アメリカ経済の復活と各業界の動き(2021年夏)米国進出のタイミングは?
見出し画像

アメリカ経済の復活と各業界の動き(2021年夏)米国進出のタイミングは?

8click

アメリカの経済は予想よりも早いペースで復活し、パンデミック前よりも良くなったと言われています。GDPを見ると、昨年の最終四半期の1.1%と比較して、2021年の最初の3か月で1.6%成長しました。年間ベースでは、第1四半期の成長率は6.4%でした。

■各業界の動向

実際に、人々が外出するようになったので、アパレル売上が徐々に戻ってきました。下記の表は2017年1月から2021年5月までのアパレル売上です。2020年5月に最低を記録した後は、少しづつですが、回復してきていることが分かります。

画像1

逆に、パンデミック期間中は絶好調だった動画配信サービスのNetflixですが、ここに来て不調です。2020年は記録的な3,600万人の加入者を追加し、世界で最も人気があるビデオストリーミングサービスとなりましたが、2021年の最初の6か月では、加入者の成長が大幅に鈍化しました。同社の最新の発表によると、Netflixはわずか550万人の加入者を追加したのみにとどまりました。人々が外に出始め、家で過ごす時間が減ってきたためでしょう。

画像2

人材不足と輸送費の上昇により、インフレが懸念されるアメリカですが、経済は成長していく予定です。年間では、7.5%の成長が見込まれ、1951年以来の最も良い成長率になるのではと予想されています。

ここまでは、海外パートナー企業が公開した記事の転載です。

■日本企業のアメリカ進出には絶好のチャンス

米国への進出や新商品のグローバル販売開始を検討されている企業にとっては、いまが進出には良い時期だと言えます。

実際、今夏、全米最大の高級百貨店「ノードストローム」が、相当量の当社商品を買い付けてくれました。(10月22日からEC含めた全店で販売される予定です。)

画像3

苦境が叫ばれて久しい百貨店業界の中でも、ノードストロームは早くからオフプライスのラック業態やEC化を進め、今年の第2四半期の売上高は35億6500万ドルで前年同期比100.5%増、純利益は8000万ドルで前年の純損失2億5500万ドルから増益。デジタル販売は、売り上げ全体の40%を占めています。

ノードストロームほど急ピッチで回復を遂げた小売店はまれですが、ここ数ヶ月で、ノードストロームだけでなく、他の小売店のバイヤーからも少しずつコンタクトの回数が増えてきています。

私たちの経験からすると、米国マーケットに進出するための準備(パッケージ、価格の検討、物流の確保等)に数ヶ月かかります。(詳しくは別記事)

アフターコロナを見据え、「何か目新しい商品がないか」とバイヤーたちが本格的に動き出す前のこの時期こそ、米国マーケット進出の準備に一番良いタイミングと言えそうです。

これから海外マーケット進出を考えられる企業様から、すでに海外展開されている企業様まで幅広くサポートしております。お気軽にお問い合わせください。

画像4







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
8click
国内ものづくり企業の海外マーケット進出をサポートする「8click」を運営しています。「海外進出の実務・ノウハウ」「マーケットの最新トレンド」「小売業界情報」など、海外マーケット進出に役立つ情報をリアルタイムに配信しています。https://8click.jp/