運動を習慣化にする.
見出し画像

運動を習慣化にする.

D.Kyohei

オヤジが病気になってから、
健康についていろいろ考えてみた。

私は普段から運動はしているほうかな。ランニングは時間があればするし、嫌いではない。昔から走るのが好きだったので、ランニングは30歳になっても未だに好き。

しかし、体力の衰えは凄く感じる。

走っていても、すぐ息が切れる。
身体が重く、足が前に進まない。

先日走っているときに、思いっきりコケた。
しかも、下り道で。足がついっていっていない。
こうしたことがきっかけで、怪我をするのだと改めて、
あの下り道に教えてもらった。ありがとう。


原因は、体重と筋力の低下。
足があがっていなかったいない。太ったのでスピードが出て、それに耐えることが出来なかった。

なんとも情けない。(笑)

体力の低下は人間必ず起こることなので、
オヤジもかなり体力は落ちているのは、間違いない。

病気後は免疫の低下もあるので、運動は気をつけてやらないといけない。

私と同じように走ることは難しいと思うが、
できればスクワットや歩いてもらいたい。

それを習慣化してほしい。

退院してから、しばらくの間仕事にはいけないので、
ぜひ運動の習慣化をしてほしい。

人間は本当に弱い。ランニングが好きなのに、雨が降っているからと理由で走らなかった日は、めちゃくちゃある。

そういった事がないようにTwitterなのSNSで宣言してやったりすることが、一番効果があるのかもしれない。

結局買って損をすることになると思うので、ランニングマシンはいらないと思う。しかし、母親がオヤジにランニングマシンを進めていた。


いらないような気がする。それよりも季節を感じながら外をウォーキングしてほしい。これほどいいオヤジにとっていい運動はないと思う。

しかし、免疫が落ちているので悩ましいところ。

読んでいただいてありがとうございます。

できればフォローしてくださると嬉しいです。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
D.Kyohei

親のサポート費用に使わせていただきます。よろしくお願いいたします。

好きありがとうございます。
D.Kyohei
私の名前はD.kyohei といいます。フリーター。2016年9月から2017年9月アイルランド。 就活失敗、フィリピン留学、アイルランドにワーキングホリデー。親が病気に。今は親の病気の事を主に書いています。その他、海外など。