屍人荘の殺人

【ネタバレ少量】「屍人荘の殺人」おもしろかったけれどある1点だけ今の時代にないんじゃない?と思ったので書き留める

高知県須崎市在住の、動物看護師のまゆゆこと 武田真優子 @aisu_dog です。ペット泊まれるすどまり宿「どうぶつすどまりBOOK」のオーナーをしたり、絵を描いて理解の手助けをするグラフィックコネクターをしています。

私は基本的に毎日楽しく過ごしているんですけれど、けっこう閉鎖的な中で暮らしているからということもあって、

例えば、こんな風な情報に偏りがあります。

ニュースはFacebookから(英語のニュース、海外ニュースもフォロー)
テレビないから見ない
FacebookからYouTubeでMVやTEDを見る
書籍
Voicy
旅人さんからの情報
地域の人からの情報

普段はこれで事足りるのですが、イレギュラーなことが起こるエンタメ要素が足りなくて、たまに急に吸収したくなります。

いろいろなタイミングがかち合い、Perfumeの新曲をいいスピーカーで爆音で聞くという目的のために「屍人荘の殺人」を見に行きました。

映画を見た瞬間に、Perfume「再生」のMVの意図が解けました。なるほど。


というわけで、事前知識ゼロで映画を見て、ものすごくおもしろくて驚きました。結構凄惨なんですがPGはないので、お子さまでも見られますよ~。

見ながらいろいろなことを思ったんですが、1点だけ、
これ今の時代に言う…?昔は言っていたのかもだけど、私なら絶対言わないし、今の女子大生は言うのかな…?でも #MeToo とか叫ばれる時代に…?

と、かなり矛盾と疑問を感じたので、書き留めます。
ちなみに、微妙に核心に迫るネタバレを書きます。未鑑賞の方はお気を付けくださいませ。

ちなみに私は、このときはじめて「屍人荘の殺人」の内容を知り、映画を見た足で本屋で文庫本を買い、中身を読み終えています。



-----------------✂-----------------


「ちゅ~してあげる」

これはニュースにもなっているので、ここはネタバレではないのでご安心ください。

映画では、「キスさせてあげる」と言うんです。上の画像の剣崎比留子役の浜辺美波さんが。本だと「ちゅ~してあげる」となってるんです。


【ここから微妙ネタばれ】


今回のこの殺人事件は、いわゆる性暴力被害にあった女性と結果できた赤ちゃんのために犯人が起こしたものでした。

女性の意思を無視した扱いが真相に含まれるのに、別の女性が同じ映画内で物々交換のように自分を好いている男性に、自分を条件に頼みごとをするのかぁ?それをみんながほほえましくニコニコ聞いているこの空間ってなんか今の時代にあるのかな…?と私は違和感を覚えました。

映画館内でも「クスっ」と笑いが広がり、私も男性の必死さに笑ったんですが、そのあとに、あれれ?って思ったんです。


勘違いしてほしくないのは、この映画全体は私は楽しんでみてましたし、見てよかったなぁと思っています。イラストを描いてしまうほどに、山田杏奈さんと浜辺美波さんにドはまりして、Instagramをみて、山田杏奈さんに至っては紹介されていたB.L.T2月号を買ってしまいました。(映画パンフレットもあるよ!)


自分をどう扱うかは自分が示している

これは、似たようなことを書いてある本やブログとか、たくさん出てきますが、

「自分で自分をどう扱っているか」は「他人が自分にどう扱われているか」に通じるんじゃないかなって。

例えば、

「自分なんて」と口にする人は、他人に蔑ろに扱われてしまうかもしれない。

私は心のプロではないけれど、自分も他人にそういう蔑ろな扱いをされていたことがあって、そういう経験があるのと、

周りにそういう人が何人かいるなぁということなので、自分のサイズのお話からここではお話ししますね。


ここでいうと、比留子さんが言った「ちゅ~してあげるから」は、自分に何かしたいときは対価払えばいいよと、相手に示しているということになりますよね。

もちろん、本人がいいよといっているので、性的同意は取れているわけですけれど。。。

もちろん背景として、比留子さんは葉村くん(ちゅ~してあげるといった相手)のことを信頼しているからこそ言ったのだとは思いまし、だれかれ構わず言っていることはありません。


その真相からすると、最後に葉村くんはこの点を断ったりしたらすごい素敵だな~なんて思ってたんですが、それはなかったです。

この時点で私は映画しか知らずに、映画だけの要素なのかなとも思ったんですが、ちょいエロ要素は本の中にもありました。まあ、葉村くんが主人公だったから、なのかなぁ。


真相が性暴力被害ではないのなら、私もちいさな違和感だけで終わったまたは気づかなかったかもしれないんですが、1点だけ、そこだけが今回は気になってしまいました。

他に見た方、どうなんだろう。


女子大生の皆さん、ぜひ今どきのリアルを教えてくださいまし。。。

「おばちゃん」と呼ばれて、そういえば35歳だった!と改めて気づいたまゆゆがお送りしました。


屍人荘の殺人、間違いなくおもしろかったよ!見てみてね!!

(ヘッダーは思いがあふれてしまって書きました。ちなみに下書きなし、そのまま紙に書きました。ちょっといびつな感じがあるのはそんなわけです)

屍人荘の殺人


まゆゆ

ほな、また!


💕
3
獣医療をわかりやすくイラストで。高知/サービス付きネコホーム「ねこセカンドハウスこむぎ https://note.mu/pta_moff 」/ペットと泊まれる宿「どうぶつすどまりBOOK https://note.com/doubutsu_book 」経営/専門学校講師。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。