8click
アメリカで季節を問わず人気のペット用品は今後も注目カテゴリー!ペットオーナー動向は?
見出し画像

アメリカで季節を問わず人気のペット用品は今後も注目カテゴリー!ペットオーナー動向は?

8click

急速なインフレが懸念されるアメリカですが、2022年3月末までの1年間で、何と8.5%上昇し、1981年以来最も高い数値となっています。
一方で、日本企業にとっては、円安+インフレにより、今まで「高い」と言われていた日本の商品が、決して高級品ではなくなってきています。小売店のバイヤーにとっては、不安定な情勢の中で「調達できる先を増やしたい」と考える傾向があり、海外販路拡大を目指す日本企業にとってはチャンスと言えます。

そんな中、今回は、Amazonでのペットオーナーの消費動向を見ていきたいと思います。
アメリカ人口の24%がペットオーナーに加え、ロックダウン開始後にペットオーナーとなった人口数は全体の18%といわれています。さらにこの第一四半期は前四半期と比べ、Amazon上でペット商品を購入した消費者が18%増加しました。
ペットオーナーたちはAmazonでどんなペット商品を購入していたのか、見ていきたいと思います。

人気の犬関連と猫関連のキーワードは?

Amazon上での犬関連と猫関連のキーワード検索結果がこちらです。

上記のリスト上で、サーチボリュームが増えている商品カテゴリーは、首輪、ペット用シャンプー、ペットのお菓子、ペットフードのようです。それぞれのカテゴリーの第一四半期収入結果を犬用と猫用で比較して見ていきましょう。

ペットフード

ドックフード → 2億5000万ドル 全四半期と比べ12%増加
キャットフード → 7200万ドル 全四半期と比べ10%増加

ペットトイ

ドックトイ → 4800万ドル 全四半期と比べ31%減少
キャットトイ → 26000万ドル 全四半期と比べ31%減少

首輪

犬用 → 1600万ドル 全四半期と比べ14%減少
猫用 → 400万ドル 全四半期と比べ27%減少

リーシュ

犬用 → 800万ドル 全四半期と比べ11%増加
猫用 → 200万ドル 全四半期と比べ517%増加

ベット

犬用 → 4500万ドル 全四半期と比べ11%減少
猫用 → 250万ドル 全四半期と比べ20%減少

小屋

犬用 → 150万ドル 全四半期と比べ46%減少
猫用(キャットタワー) → 300万ドル 全四半期と比べ86%増加

ペットグルーミング

犬用 → 1500万ドル 全四半期と比べ22%減少
猫用 → 100万ドル 全四半期と比べ2%増加

価格帯

全体的に、ドッグオーナーの方がペットにお金をかけているようです。

3月21日から27日間でのペットお菓子の平均価格が$21に対し、猫用は$16以下、ドッグシャンプーの平均価格が$17に対し猫用は$15以下という結果になっています。ただ、ペットハウスカテゴリーになると、犬小屋の平均価格が$50以下に対し、キャットタワーは平均価格が$63と、猫のお家にはお金をかけているようです。

ペット商品は季節を問わず一年を通して販売しやすいため、今後も注目していきたいカテゴリーです。
ここまでは、海外パートナー企業が公開した記事の転載です。

8clickでは、ユーザー企業様の海外進出を支援するさまざまなサービスを展開しております。海外でのビジネスをご検討される際にはぜひお問い合わせください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
8click
国内ものづくり企業の海外マーケット進出をサポートする「8click」を運営しています。「海外進出の実務・ノウハウ」「マーケットの最新トレンド」「小売業界情報」など、海外マーケット進出に役立つ情報をリアルタイムに配信しています。https://8click.jp/