第二回情報リテラシー論レポート(nid)

 私は初回の授業が終わった後の日に、友人から面白かったよ!という勧誘を受け履修を決定したので、今回第二回目の講義が初めての授業でした。最初、情報リテラシーという単語から勝手に先生が喋るだけの堅苦しい授業を想像していたのですが、オープンチャットやこのレポートの提出の仕方など、あまり経験したことのないシステムばかりで新鮮でした。特にオープンチャットというか、講義は黙って先生の話を頭に叩き込むことだと思っていたので、授業中に質問や意見をチャットに乗せて発信できることにとにかく驚きました。匿名なので臆することなく発言でき、先生と生徒間でコミュニケーションもとれます。それにより講義の内容を深めることにも繋がり、この講義体制は素晴らしいなと感じました。それに、先生と奥さんの結婚事情も講義を通して聞くことが出来たので、またよかったらお話ししてください。気になります。

今回の講義のお話の中で、特に興味深いなと思った項目はWEBブラウザのシェア変化を表した動画についてです。一人が複数のアカウントを所持している場合も数に含めるのか、そこのところはふわふわしていましたが、ブラウザごとのシェア変化の割合が非常に分かりやすく表されていて参考になりました。あとは単純に動くグラフ…?推移が一目でわかるグラフを見るのが好きなので、この項目が印象に残りました。

もう一つ印象に残っている項目は、朝一番の行動でわかるライフスタイルの変化です。世紀ごとに文明が発達していき、それに伴って朝一番に人間が取る行動が変化しているということですが、確かにプリントに書いてある通り、私も朝一番に意識も覚醒しきらないまま、ツイッターなどのSNSをスマホで見てしまう癖がついてしまっています。このライフスタイルの変化や文明の発達がいいのか悪いのか私には判別がつきませんが、プリントを見てめちゃくちゃ図星だったので、ライフスタイルを改善してみようと思いました…。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。