特に好きな人物のこと」を指す。 もともとは「人や物を薦めること、評価し応援したい対象として挙げること」という意味。
(参考元:意味解説ノート


公私混同しないことが私のポリシーなものの、今回はZ世代当事者目線でお伝えしていこうということで、、!公私混同した情報で、Z世代の推し活トレンドをご紹介します!


さり気なく推しを身近に感じるための「推し色」や「ダイナミック壁紙」

「推しを身近に感じて癒されたいけど、周りには気づかれたくない」
特に、Z世代の社会人の多くがそう思っているのではないでしょうか。

恥ずかしいというより、周りに特定の芸能人が好きなことをアピールする必要がないというスタンス。だから、自分にだけわかるようにさり気無く推しを身近に感じて、癒されたいと思うのです。

その方法として、「推し色を身につけること」が流行っています。

ほとんどのアイドルには、個々のメンバーに定義づけられたイメージカラーがあり、自分が特に好きな人物に定義づけられたイメージカラーを「推し色」といいます。

例えば、推し色のネイルやメイクなどを身につけることで、推しが身近にいるような気持ちになり、癒されるのです。好きな人物の写真ではなく、色を身につけることであれば、周りに気づかれにくいので、気軽に取り入れることができます。

画像1

画像:紫の推し色ネイル


ちなみに私の推しは、ジャニーズのアイドル「IMPACTors」というグループに所属する松井奏くんです。メンバーカラーは黄色なのですが、元々はまったく黄色が好きではありませんでした。
普段着に取り入れるにしても黄色は難しいと思っていましたが、気づけば黄色のワンピースをECサイトで購入していましたね。(メンバーカラーの魔力です・・・)


また、さり気なく推しを身近に感じる方法として、「ダイナミック壁紙」も若者の間で人気です。


「ダイナミック壁紙」は、LivePhotos(シャッターを押した瞬間の前後の画像も一緒に記録するというiPhoneの機能)を活用したものであり、静止画をタップすると動画が再生される壁紙を意味します。

専用アプリによって、「推しとは関係ない静止画」と「推しの動画」を組み合わせてLivePhotosを作成し、そのデータをiPhoneの待ち受け画面に設定することで、「ダイナミック壁紙」が完成します。

一見iPhoneの待ち受け画面には、「推しとは関係ない画像」が表示されますが、画面をタップすることで、「推しの動画」が流れるというわけです。

仕事中ふと推しを眺めて癒されたいと思った際に、画面をタップして、自分だけに分かるように推しを眺めることができます。

画像2

画像左:常時表示の待ち受け画面 
画像右:待ち受け画面をタップ後に推しの動画が再生


ファンレター代わりのSNS活用

推し活を記録するため、ファン同士でコミュニケーションを図るためなど、推し活でのSNS利用目的は三者三様ですが、ファンレター代わりにSNSを活用する若者も多いです。

アイドルによっては自分の評価・評判を調べる、いわゆるエゴサーチ(以下エゴサ)をしている方がおり、エゴサしていることを公表していることがあります。

そのため、ファンはエゴサに引っかかるように、twitterで推しのフルネームや「#●●くんに届け」と記載した上で、twitterで「新しいヘアスタイル似合っているよ」だとか、「最近動画上げてくれないから寂しい」だとか、推しへのメッセージをツイートします。

画像5

画像:ファンレター代わりの、推しにむけたツイート


さらに、国によってアイドルのSNS利用方法が異なっており、例えばタイのアイドルはInstagramアカウントで、家族写真等の投稿をするなど公私混同で情報を発信したり、ファンのストーリーを見たりすることがあります。

そのような特性上、タイのアイドルファンの若者は、Instagramを通して、推しや推しの家族に見てもらいたいために、投稿することもあります。

(私の同期であるアイドル好きのキャスティングディレクターは、Instagramで推しの誕生日を祝う投稿を行ったところ、推しの母親からいいねをもらい、喜んでいました)


推し×セルフ加工で可愛いを作る「トレカデコ」

推しを眺めるだけでもトキメクものの、さらにトキメキたいがために、推しをセルフ加工することが人気です。コロナ禍でおうち時間が多くなったことも影響しているかもしれません。

その一つとして、「トレカデコ」が挙げられます。
推しのトレーディングカードをケースに入れて、シールを貼ってデコることを指します。自分の好きな世界観、フィルターを通して、「可愛い」と言いたい、満足したいのです。

ちなみに、「トレカデコ」のブームの火付け役は韓国のようで、最近は日本の100円ショップでも「トレカデコ」専用のシールが販売されているのをよく見かけます。

画像4

画像:トレカデコ


私の場合は、「トレカデコ」とは似ているようで異なりますが、アプリで推しの写真をコラージュし、趣味としてInstagramに投稿しています。自分だけにわかる可愛いを生み出し、さらに自分の投稿にいいねがつくことで、より充実感を感じます。


最後に

いかがでしたでしょうか?
リアルなZ世代の推し活を知っていただけたのなら、なによりです!

またエイスリーでは、アイドルに限らず多ジャンルのキャスティングや、Z世代に関わるキャスティング・リサーチ・プランニングを提供しています!

▼キャスティングサービスサイト

▼Z世代に関わるキャスティング・リサーチ・プランニングを提供するZ世代プロジェクト


お気軽にご相談ください!お待ちしています!


───

エイスリー各種お問い合わせ

総合キャスティングサービスページ

TALENT STOCKページ

エンタメ特化型総合人材サービス「エンタメ人」ページ

エンタメ特化型M&A仲介サービスページ

エイスリーへの採用応募ページ



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
才能を発信するnote|Sainote
世界の“才能”をつなぐプロフッショナルを目指す、株式会社エイスリーの公式アカウントです。 エイスリーや社員、またエイスリーに関わる方々のあらゆる“才能”を発信していきます。 エイスリーコーポレートサイトはこちら https://www.a3corp.jp/