新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

漱石『野分』の白井道也と結婚したい。ー読書感想文ー

 こんにちは。七海です。

 このnoteを読んでくれる方が、どのくらいの年齢なのかはわからないのですが、もし読書感想文に困っている方がいたら、参考にしてください。
 「読書感想文の評価軸は、そこにない」の第二弾として、私の好きな夏目漱石作品『野分』で、読書感想文を書いてみようかと思います。

 読書感想文は、好きな作品で書いた方がいいです。
 本を普段読まない人は、映画で知ってる、とか、そもそも本が薄い、とか、そういう基準で読んでいいと思います。

 図書館で借りるのも手ですが、思ったことをすぐにそこに書き込めるというのは結構でかいので、本は買った方がいいです。なんなら、明治~昭和初期の作品ならもう〈青空文庫〉を印刷しましょう。
 よく知らないのですが、「文スト」「文アル」の作家たちはおおよそ青空文庫で読めるはずです。この機会に推しの作品を読んでみるのもいいですね。青空文庫基準でいくと、案外と短い作品に出会ったり、書店に並んでないようなニッチな作品を見つけたり、楽しいです。

 青空文庫で読めるお勧めの作家は〈海野十三〉です。
 基本的にSFですし、短い作品もあり、児童向けもあり、かなり面白いです。『蠅男』なんて、わたし、たぶん青空文庫をさまよわなければ、一生読まなかったのではないかと思います。有名な作家なんですけど、日本文学史にはほとんど出てきませんからね…… 

 とにかく、焼くなり煮るなり食べるなり、自分の自由にできる状態で手元に置くのが便利です。

 で、ここまで勧めておいて、到底〈青空文庫〉印刷なんかで補えないような文量の、夏目漱石『野分』を持って来ます。あほかと思った、自分でも。

 でも好きだから……白井道也が好きだから選んじゃうもん……

 言い訳すると、漱石の作品は文庫も流通が安定してるし、だいたい500円くらいですから、まあまあ手に入れやすいです。お母さんにもねだりやすいですし……500円で手に入る、人生の友です。

 では、手元に作品を置いておいた方がいい理由を説明したところで、『野分』を読んで、読書感想文を書いていきましょう。
 途中、ただの夢女子になってる箇所がありますが、そのくらいいいんですよ、白井道也は……

「あらすじ」と熱のある道也語り

 夏目漱石、めちゃくちゃいろんなことを考えさせてくれるんですよね。彼のものすごい脳みそにインスパイアされて、彼の、ン百分の1とかの、私の脳みそがフルに動き始めるんだと思います。
 「卒論まよったら漱石でいきなさい、どこからでも書けるから」と、指導教授が頻繁に言っていたのにもうなずけます。

 さて、それでは行きましょう。

 今回は『野分』を読みました。以下は非常にざっくりとしたあらすじですが、読書感想文のあらすじはこのくらいざっくり書かないと、「あらすじ」なのか「読書感想文」なのか分からなくなってしまいますから、帯とか裏表紙とかに書いてあるあらすじを、読み終えた自分の言葉で補ったり、間引いたりするようなイメージでいくといいと思います。

『野分』
 金銭的な利益を奉じる「黄白主義」を批判して、さまざまな場所で免職になった白井道也は教師です。彼は「人間が出来上がる」ことを学問の目的であると主張してきました。
 高柳君は、いずれは学問を通じ作家になろうとする学生です。彼は、病気になってしまいます。中野君という友人がおり、世間を悲観する高柳君を心配しています。高柳君と中野君は友人でありながら、対照的な人物と言えるでしょう。
 この3人が、「百円」をめぐってそれこそ「野分」の吹くようなやり取りを繰り広げていきます。

 非常にざっくりの「あらすじ」です。夏休みで暇をしている方、いまこのnoteを読んでいて、『野分』読んだことないな、と思っている方がいるのなら、読んでほしい。めっちゃくちゃかっこいいから。

 野分って、秋に吹く強い風なんですけど、白井道也はまさに風……、好きすぎて、もう7年近く〈白井道也と結婚したい〉と言っています。漱石男子では最推しですね。

 白井道也は、「飄然」と各地を追われていくんですけど、その「飄然」っぷりもかっこいいのですが、「飄然」としてるかと思いきや、結構アツい男なんですよね。
 今日ほど「飄然」って言葉を使う日もなかなか無いぞ。

 自分の思想を曲げない頑固な男なんですけど、彼の場合は思想と理想が一致しているんです。それだけ自分に根差した考えを持っているということですよね。

 加えて、若者の前途を明るく照らす太陽のような男にもなります。
 ちょっと最後が悲しいとも読めるんですけど、というか学生時代は〈白井道也は結局負けるよね〉っていう論文を書いたんですけど、でも今読み返してみると、白井道也は勝った男です。

 ネタバレになりそうなので、この辺にします。
 とにかく誇り高いこの男の小説を読んでほしいです。結婚してくれ!って絶対に思っちゃうので。

 もう、いちばんかっこいいです。白井道也。

 念のため言っておくと、私の専門は太宰治なんです。でも、大庭葉蔵じゃない。白井道也だ。漱石の、白井道也なんだ! 

 漱石の男が好きすぎて、昔から心に「結婚したい漱石男子ランキング」を持っているんですけど、ずっと1位です。

 2人目が甲野欽吾(『虞美人草』)。昔は長野一郎(『行人』)が3人目くらいだったんですが、さいきんは宗近君(『虞美人草』)もいいなあ、と思っています。

 白井道也はバランス型で、クールかと思いきや芯のゴン強いインテリ。
 甲野欽吾は、何かにつけて斜に構えたモノの見方をしますが、いざというときの行動力がすさまじい。厭世インテリ系ですね。
 長野一郎は、ヤンデレ系かなあ、ヤンデレインテリ。
 宗近君は、体育会系インテリです。まっすぐな男です。ほんとイイ。 
 乙女ゲームできないかな、漱石作品の男たちで。

刺さったところを自分に引き付けて考える。

 感想文に戻りましょう。
 まず、何を思ったかを先に書くのがいいと思います。
 私の感想は、〈白井道也、結婚してくれ!!〉ですが、このまま書いたらバツです。マルにするべく、彼の何が私のハートをぶち抜いてしまったのかを書いていきます。

 なにがよかったんだ、と考えます。
 だって本って、ルックスが書かれても、見えるわけではないし。白井道也なんか、ひょろっとしてるくらいしかわからない。

 いやでもかっこいいんだ、その思想がすごくいいんだ。そうだ、ルックスじゃない、白井道也は外見ではなく中身で戦う男だ。

 では、その思想はどこからくみ取ったんでしょう。
 そう、漱石が、白井道也の思考を、白井道也の言葉に反映させて書いています。言葉、セリフがいちいちかっこいいのが白井道也でした。

 〈白井道也の言葉が、とても良い。〉

 もう、感想文の入口なんて、こんな感じです。
 これから、どういうところが、どう良かったのか、を「感想文」として書いていきます。

 まず、この言葉が非常に響きます。新潮文庫版『野分』の、「六」にあるセリフです。

「一人坊っちで、いいでさあ」
「昔から、何かしようと思えば、大概は一人坊っちになるものです。」

 友人中野の付き合いが悪いことを嘆いた高柳君に、白井道也が言った台詞です。白井道也は、自分の言葉に責任を持つ男です。彼もまた、「人間が出来上がる」ことが学問の目的だと考え、孤立しました。己の考える学問の目的を達成しようと思ったから、彼は「一人坊っち」です。

 ここらで、私の経験を書いてみましょう。

 社会人をやめて、大学院生になった時、強く孤独を感じました。同級生はみんなOLで、サラリーマンで、金銭感覚も合わなくなる。コロナウィルスの影響もありますが、誘いに乗れる頻度が圧倒的に少なくなったのです。

 しかし、道也先生は「一人坊っちで、いいさあ」と言います。みんなとちがう道を選んだのだから、「一人坊っち」で当たり前か、と思いました。
 さらに言えば、道也先生には高柳君がいたように、大学院生になった私には、この歳になって新しい仲間たちがたくさんできました。

 道也先生の言葉は、「あるある!」と共感できる部分も多いのです。ただただ理想と誇りの男ではない。
 自らの言葉に責任を持つって、たぶんそういうことなんだと思います。経験したこと、自分で考えたことしか語らない、ということ。目指したい姿ですね。

社会一般に引き付けて考えてみる、まとめる。

 さて、そんな「一人坊っち」の彼が演説をすることになるのですが、この演説も、心を打たれます。

「事実上諸君は理想を以ておらん。家に在っては父母を軽蔑し、学校に在っては教師を軽蔑し、社会に出ては紳士を軽蔑している。これ等を軽蔑し得るのは見識である。然しこれ等を軽蔑し得る為めには自己に大なる理想がなくてはならん。自己に何等の理想なくして他を軽蔑するのは堕落である。現代の青年は滔々として日に堕落しつつある。」

 新潮文庫版「十一」は、主に道也先生の演説です。

「諸君は諸君の事業そのものに由って伝えられねばならぬ。単に諸君の名に由って伝えられんとするのは軽薄である。」

 演説が一番の山場ですが、この言葉たちは2020年の今こそ響くものだと思います。

 白井道也が、さまざまな土地で「紳士」や他の「教師」と対立し、追い出されていった背景には、彼の「大なる理想」がありました。やはり、自分の言うことすべてに責任を持ちます。それでは、私たちはどうか、と思わず考えてしまいます。

 そして次の、「名」ではなく「事業」、つまり自分の仕事によって人々に記憶されろ、という言葉。これは、〈良い人〉が、〈その人だから〉ではなく〈良い人だから〉好まれるということにも似ています。
 さらに、今は個人がなんでもできる時代です。一般人からyoutuberへ、そんなyoutuberも、テレビで見ることが増えました。
 ハンドメイドアクセサリーを売っている人も多いです。〈ティファニーだからイイよね!〉ではなくて、〈この人の作るアクセサリー、イイよね!〉も、当たり前になってきました。
 まさに、「名」ではなく、「事業」そのものが評価される時代です。

 白井道也の言葉は常に、〈何かを成し遂げようとするなら、誰かをバカにしている暇はないぞ〉、〈名声よりも、ものごとの遂行を目指しなさい〉と言っているのです。

 「事業」の時代に、大きな「理想」を持ち、自分の仕事に誠実であることの偉大さを、白井道也は教えてくれます。〈泥臭い〉ことは〈かっこいい〉ことであると、彼はこの作品を通して伝えているのではないかと思いました。

 こんな感じで、感想文ができました。
 〈白井道也と結婚したい〉から、〈白井道也の言葉が刺さる〉と進化して、〈白井道也の言葉と私の経験〉、〈白井道也の言葉と一般社会〉と書いてみました。好きな部分を掘り下げるので、とっても楽しいです。

 おおよその読書感想文が、この構成でイケるかな、と思います。

 あえて、道徳的な落ち着きは排除してみました。落ち着けにいこうとしたら、「そんな人に私はなりたい」となりますが、あくまで白井道也は「結婚したい男」であって、「白井道也になりたい」という願望はないので……。

 もう一度、おさらいしてみましょう。

 ① 何がよかったのか考える。
 ② 何を書きたいのかを最初に持って来ちゃう。
 ③ 刺さった部分を自分の経験に引き付けて考える。
 ④ 刺さった部分を社会一般に引き付けて考える。
 ⑤ 考えたことをまとめる。

 この手順で、「自分の感想文」が出来ます。いいねえ。
 久しぶりに読んだ『野分』ですが、本当におもしろいので、もう一度勧めておきます。本当に好きな作品に出会えた時、人生はより豊かになります!

  ほんとうに、読んで……

この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートをよろしくおねがいします。 綺麗になったり心を豊かにするために使わせていただきます。 あと、学費になります。

ありがとうございます。また覗きに来てください
8
恋をしていました、失恋をしました。 詩人になれるところを、探しました。

こちらでもピックアップされています

国語の授業を受けるコツ
国語の授業を受けるコツ
  • 2本

文学部的に、役に立ちそうな記事を集めてみまし

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。