サムネ

【ゆるつく】 光るメガネ

こんにちは!
大阪に生まれたものづくり集団、【ゆるつく】です。
週末にゆるく何か作ろうの会。最近ゆる○○系流行ってますね。

まさかの初回で予想以上の反響だったので急遽まとめ記事を書きました。

画像1


第1回の作品は【光るメガネ】です。

アニメでよく見ますね。
発案者曰く、サイバーパンク2077の光るジャケットを見ながら興奮してるメンバーのメガネを見て思いついたらしい。
サイバー、かっこいい。。。


〜製作編〜

画像2

朝、ものづくりの聖地ダイソーに集合。

4人で店内をうろうろ


画像3

最近は写真撮影OKらしい。ありがたい。


画像4

画像5

今日の材料を順調に集めてゆく。
光るメガネに使えそうな老眼鏡やサングラスを真面目に探す。


>>>作業部屋

画像6

画像7

作戦を練る。


画像8

まず老眼鏡のレンズを外す。
溝にはめてあるだけなので、力をかければすぐ外れる。


画像9

試しに塗装してみる。


画像10

反射しそうな銀色のラッカーで塗装。


画像11

こんなかんじ。


画像12

あれ?完成で良いんじゃ?

まぁ、もちろんここで終わる事はない。


画像13

これはLEDテープ(クリスマスイルミネーションとかで光ってるやつ)
電池を繋げると光る。


画像14

カバーをはいで導線を半田付け


画像15

テスト
光る

これはいけるぞ。


画像16

こんな感じで。
ここで確認しておこう。完成してもメガネが光る。それだけなのだ。


画像17

レンズを抜いたメガネ枠に両面テープで貼り付け。
分厚い枠に助けられる。


画像18

なかなかよさそう。


画像19

とりあえず光らす。
サイバー感


画像21

ここでトレース板キットを用意。漫画家さん?が使う光る板だ。
行きつけの電子部品店「デジット」(大阪日本橋)で購入。
1000円くらいだったはず。
勿論、本来の用途では使わない。トレース板、ごめん。
無かったら乳白色のクリアファイルとかでも良いかも。


画像22

なにか特殊なフィルムを使って光を拡散させてくれるらしい。
これは使える。


画像23

表面のフィルムに光を当てて実験。


画像24

この膜をレンズ型に合わせて切って、


画像25

ある程度大まかに切ってから合わせていく。


画像26

溝に合わせるの難しい。
ここが光るメガネのクオリティを左右するのだ。


画像27

入れ込んで、


画像28

おぉ...


画像29

3枚膜になっていて、直ぐにバラバラになるので半田で溶接


画像30

この膜をはめ込んだら、元あったレンズをホットボンドで後ろから付ける。
これで膜と銀に塗ったレンズの間で反射するはず。
まぶしいので空いたスペースは黒塗り。

重要なポイントとして、もう前は見えない。


画像31

完成。電池ボックスはスペースの関係で外に。
漂うサイバー感


〜撮影編〜

画像32

思ったより完成度が高い光るメガネが完成した事に我々は興奮を禁じ得なかった。


画像33

絶対良からぬ事考えてるよね??


画像34

街へ繰り出すしかない。
適当なコメントも生死を分ける重要な発言に聞こえてくる


画像35

特殊なパワーを感じてくる


画像36

我々は外へ出た。
とりあえず駅で光らせてみたが、特に意味はない


画像37

窓を向くだけでサイバーになる。
だが前は見えない

周りからは目立つのに自分自身は見えない。サイバー


画像38

超推理で犯人を追い詰める。が、犯人の居場所は分からなかったようだ。

画像39

むしろお前犯人なんじゃ...?


画像40

推理に飽きたので、次はエモさを加えてみた。

PV感が出てくる


画像41

周りには流されない。輝き続けるんだ。このメガネのように。

ハマってきた


画像42

かっこいい


画像43

画像44

システムエラーの前に立つだけで私がやりました感。


画像45

画像46

案の定絡まれる


画像47

かけてみると分かる。
前が見えない上に好奇の目にさらされる不安が。


画像48

重圧からか、本来の目的を完全に見失ってしまった。


画像49

そして、何かに目覚める。


画像50

結果
周りから見ているのが一番楽しい。中の人は疲れる。
普通のグラサンと思う人も多かった(と思う)
あまり浮かなかったが迷子にならなさそう。
光るだけでPVだった。

ゆるさ何処行った?
でも工作が簡単なので続けられそう ←ここ重要

ということで次回もお楽しみに!


今回の電子部品が買えるお店:
デジット >>>〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋4丁目6−7
ダイソー >>>最寄り






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
163
メカでジョーク、でも本物。

こちらでもピックアップされています

ゆるつく製作記
ゆるつく製作記
  • 1本

大阪で活動する ものづくり集団、”ゆるつく”です! 作品の製作秘話を"ゆるく"記録しています。

コメント (7)
かわいいです!
面白すぎる❗
イイナー?!職場だったらコノ楽しい時代?!新卒で奈良研究所と称していたベンチャービジネスが奈良西大寺雑居ビル1フロアで夕方、缶ビールで喉を潤しながら日本橋で購入した部品を半田付けしてたと思いだした?!研究所を名乗っている所為でショボイ街のショボ過ぎる自称発明家の相手をし無ければ成ら無い事もあったが?!経営者が規模を大きくして南港に自社ビルを建てたのは良いが経理的に破産し大手企業傘下として結果会社ごとリストラされ私自身はエッセイ『働き方改革』https://note.mu/michizane/n/n0d6a87795b77
に述べた事態に成ったと繰り言を未だに言っている!大きな会社にする場合は気を付けてねと言う事だ!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。