見出し画像

好きな音楽のこと、

noteは書くだけじゃなく、意外と読んでいたりする。

文章もすきだし、写真もすきだし、漫画やイラストもすきだから、noteの空間はすきなものでいっぱいだ。

それをすきなだけ見せてもらえる場所なんて最高すぎる、あと居心地がいい。




閲覧履歴にもとづくおすすめで出てくるものは大概ほんとにおすすめで、好みにずばずば刺さってきて、このnoteおすすめしてくれてありがとうすき!ラブ!最高エモい!とよくなる、最高。
(本当に本当におすすめありがとうございます日常が違う価値観や文体や他の方の日常で彩られていくの楽しすぎますありがとう。)


それで、たぶんおすすめで出てきたんだと思うんだけど、よくお見かけするぽんずさんのnoteを読みました。(勝手にお名前出します、失礼致します。)


みんなのフォトギャラリーでも、この写真すきだなあ使わせてもらおうかなあ、とクリックするとぽんずさんってことが割と頻繁にあるので一方的に知っていたのもあって、文章も躊躇することなく読んでいました。

他の方のnoteを読んだあと、うわすきだなと思った時はその方のメインのページに飛んで気になるのをいくつか読むのが癖で(ネットで漫画試し読みしてる時によくするパターンと一緒)、いくつか読ませて頂いている時にたまたま読んだのが、『noteのネタに困ったら読むnote』でした。

へえ〜そんな日がくるんかなあ、ぐらいの軽い気持ちでダウンロードのところをクリックしたらすぐに目に入りました。


「好きな音楽のこと、教えてください」






あああああ、これ苦手なやつだあと思いました。


趣味嗜好のことを面と向かって訊かれると、うわどこまで話していいんだろ、と困ってしまってなんとなく万人受けしそうな上っ面なことしかだいたいいつも返せないけど、音楽に関してはそれがずば抜けている。


考えすぎなのよね。


相手は別に深く知ろうとか新しい情報引き出してやろうとか、そんなつもりなくてただの会話のつなぎとして社交辞令とか日常会話程度でパス投げてくれているだけなのに、自意識過剰なせいか、すごく身構えてしまう。


何言ったら正解なんだろうと思ってしまう。


自己開示が恐らく下手でとてつもなく苦手なだけなのだけど。



漫画ならすきだし長く触れてるし、ある程度の知り合いならそっち方面のオタクってバレているから多少は答えられるけど、音楽に関してはまじでわからん。

漫画も口で伝えるくらいなら大丈夫だろうけど、本棚を見せてって言われたらたぶん無理だと思う。


自分の心の中覗かれるみたいでそわそわしてきっと落ち着かないし、その前に喚くと思う。


音楽はさらにその上をいく感覚で、心の中のさらに奥の片隅にある小さい箱でも開けるような、そんなの誰にも、もしかしたらわたしにも見せていない場所なんじゃないかとすら今書いてて思えてきました。




まず、音楽を普段あまり聴かないのです。


まあこれは若干な嘘で、正確にいうと熱心に音楽を聴いていないのだ。


なんとなく流しているBGMくらいの気持ちでいる。

だからYouTubeで出てくるおすすめ(YouTubeもおすすめだな)をかけてみたり、流行りの音楽を軽く撫でてみたりと、その程度なのだ。


学生の頃はもっと夢中で音楽を聴いてたし、音楽もiPodが手放せないくらい通学中も家に帰ってからも聴いていた。

それこそaikoさんとか、BUMP OF CHICKENさんとか。



今でもまんべんなく当たり障りなく聴くけれど、あの時ほど夢中で聴いてはいない。

誰かよりも熱心に熱烈に誰かのファンでもない。



だから臆してしまうんだ。


これがすきです、って胸張って言えるほど熱心じゃないなあと思ってしまって、勝手にハードル上げて、勝手に敷居を高くして、わたしの入れない場所にしてしまった。


アイドルの曲はよく聴くけど熱狂的ファンじゃないし、かと言ってバンドも聴くけど詳しくないし、洋楽はわからないし、と音楽好きの人なんかにつっこんだ質問でもされたら答えられないしと、一瞬浮かんでは飲み込んでなかったことになる。


だから、普段音楽何聴くんですか?とか訊かれると、あんまり音楽聴かないんですよね〜と答えるのがだんだんわたしの中で定着してきてしまっま。
この微妙な若干嘘が口から出してしまう。



うん、自意識過剰だね。


自分を知られるのが怖いのは相変わらずなんだなと書いてみて納得した。


わたしはいつまで生娘でいるつもりなんだろう、とっくに生娘ではいられなくなったというのに。

人はすぐには変わらんなあ。


これすきです!って言える人は素直にすごいなあと思う、素敵だなあと思えてその人のことが好きになるくらい素敵なことだと思う。




だから、このことを書こうと思った時に今進行形のわたしが好きな音楽はわからないけど、染み付いてきたわたしの中にある音楽たちをいくつか挙げようと思いました。


これもわたしからしたら好きな音楽なんですかと同等レベルのものだけど、それでも嘘なくわたしの中から手を添えて出せるものだと思うのです。

昔とても好きだったとか、ずっと聴いていたものだからとか、わたしの中で理由がはっきりしているから。


進行形でこれが好き!と、好きな音楽が見つかった時は胸を張って書けたらいいなと思います。








ひとつめは、Galileo Galileiさんの『ハマナスの花』です。

これ10年前なんですね、時間の流れにちょっとびっくりしたわ。

出会いはCMでした、auのLISMOのCMだったんです。
カーテンのなびく教室と、桜と、LISMOのキャラクターと、メンバーの皆さん。
未だに強烈に残ってますね、初めて見たときに、うわああこの曲すき!、って思ったんですよねえあの頃はまだ素直でしたね。

たまたま見ていた某歌番組に初登場した時のこともすごく覚えていて、メジャーデビューがおそらく決まっていての披露だったと思うんですが、音楽甲子園のグランプリだと紹介されて、その流れで楽曲が流れたときに、あの好きな曲だと気づき、CMの歌とそれを歌っている人とそれがどういう人たちなのかがわたしの中で一致した瞬間で、それはそれは興奮しました。

自分よりちょっと年上のお兄さんたちが自分たちで作り上げて、実績を残し、この先も音楽をやる場所を手に入れていた姿に、憧れのような、キラキラしたものを見ていたのも含めて、わたしには強烈に染み付いているんだと思います、今でも眩しかったなと思うし、思い返せばあのキラキラはまだわたしの中にあるし、今でもたまに聴き返します。






ふたつめは、Kiroroさんの『長い間』です。

なんでか、iPodに入っててよく聴いてたんですよね。
子どもの頃、車でかける父と母の好きなものセレクトみたいなMDにも入ってて(MD懐かし…)、小学生の頃から慣れ親しんでいる曲です。
多少年齢を重ねてきて、ようやく歌詞の意味がわかってきたような、そうでもないような。

ひとりカラオケだったら歌っちゃう曲です。







みっつめは、2B PENCILSの『初めて恋をした記憶』です。

何を貼っつけていいかわからないので万能Amazon先生にしておきます。

これはもう、神のみぞ知るセカイ女神篇(アニメ3期)を最初から見てからのそのまま最終話を見てくれ…というしか伝え方がわからない、なんとも切ない、とりあえずひとりカラオケで入れたら、ちひろちゃああんとイントロで毎度言ってしまう曲です、伝わらんな、伝わればいいのにな。

とにかくずっとわたしの中にいてくれている曲です。

ちなみに3期から見ても大丈夫かと思います、わたしは3期から見始めました。
ただのハーレムものではないと思っているのでよかったら見てください…思い出して泣きそう。

まさかのアニメの宣伝になった。








さいごは、UNISON SQUARE GARDENさんの『kid, I like quartet』、の比泉秋名さん(cv.梶裕貴さん)バージョンです。

曲紹介の情報量多いな、ちなみにこちらは本家の方です、本家も素敵です。

もうお分かりかと思いますが、この時代によくアニメを見てみた者です。
夜桜四重奏ハナノウタが好きでして、そのキャラソンアルバムの中に、登場人物の秋名さんが歌っているバージョンがありまして、それを思春期の頃延々リピートして聴いていました。

歌詞がその当時のわたしの気持ちを掬ってくれるものだったので、そこに感情をぶつけるかの如く、代弁してもらっているつもりで、どこから沸くかどこへ向けてかもわからない謎の怒りを勝手に乗せて聴きまくっていました。

本家が手元になかったので、秋名さんバージョンをひたすら聴いていましたが秋名さんが歌っているかと思うと、今思うといいなと思いますね、青かったなあ。

アルバムの方はAmazon先生を一応貼っておきます。






今書かせてもらった4曲はやっぱりどれも好きなんだと思います。

今特別に好きというわけではないけれど、それでもわたしの好きな音楽たちです。


でもそれはnoteだから素直にそう書けているだけで、日常生活で好きな音楽なんですかと訊かれたら、やっぱりまだ答えられずに、考えて、そしてまたいつもの返事をするんだと思います。



それでもこの場で、これがすきですと言えて少し嬉しいです。


現在進行形の好きな音楽も見つかったらいいなと思います。










「好きな音楽のこと、教えてください」




素敵なテーマを、ありがとうございました。






まるすけ



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご縁に感謝。それに尽きます。

スキ、ありがとうございます。
11
ちょっとのんびりな人の脳内メモ書き日記。 人生の最終目標は宇宙葬をしてもらうことです。最近書くのが楽しくなってきました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。