見出し画像

本当にお金持ちが幸せなのか説。

私はまだ高校生ですが、今の時代の風潮に違和感があります。よく有名な人気なインフルエンサーたちがサラリーマンは生産効率が悪い、だから副業とかしたり、いっそのこと脱サラしてより効率のいい仕事をすることをお勧めしています。中には、本当にブラックで辞めることも考えなくてはいけない人もいると思います。我慢や忍耐強く仕事することが日本独特の美学とまだ思っているリーダーも多くいるでしょう。しかし、より効率よく簡単にお金を増やすことが私たちにとって幸せなのかということです。もっと言うと、もし仮に今サラリーマンである人たちの大半が、色んなことを発信しているインフルエンサーの人たち並みの収入を得たとしたら、労働意欲は高まるのでしょうか、多くの人が幸せに暮らせるのでしょうか、私には幸せな社会は見えてきません。むしろ、今の日本と変わらない、よく言う大量生産型の人間しか生まれてこないと思いませんか。収入、地位、学歴、性別、人種、全く関係ありません。今いる環境そこでどういう人として生きていくを考えるのが大切です。最初から成功への道筋は見えないと思います。ある程度の道を進み、進んだ道を振り返った時に明確な道が見えてくるのです。今いる環境が、成功への道だと幸福な人生の道だと信じることが大切だと私は思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます😊😊
8
大学生、人類で一番の優しい心を目指す。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。