見出し画像

働いてお金を稼ぐだけの人生はしんどい。

投資に対してマイナスなイメージしかもっていなかった亜紀は公務員の傍ら投資家として資産を増やしている純一の話を聞いてなんとなく投資に興味がわいてきた。

休憩を終えた純一は亜紀にこんな質問をしてきた。

「お金儲けをしている人とお金を稼いでいる人の違いって何かわかる?」

儲けるっていうイメージは楽をして、濡れ手に粟で、手間をかけずに、っていう枕ことばがあるような・・・。

稼ぐっていうイメージは自分が働いてって感じ。どっちもお金を得ることだけど、やり方が違う気がするな〜。」

「い〜答え!結果としてお金を得ているのはどっちも同じ。でもどこか働いて稼ぐ方が真面目に労働してその対価としてお金を貰う分、美徳というか良いことしてるっていうイメージあるよね。」

「でもね。この発想こそがどこか生きにくい日本にしている諸悪の根源だなんだ。」


この話は労働者と資本家の違い。埋まらない溝を知る。 の続きです。この記事は無料なので最後まで読めます(^o^)/


何のために働くのか?

最近では大学を卒業したら就職活動をして企業や官庁に勤めるのが当たり前。みんな一斉に就職活動をする。

一人暮らしをしながら大学に通っている学生なら生活費をいくらか親に援助してもらっている人もいるだろう。

でも就職をして働くようになると援助はしてもらえない。なぜなら会社から給料をもらっているからだ。

逆に考えると働かないと給料をもらえないから生活できない。一人暮らしもできなくなるという訳だ。

何のために働くかって?

生きるため。生きるのにお金が必要だから。お金をもらうために就職して働くのだ。そこには好きとか嫌いとかは通用しない。

生活をする大前提として働かないとお金がもらえないから働くという構図がある。

だからみんな当たり前のようにお金を貰うために働くのだ。


いつまで働けばいいのか?

良いか悪いかは人によって捉え方が違うが日本人の平均寿命は伸びている。長く生きるのにもお金は必要だ。日々の生活がある。

会社員であれば退職して年金が貰えるまでだ。でも年金だけじゃ豊かな暮らしができるほど十分なお金はもらえない。

年金で足りないなら定年退職をした後も何かしらの形で労働しなければいけない。

また不幸なことに年金が貰える年齢もじわじわ後ろにズレている。だから必然と働かなければいけない期間も伸びている。会社に拘束される期間までもが長くなっているんだ。

そんなことを考えるとゾッとする。一体いつまで働かないといけないのか・・・。


労働だけがお金を得る手段ではない。

そもそもボタンの掛け違いがあることに気づいた方がいい。お金を得るには働く必要があるが、お金を得る方法は働くだけではない。

どうしたら労働以外でお金を得られるのか?

それを考えるのがお金儲けを考えることだ。まさに手間をかけずに、自分の労力を使わずにお金を得ることだ。

ここを考えないと一生労働に縛られたままのつまらない人生になってしまう。自分の時間なんてほとんどない。ほとんどは会社に自分の時間を買われているのだから。

あなたに家族がいたとしよう。あなたが会社に拘束されている時間が長いほど家族と過ごす時間が奪われている。

配偶者や子供と過ごす時間が奪われている。

これがあなたの望む人生だろうか?

お金儲けを考えないことの方がつらい人生を自ら選択していることにそろそろ気づいた方がいい。


ではお金を儲けるにはどうしたら良いのか?

答えはシンプルでお金が入ってくる仕組みを自ら作ることだ。つまり事業を営むことだ。

ただこれにはいくらかのハードルがある。事業を成功させる必要がある。誰でもできるとはいい難い。

では投資ならどうだろうか?

これならいくらかの元金を用意すれば始められる。小さい頃から貯めていたお年玉だって大学生になる頃にはそれなりの金額になっているはずだ。

やろうと思えば誰でも投資はできる。

これに気づいた純一は早くから投資を始めたのだ。公務員という職業では得られる給料に限りがあるが、投資なら元本を増やしていけばもらえる金額はどんどん増えていく。


こう考えるとお金儲けを考えない理由はない。投資をすることは自分を楽にすることでもあり、家族のためでもあるのだ。

これこそが働いてお金を稼ぐだけのどこか生きにくい人生を変える第一歩だ。

----------------------------------------------------------------------------

【あっきんから一言】

最後まで読んでくれてありがとう!読んだ感想を「 #お金研究所 」でツイートしてくれると嬉しいです!

お金研究所は何のなのか?はこの記事を見てください。

note上でもスキを押してくれるとどんどんクオリティが上がっていきます(^o^)/

質問箱でも質問や要望を受け付けているので気軽に投稿してくださいね〜!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートはいりません。コンテンツが良かったよ〜!という方、こんな記事書いてほしい!とかあったらバンバンSNSで発信してくれると今後の参考になります!!ハッシュタグ「#お金研究所」付けてね!

14
元公務員 / 投資家 / 小説家 / 奈良在住 / 35歳 / 4人家族 / お金に縛られない人生を歩んでいる人。/ブログ「akilog」の著者 https://akilog.jp/