見出し画像

自分が大好きなのは良いことです

今日ちょっとした刺激があり、もやもやしていたことが自分なりにまとまったような気がしました。それは、勇気についてです。これは、単にこの言葉だけについてではなく、人生に関係し、人の性格に関係するものだと思っています。

私はまだ大学生ですが、今までの私の人生を舞台にして、勇気を持つことがどれだけの意味があるかを証明できると思います。自分が人として変わったのは、高校3年生の時です、なのでそれ以前の私の性格について、まずは、はなしていきたいとおもいます。私は、人から嫌われない人でした。ですから、たくさんの友達がいました。本当に仲の良い、一緒にいて楽しい、一生遊んでいたいと本気で思える人たちでした。しかし、その友達が他の友達と関係を持ったりするととんでもない劣等感を持ち、自分の存在意義はなんなのかと考えてしまう、自分に自信がない人でした。どうやら、この時の自分は、相手を満足させるために遊び、生きていたのだと思います。しかし、そんな私にも、転機が訪れます。私は小学校から野球をやっていました。高校3年生野球部のキャプテンを努めます。本気で、勝つためのことを考えました。みんなが上手くならないと勝てない。みんなが1つにまとまらないと、みんなが同じ目標を持って、みんなで成長して。こんな風に私は、自分1人で、みんな、を作ることを考えてました。これは部活が終わってから気づいたことですが、単純なことを見落としていました。人は自分でしか、変えられないということです。いくらなにを言ったって、変われるのは自分がどう感じて、どう動くかにかかっています。なにが言いたいかというと、個人として本当にやりたいことをやると言うことです。これはとても勇気がいります。今の人生に満足してない人は、勇気が足りません。妬み、仮説を立て、自分の存在意義を確立させようとしています。それが本当にしたいことなのであればなにも否定はしません。しかし、そういう人は大抵なんだかんだ言って現状に満足しているのです。そういう目標があるからそうなってしまうのです。その道の方が簡単でなんだかんだ居心地が良くて、と思って生きている人は、他人の人生に生きています。人生は自分で描き、選択し、生きるものです。人はみんな平等です。これを読んでくれた人に少しでも、勇気を持てるきっかけになってくれたらとても嬉しいです。人は人、自分は自分です。自分が持つ道を自分だけで歩いて行きたい。


この記事が参加している募集

部活の思い出

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます😊😊
11
大学生、人類で一番の優しい心を目指す。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。