アステリオンの旅行鞄:荷造り

さて、ではさっそく旅に出る準備をしましょう。
荷造りにはある程度の秩序が必要。使用済みパンツと新しいパンツは別の袋に入れたいし、ちょっといいレストランに行くときのドレスと、海に行くときのTシャツはごっちゃにならないようにしないといけない。とりあえず最初にどの電車に乗って、どこでご飯を食べるのかもある程度は決めておきたい。スーツケースにお土産用のスペースも残しておかないとね。

「世界の国々の文学を、1ヶ国1冊 (以上) ずつ読む」というのがこのチャレンジの趣旨なんだけれど、とりあえずは世界地図に沿って、日本から出発〜アジア諸国〜中国大陸〜という方向で進んでみようと思う。ただしあんまりガチガチに決めても面白くないので、ちょっとアジア暑すぎない?若干飽きたな?ってなったら急に東欧あたりに飛ぶかもしれない。まあそこはご愛嬌。
あとは、以下のようなざっくりとしたルールで進めていく。

★何をもってその国の作品とするのか
これは前回のnoteでも書いたとおり、著者の母国なのか、作品が出版された国なのか、現在活動を主に行っている国なのか・・・というところで様々な区切りが存在する以上、厳密に定義することができないし、あくまで国は道しるべなだけなので、そんなに拘るつもりはない。
基本的に、その作品の著者紹介や概要説明に載っている「○○文学の金字塔」とか、「○○の作家」というもので判断していく(○○は国/地域の名前)。

★日本語に翻訳されている文学作品を読む
小説に限らず、詩も批評も含めて(少なくとも)1冊、気になるものをピックアップして読んでいく。これは私の独断と偏見で選ぶけれど、なるべく今まで読んだことのない作家にしようかな。どうしても翻訳が見つからなければ、泣きながら英訳を探して読むか、代わりにその国の映画を見る、料理を食べる、写真/絵画の展覧会に行く、などで何らかの対処策を取る数ある芸術カテゴリの中で一番好きなのが文学だから文学を選んでいるだけで、「その国の文化に触れる」という意味であればぶっちゃけなんだって良いと思ってる。

★脱線バンザイ
本のレビューは脱線こそが面白いということを、最近友田とんさんの作品を読んで学んだので、私も実践してみたい。「こんなこと書いてあるけど、そういえばこないだ電車で見かけたあの光景が・・・」みたいな。私は友田さんみたいにバランス感覚が優れているわけではないので、脱線したきりしばらく戻ってこない、とかがありそうだけれど笑。

★つまらなくてもめげない
読む本すべてが私に合うとは限らない。だからだめだったときは正直にだめでした!と言うことにする。ちゃんとその理由も述べる。(私にとっては)だめな作品に当たっても、泣かない。

★ググればわかることはなるべく割愛
○○賞を獲ったとか、○○出身とかは書いても手短に。とにかくテクストのレビュー(と脱線)に専念します。

こんなところかな。では、栄えある第一回は、まず日本から出発します。

この旅行記が、どこかの誰かの、「読んでみたい」をくすぐることが出来たなら、私はとても嬉しいです。

不束者ですが、どうぞよろしくおねがいします。
あなたにも、私にも、良い本との出会いがありますように。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14
本がないと生活に支障がある。海外文学・SFが特に好きだが基本的に雑食。部屋から出たくはないけれど世界の文学に触れたい、というわがままを叶えるため世界の文学を1ヶ国ずつ読んでいくぞチャレンジをすることにしました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。