見出し画像

【参加者募集中】きく・かく・えがく~ファシグラキャンプ!~

みなさんこんにちは!ファシリテーターのいわしーです。
この度一緒にファシグラ・キャンプを企画する「青木マーキー」さんは日本で初めての会議ファシリテーション専門事務所を設立したファシリテーターです。

初めて愛媛でご一緒した時は、「川のように自然体でありながらも、しっかりと核心に触れる方だな」というのが第一印象でした。何より、“問う力”が高く、なぜ?どうして?と常に問いながらも話を進めていく様子は、まるで森全体を見ているような仙人のよう。

さて、今回のファシグラ・キャンプは“やりながら学ぶ”ことに重きをおいています。自然の中で、みて・えがく、きいて・えがく。昔でいう象形文字のように、形や相手の気持ちを写し出してみる。

座学では体験できない感覚を自然の中で掴み、そこから学びを得る。そんな2日間を一緒に体験しましょう!

⛺自然の中で一緒に学ぼう、ファシグラ・キャンプ in 淡路島
\きく・かく・えがく/
~ファシグラ・キャンプ!~

非日常の自然の中で、
自分、自然、相手…と きく・かく・えがく 体験を通じて、
ファシリテーション・グラフィックのスキルを一緒に学びましょう。

■日程
2022年10月8日(土)〜9日(日)
一泊二日(キャンプ泊)
※テント泊あるいは電気・ガス・水道が通っていない古民家での寝袋泊となります。(そういうのは無理!という方は、近隣の旅館を自身で予約して、日中のみ参加も可能です。申込時にご相談下さい)※古民家にお風呂はありません。希望者は車で10分の温泉に出ることは可能です。

■場所
〒656-0341
兵庫県南あわじ市津井1348 津井の家「琴屋」
◎交通案内:朝9:00に神戸三宮を出るみなと観光バス淡路島特急にのって頂ければ、間に合います。https://minatokankobus.com/express/
自家用車の方は、直接会場へどうぞ

■参加費
30,000円(税込み)
定員:7人

■ざっくり日時(仮)
《1日目(きく→かく)》
現地集合:10時ごろ
・きくってなに?
・きいてみよう~自分の体の声をきく、自然と相手の音をきく~
・いま、どんな感じ?
・焚火を囲んではなそう→かこう

《2日目(かく、えがく)》
・1対1ではなして、きいて、かく
・ファシグラ講座~何をどうかくの?~
・自分たちで実際に話し合ってみよう
・決めたことをやってみる時間
・2日間のふりかえりをかく→これからをえがく
現地解散:17時ごろ

■講師・スタッフ
・ファシリテーター
青木将幸(マーキー)
1976年生まれ。淡路島在住。コロナ・インパクトを受けた瞬間に「ファシリテーター廃業宣言」を出して、オンライン会議ファシリテーターに生まれ変わる。現在は、リアル会議、オンライン会議に加えて、アウトドア会議にもチャレンジ中。字はきれじゃないけど、気にせずがんがんかくスタイル。
毎週木曜日開催している「みんなの森のサロン」では、ゲストのお話を2時間かけて模造紙にかききっている。

友人に撮ってもらったと嬉しそうに話す、青木マーキーさん

・グラフィックレコーダー
岩下紗矢香(いわしー)
1991年生まれ。愛媛を中心に多拠点生活中。大学時にファシリテーションの授業を受け、誰もが安心して自由に発言できる場づくりに興味を持つ。
卒業後は、愛媛の田舎の会社で休み返上で働きながら、ときに農家のおじいちゃん達と飲みにケーションの日々。柑橘にまつわる商品開発やブランディングなどに長年携わり、その土地にある、人・こと・ものに価値を見出して発信することのやりがいと楽しさを知る。

昨年夏に退職し、現在はブランディング特化型ファシリテーター/グラフィックレコーダーとして活動中。公園や森でラジオ体操するのが好きで、昔からやってみたかったソロキャンの準備を着々と進めている。

趣味は生花。散歩の中で見つけた草木を思わず観察しちゃう。

■事前申し込み制
お申込みはこちらから。参加希望の方はGoogleアンケートにご記入をお願いします。

※お申し込み〆切:10/3(月)
※準備物、キャンプ宿泊、ごはんについて等の詳しい内容は
 追ってお知らせしていきます!

今回の会場「琴屋」については以下のURL先の取材記事にも詳しく掲載されています。雰囲気がつかめるかなあと思いますので、ご興味あるかたはぜひに。
http://recominca.jp/cn6/pg419.html

ここで火をおこしたり、キャンプしたりな二日間、楽しみです。

~最後に今回一緒に開催するマーキーさんから一言!~
みなさん、こんにちは。
ファシリテーターの青木マーキーです。

このたび、愛媛の板書屋さんである「いわしー」といっしょにファシグラ・キャンプを開催することにしました。いちど愛媛の旅館で一緒にお仕事をしたときに、いわしーの仕事ぶりを見ましたが「今、まさに伸びている最中の逸材」と僕は感じます。

少し涼しくなってきた秋・キャンプでも、しながら、ファシリテーション・グラフィックについて、じっくり学びましょう。人類の会議や話し合いの歴史を振り返ると、その根源は、火を囲んで野外で語る場ではないかと思っています。

日本だと縄文時代。ほかのどの時代より、人々は争わず、だれかを搾取せず、互いに助け合っていたのではないかと推察します。そんな時、人々は何を大切に話し合っていたのでしょうか? そして、どのようにきき、かいていたのでしょうか。

原初の時代に立ち戻り火を囲みながら「きく」と「かく」をじっくり深める2日間。どうぞお楽しみください!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いわしー| ブランディング特化型ファシリテーター@えひめの板書屋
一人一人が活き活き発言できる場作りを一緒に作る人🗣|前職で加工品・コスメ商品開発に携わる🏃‍♀️| 鹿児島→愛媛|2ヶ月に1回鹿児島で☕思考の整理カフェ開催✍️|#グラフィックレコーダー| #ファシリテーター|https://linktr.ee/sayaka_iwashita