再開編 Boulder CS&PRの奮闘記(14)
見出し画像

再開編 Boulder CS&PRの奮闘記(14)

エンプロイーサクセス事業「Well」を開発運営する企業 Boulder(ボルダー)でカスタマーサクセスと広報PRを担当する坂本です!いきなりですが、バリューアップを目指して奮闘記シリーズを再開します!

考え方の習慣を変えるために、普段の発言や行動から変えようと思ったのがきっかけです。その第一歩として発言量を増す(=ブログ)ことを再開しました!

最初は公開日記調でスタートを切りますが、ゆくゆくはこのフェーズ(Before PMF期)のカスタマーサクセスやPRのプラクティスもシェアできるようになりたいです!!(成果で語れるように・!)

何に向かっている奮闘記か?

大目標: 少しだけ大きな目標を共有させていただくと、私には起業家になりたいという大目標があり、そのために私がフォーカスしているのはBoulderのビジョン/ミッションを実現することです!

小目標:達成に向けて必要なことは山ほどありますが、私はまずはリーダーシップをもつことだと思っています。リーダーシップを持つ上で、現在の自分が身につけたい要素は、絶対的楽観性(=根拠のない自信)をもつことと、課題解決能力を大幅強化することの2つです!

何を奮闘するか?

今できること:そのために今日からできることリストを作りました!奮闘記では、上記目標に関わることをどんどん振り返っていこうと思ってます!

1.絶対的な楽観性(=根拠のない自信)について
根拠のない自信とは、成功を確約するファクトが今この瞬間になくても、成功を疑わない揺るぎない自信だと考えています!この自信こそ身につけたい考え方の習慣なのですが、今できることから考えてみました。

1.1. 発言から変えること(3)
1.1.1 不安起点ではなく自信起点での発言かを考えること。「周りの自信がある方ならどう発言しているだろう」とシミュレーションして考えます!
1.1.2. 今この瞬間を大事にし、日々の出来事を心躍るストーリーに仕立てるならどう話すかを考えること。大切な家族や友達を思い浮かべて、どんなふうに今日を伝えるか考えてみること。
1.1.3. 発言量を増やすこと。習慣にするためにも発言量を増やしていきます!このブログもそうですし普段のコミュニケーションでも!

2. 課題解決能力について
課題解決能力はベーシックなスキルですが、特にパニックゾーンに入ってしまった時は全く使えなくなったりします・・!そんなときはコトよりもヒトや感情に関する課題に目がいってしまいなかなか議論が前進しません。

なので、まずはストレッチゾーンに居続けるために、
2.1. 正しい現状把握をすること(2)
2.1.1. 常々仕事がどのような状況かを整理すること。以前教えていただいたフレームで、業務を「経験xコントローラビリティ の程度」で整理すると対処法がわかります!(この中でも未経験&コントローラビリティの低い業務が盲点になりがちです)
2.1.2. 仕事以外の状況も影響することを忘れないこと。ついつい仕事だけに原因を探しがちですが、学校が忙しくて・・ということもあります!

おわりに
長くなりましたが、あらためてより事業と組織の両方に貢献できるように、出来ることは全てやり尽くそうと思います!!
インターンという立場にも関わらずさまざまな機会にも人にもにめぐまれ、毎日めちゃくちゃ楽しいんだと最近改めて気づきました!こんなに最高なシチュエーションでも生かすも殺すも自分次第だなと痛感します!

それでは良い1日を Have a well day!

坂本 月緒セシルユエシュー 
株式会社Boulder カスタマーサクセス/PR  国際基督教大学
2019年1月にグローバル語学学習サービスを運営する株式会社Lang-8にてマーケティングのインターン。2019年10月にBoulderにインターンとしてジョインし、HRやPRを担当した後、カスタマーサクセスを担当。

==
私は23卒なのですが、最近キャリアのお話を伺えたら嬉しいなと思っており、是非カジュアルにお茶できると嬉しいです!Twitter:@tsukio_cy

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Merci beaucoup !
株式会社wellday Customer Success / Public Relations エンプロイーサクセス事業の「wellday」