見出し画像

靴とバッグのディスプレイ

こんにちは!

VMDコンサルタントの藤井雅範です。


時々、靴やバッグの展開方法について質問されることがあります。

今日はその一例について書いてみますね。


セルフ販売型陳列

右から3スパンはバッグと帽子の展開

最上段はPP(下に陳列されている商品のディスプレイスペース)
下二段がバッグの型別展開
その上はそれに合う帽子を展開

最上段はファサードから見える位置に設定することで、この壁面まで回遊していただく


一番左の棚は靴の展開

最上段はPP(ディスプレイ)

下4段は売り場

1棚に1型の展開

全色を1足づつ展開し、その中で全サイズが振り分けられるようにしておく。

そうすることで色展開とサイズ展開が伝わる。

POPでサイズ展開を補足するとより伝わりやすい。


この続きをみるには

この続き: 382文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
基本的な考え方から、テイストや販売体制に応じた使い分け、よく見える陳列方法まで。 靴のディスプレイ方法を学びたい方にとって、実践的な内容となっています。

実際に問い合わせも多い、靴のディスプレイについて書いてみました。

または、記事単体で購入する

靴とバッグのディスプレイ

藤井雅範/VMDコンサルタント

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは行動範囲を広げることに使わせていただきます。それによって読む人に役立つ記事を書いていきますね。 いつもありがとうございます!

気に入ってくださり、ありがとうございます!
4
リアル店舗の売上をアップさせるコンサルタントですVMD(ヴィジュアルマーチャンダイジング)の専門職として株式会社ワールドで約29年、独立して5年リアル店舗のコンサルティング、セミナーを行っていますカレーとうどんが好きhttps://vmd-lighthouse.com/

こちらでもピックアップされています

靴のディスプレイについて
靴のディスプレイについて
  • 5本
  • ¥300

実際に問い合わせも多い、靴のディスプレイについて書いてみました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。