PQ

日記を書いてます。適応障害と診断され生き方見直し中。やれること、やりたいこと、できること書きたいです。 好きな映画のブログ https://www.pqnology.com/ 【Mais ou Menos SHOP】https://maisoumenos.stores.jp/
    • 日記
      日記
      • 95本
    • Morto
      Morto
      • 15本

      MaysaとPQの編みつなぎ日記

    • 語りたい映画
      語りたい映画
      • 1本

      好きな映画について語っています。

  • Cactus - サボテン -

    Cactus - サボテン -

    緑と紫色のウールをベースにしたCacutusブランケット。このブランケットは大切な友人たちのために制作しました。友人の新生活のお供になってくれることを祈ってます。Cacutusが実際の植物のように癒しになれば幸せです。メリノウールサイズ:約90cm × 約103cm編み手・紡ぎ手:PQ
    ¥0
    Mais ou Menos
  • 楚原 - Chor Yuen -

    楚原 - Chor Yuen -

    楚原(チュー・ユアン)という好きな監督がいる。このブランケットはその楚原監督の映画の世界観をイメージして作った。武侠映画なのに、幻想的な雰囲気や妖しさ、おとぎ話の中に入ったような甘い色が使われたりするのがこの楚原監督の映画の持ち味。糸を紡ぐときも、色から映画の様々なシーンを思い出して、紡いだ。私がこの楚原映画の世界に吸い込まれたように、このブランケットに吸い込まれるように包まれて欲しい。私は重たい布団が好きなので、このブランケットも重ためで、もっちり、ずっしりと包み込んでくれる安心感があるように大きめに作った。いつも一緒にいてくれる安心毛布のようにたくさん使っていただきたい。自分でも大変お気に入りの逸品です。メリノウール、シェットランドウール、サリシルクサイズ:約120cm × 81cm編み手・紡ぎ手:PQ
    ¥44,000
    Mais ou Menos
  • 木枯 - Kogarashi -

    木枯 - Kogarashi -

    秋から冬にかけて、少しずつ灰色のフィルターがかかっていくようだなと思うことがある。物悲しさを感じて、気持ちがどんよりとしてくる。その一方で、木枯が吹くと、なんともいえない自由さを感じる。風に吹かれているとき、まったく無名の存在になれるような。地面に散乱した秋の色した落ち葉たちが、木枯に吹かれて舞い上がる。旋風が起きる。少しずつ見えている色が変わっていく。初霜がおりる。曇った空から冷たい雨が降って、雪に変わる。雪の下では土が眠り、春のために体力を蓄え始める。季節はそうやって移り変わっていく。そういえば、乙女座の神話を聞いたときに、面白いなと思った記憶がある。農業の女神のデメテルの娘ペルセポネは、冥界の王ハーデスに気に入られ、冥界に連れ去られてしまう。そのショックで、女神デメテルは悲しみに暮れ、地上の作物が育たなくなってしまった。ゼウスがペスセポネを返すようハーデスを説得してことなきを得たけれど、ハーデスはペルセポネにざくろの実を三粒食べさせていた。一年の間三ヶ月ほどの間、ペルセポネは冥界で過ごすことになり、その間デメテルは悲しみに暮れ、作物が育たない冬となったのだそうだ。秋から冬にかけて感じる物悲しさは、デメテルの悲しみが伝わってくるからなのかもしれない。かつてこの神話を考えた人々は、変わりゆく季節から、こんな話を思いついて、語り合ったのだろうか。このカーディガンからは、木枯のときの物悲しさが感じられると思う。でも、まるで眠る前に数える羊のようにふわふわとやわらかで、しっとりした触り心地だから、すこしはその物悲しさが紛れると良いのだけれど。ウール、レーヨン、モヘア、ナイロンサイズ:肩幅 80cm/ 袖丈36cm / 身丈55cm付属品:カブトピン(金古美 6cm)モデル:身長169cm(レディースサイズM〜L、メンズサイズS〜M着用)*****これは「マタギ」と名付けたオリジナルパターンのカーディガンです。ジェンダーレス、エイジレスに着られる、ドロップショルダーのシンプルなつくり。オーバーサイズなので、ゆったり着ることもできますし、プラスサイズの方にも着用いただけます。色や糸を変えるだけで、「マタギ」の野生味のある無骨さが薄れ、都会的な雰囲気や、繊細さが出てきたりするのがとても面白いなと思います。また、一点だけの手紡ぎ、手編みのアイテムですので、使っていくうちに穴が空くなどしたら、お直しが可能です。お気軽にご相談ください。
    ¥60,000
    Mais ou Menos
  • もっとみる

損して得をとった話

ここ数日心待ちにしていたことがある。欲しかったクッパJr.のぬいぐるみを買ったので発送されるのを待っていた。 ところが、なかなか出品者の方から発送連絡が来ることは…

強迫性障害やけど

私は大切な物に傷がついてしまうと、それが気になって何度も確認してしまう癖がある。 何で傷をつけてしまった(ついてしまった)のかという後悔と悲しさで何度も何度も傷の…

発達障害グレーゾーンを読んで

自分は発達障害のグレーゾーンのような気がしてるので、何か生活の参考になるかもしれへんと思ったので借りた。 自分は以下のような状態。 ・集中力が発揮されるのが一定…

自分で紡いだ糸

で、編む編み物の感動たるや! 今日初めて、自分で糸紡ぎした糸で編み物をしている。 吉祥寺のアナンダに糸紡ぎを習いに行った時に、練習した白い糸を編んでみて、今まで…

『しょぼい起業で生きていく』を読んで

一言でいうと、気が楽になった。 今自分は休職してるんやけど、サラリーマンだけが働く道じゃないんやなと思わせてくれる本だった。 休んでみて思うんやけど、自分は“普…

最近読んだ本

どちらも村田沙耶香さんの本で、内容は今の“家族”や“結婚”など当たり前のルールになっているものがなくなってしまった未来の話。 この世界では、男性も人工子宮をつけ…