見出し画像

カメラでプロを目指すのに良いレンズ

どんな写真を撮れるかは機材による部分がかなり大きいと思うので、
殆どの人がカメラの機材について調べ続けてるのかなあって思います。
この記事ではカメラの機材についてゆっくり語っていきたいと思います。

自分がカメラを始めたキッカケは、

最高に可愛い女の子を最高の機材で撮りたいという強い思いからで、自分が当時思う最高の機材を購入してカメラを初めました。

画像1

最初に購入したのはSEL85F14GM
女の子を撮るならコレだろうと思って購入しました。
第一印象は誰が撮っても人を綺麗に美しく撮れるでした。
今はこのレンズを買ったことをめちゃくちゃ後悔してます。
バストアップではF1.4の被写界深度を活かすのがとても難しく、
また全身を入れたいと思うと被写体との距離もかなり離れないといけないので使う場所がかなり限定されます。
またかなり離れられる環境となると実質上位互換のSEL135F18GMがあるという問題があります。

2個目に選んだのは広角の神レンズ。

やはり最強の写真を撮るなら単焦点レンズだろうと思い選びました。

画像2

これは本当に最高の写りをするレンズで、この画角に合う写真を撮れた時の爽快感は半端ないです。
しかしこれも今では買ったことを少し後悔してます。
このレンズの欠点は人を撮る上ではフレーミングがとても難しいところにあります。
室内でこのレンズを使いこなせる人はほとんど居ないのでは?って思いますし、細かい画角の調整が出来ないので確実に良い写真を量産することには向いてないのかなと思いました。
要するに最高の1枚を撮るための趣味用レンズかなって思いました。
や、そんな奇跡の1枚狙うのはどうなの?って思います。
ある程度の画角力が付けばカバー出来ると思いますが、とは言え撮れるものが限定されてしまってるのは間違い無いです。
ただSEL24F14GMの真の凄さは、クロップして使えば36mmの標準レンズになるわけですよGMの
とは言え、まずはSEL1635GMを買うべきでしょうね。

レンズ沼へ

SEL24F14GMSEL85F14GMを購入してしばらく立つと気付きます。
これ以上無い最高のレンズの組み合わせなのですが、標準レンズが無いんです。
というか人を撮るなら35mmと50mmが欲しいよねって思いました。
そこで選択肢としては、
Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA
Planar T* FE 50mm F1.4 ZA
の2つが有力候補なのか?とすごく悩みました。
今選ぶなら、
SIGMA 35mm F1.2 DG DN
がかなり良さそうかなと思ってます。
撮る時に、3台持ちして使えばズームレンズ無くても単焦点で撮れるよねっていう最強の作戦を考えたのですがそんなゴチャゴチャした状態で女の子が良い表情出してくれるかっていうと難しくない?って思ったり、
そもそも重すぎて自分が疲れて雰囲気作り難しいよねって思いました。

レンズ沼からの脱却

僕の結論としては、まずズームレンズを買うことかなって思います。
単焦点レンズは趣味の観点や奇跡の最高の1枚を狙うのであれば本当に良いレンズだと思います。
ズームレンズで自分が好きな画角、見せたい画を探っていくことが自分らしさを出す1歩になるんじゃないかな?って思います。
なんにしても、まずはズームレンズが無いことには安定して良い写真を撮ることがとても難しくなるのでプロとして活動していく上では必須だと思います。
自分が好きかもわからない画角で単焦点レンズを買っても不便さを感じると思います。
こんなこと書いてますが、あの有名なイルコさんは24mmレンズと135mmレンズがあればブライダルは撮れると言ってる動画があるので、ズームレンズが必須では無いのはわかるんですがプロを目指す段階でプロと比較するのは違うかなと思います。ま、自分もクロップありでなら撮れるかなとは思いますが。α7Ⅲに135GM、α7R4に24GMの組み合わせならおそらくいけます。

プロを目指すのに良さそうなレンズ

ここまで読んだ人は結論が見えてると思いますが、やっと本題です。

画像3

広角側のズームレンズ。被写体に近づいて大きく背景ごと切り取りたい時や、単に広く写したい時に良いレンズです。35mmにすると標準レンズにもなるので便利なのは言うまでもないでしょう。

画像4

標準のズームレンズ。広角から中望遠手前までの画角を撮れる便利ズームに思えますが、実際使うのは55mm前後の画角かなと思います。
35mm以下を撮るのであれば基本的には広角側のズームレンズを使うほうが良いかなと思います。

画像5

話の流れ的には意外と思う人がいるかもしれませんが、135mmのGMは別格です。
最短撮影距離がかなり短く実質マクロ撮影が可能かつ、
フォーカス速度も爆速で中望遠なので歪まず立体的に撮れる最高のレンズです。
ポートレートで最高の1枚。マクロ撮影も可能。ブライダル撮影で使いやすいレンズでもあります。
とは言え135mmという画角なので広い場所で撮影をじっくり行うハイアマチュア~プロ向け感があるので買うのであれば3番目かなと思います。
ちなみに、何故GMレンズを勧めてるかと言いますと、フォーカス速度が早く高画素にも耐えうる作りになってるからです。安いズームレンズには安いだけの理由があります

お値段は?

SEL1635GM → 約22万円
SEL2470GM → 約22万円
SEL135F18GM → 約20万円
α7Ⅲ → 約20万円

たった84万円で十分戦っていける機材が揃うようです。
自分も時間を戻せるならこの機材を揃えたいぐらいです。だって何でも撮れるので
ボディは長い目で見てα7Ⅲでは無くα7R4を買うかもしれませんが。
というわけで安定して良い写真を撮るための機材紹介でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6