小宮 由 こみやゆう(翻訳家)
子どもたちに物語の楽しみを~絵本から幼年文学へ~
見出し画像

子どもたちに物語の楽しみを~絵本から幼年文学へ~

小宮 由 こみやゆう(翻訳家)



今月、22日(日)東京・武蔵野市で講演会を開催します。

今回は、だれでも参加、というわけではなく「武蔵野市の図書カードを登録している方」だけだそうです。

5月16日(月)から受付開始です。

武蔵野市(吉祥寺・三鷹)にお住まいの方、ご都合が合えば、ぜひご参加下さい。

✼••┈┈┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈┈┈••✼

日 時:5月22日(日)14:30〜16:30

会 場:武蔵野市立中央図書館(〒180-0001 武蔵野市吉祥寺北町4-8-3)

定 員:30名(先着順)

対 象:武蔵野市の図書カードを登録している方

申 込:武蔵野市立中央図書館に電話か、2Fカウンターにて

参加費:無料

問合せ:武蔵野市立中央図書館 TEL:0422-51-5145

✼••┈┈┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈┈┈••✼

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
小宮 由 こみやゆう(翻訳家)
子どもの本の翻訳家。2004年より東京・阿佐ヶ谷で家庭文庫「このあの文庫」を主宰。主な訳書に『せかいいちおいしいスープ』『さかさ町』(共に岩波書店)など100冊以上の作品がある。両親・兄夫婦は熊本・西原村で児童書専門店「竹とんぼ」を経営。祖父はトルストイ文学の翻訳家 北御門二郎。