見出し画像

NovelAIを少しだけしか触ってない人に色々説明1(ざっくり知識編)

852話

この記事はNovelAIで生成を何度か行ったことがあるけどそんなにドはまりしてない的な人向けの便利なサイトない?これって結局どういう意味?なまとめ記事です。

ある程度自分がTwitterでつぶやいたことの重複にもなるので適当に読み飛ばしてください。

2022年11月28日時点のNovelAI公式webを使用した記事内容になってます。


・便利サイト紹介

個人サイト

『魔術書』 by Plat https://p1atdev.notion.site/p1atdev/611b109989c54ffca6219edd95d1b247

Platさんの魔導書ページはとても見やすく呪文と効果、出力例がまとまっています。しかも大量。ここを見るだけでも解決する悩みがあるかも。


キャラのポーズ・位置・視点の呪文の一覧 by さと https://gamedev65535.com/entry/prompot_position/


構図系の特化情報。要素よりも画面のアングルとかを設定したい時に見たいサイト。


NovelAI Diffusion 髪型研究その① 短髪 by まくぽり https://note.com/mkpoli/n/n4accf6cec905

髪型指定の特化情報。ピンポイントで出したいものがある時に非常に助かります。


元素法典(台湾の呪文研究 リッチな絵が出せる)


『元素法典』第一巻 by 元素法典制作委员会 

『元素法典』巻ノ一(日本語訳) by さいP(彩piyo) 

『元素法典』第一又二分之一卷 by 元素法典制作委员会 https://docs.qq.com/doc/DWGh4QnZBVlJYRkly

『元素法典』第二巻 by 元素法典制作委员会 https://docs.qq.com/doc/DWEpNdERNbnBRZWNL


배경학개론 (背景學概論)(元素法典に近いキャラの背景に関してのまとめ)



元素方典型のプロンプトをコピーペーストする際に注意が必要な事があり、
プロンプトに記載されている()というカッコは実際のNAIだと意味をなしません。
これは研究している大元のコミュニティがNAIのリークモデルを使用しているからではという話があり、実際にNAIで同様の効果を期待するには多少書き換える必要があります。
()で数値が1以上の強調になっている場合は{}に置き換える。
()の数値が1以下に弱体されている場合は[]に置き換える。
それでも完全には再現できないので、各自の調整が必要になってきます。
このカッコはテキストエディタなどでも一括の置換は出来ますが

こちらのサイトを使うとコピーペーストで()部分の置換をしてくれるので便利です。(稀に置換されないものがある)

その他

NovelAI Tag Experiments(大量のタグ研究)

辞書的に。作風から画材からエフェクトからなにまで本当に大量の情報があるがサイトが重い。

metadata2go

NAIなどで生成した画像のメタデータが見れる。
prompt・negativeprompt・steps・sampler・seed・strength・noise・scaleが見れる。ので、textとかでメモ取らなくても、忘れてしまったプロンプトをあとから画像をアップロードすることで情報を確認できます。
AI投稿サイトAIPICで登録して投稿ページに画像を選択することでも見ることが出来ます。めちゃくちゃ便利。


・プロンプトの色々

■プロンプト・トークン(一区切り)について

プロンプトをモデルが読み込む際の一区切りをトークンと呼び、NAIでは225トークンまで使用できます。
基本的に75トークン毎に1つの文節として区切られる。ので、1トークン目と76トークン目が強い影響が出るらしい。プロンプトは先頭側のタグほど影響が大きく後ろに行くほど影響が小さくなるという特徴があり、前の単語は後の単語に影響するが後の単語は前の単語に影響しにくいらしい。どうしても入れたい要素は頭に、クオリティアップ系のおまじないは後半に入れたほうが良いようです。
自分がどのくらいトークンを使っているかは、NAIのプロンプトを入れるテキストボックスの右端、generateボタンとの間の白いバーにマウスを重ねると「xxx/225tokens」が見れます。英語が1単語で3トークン使ってる時もあり白目剥きます。


■{}と[]と()の違いについて

NAIでは{}でタグを強調することが出来、[]でタグを弱化させることが出来ます。WebUIなどで使われる()は基本的に効かないと言われてます。
影響が強すぎるプロンプトは[[[[[[プロンプト]]]]]]のように囲むといいです。
ポジティブプロンプトにもネガティブプロンプトにも使えます。

■使える記号について

同じseedで「,(カンマ)」「+(プラス)」「;(セミコロン)」などをプロンプトに無意味に足すことで微妙な差分が作れます。
「|(バーティカルバー)」で分けたプロンプトは|前と|後で2種類に分けられ、その2つがmixされるらしいです。が、コントロールが大変難しいです。

■QTを切る

Add Quality Tagsという右下のチェックボックスはデフォルトでオンになっており、これが入っているとプロンプトに自動で「masterpiece, best quality,」のプロンプトが追加されます。
masterpiece,は女の子の絵柄が俗に言われる「マスピ顔」「NAI顔」になる要素なので、別の絵柄で出したいときなどはQTをオフにするといいです。

■LQ+BAは何?

Low Quality + Bad Anatomyという、右下にあるプルダウン。
fullで入れると
nsfw, lowres, bad anatomy, bad hands, text, error, missing fingers, extra digit, fewer digits, cropped, worst quality, low quality, normal quality, jpeg artifacts, signature, watermark, username, blurry,
の18ワードがネガティブプロンプトに追加されます。

■「3d」をNPに入れることで絵の立体感をコントロールする

NAIは立体的な塗りで出力されがちです。それを解決する方法。

未調整

同じプロンプトと同じseedで、ネガティブプロンプト(右下のテキストボックス)に「3d」を入れるだけで平面的な絵に出来ます。

これがNP末尾に「3d」
NP末尾に「{{{3d}}}」
NP末尾に「{{{{{{3d}}}}}}」 AI 無編集

■あと一歩のt2i画像をi2iで好みの画像に出力しなおす


NAIのt2iで出力した「もう一歩」の絵をNAIのi2iでいい感じにする方法。

未調整
i2i後

i2iのStrengthを0.5以下0.35前後 Noiseを2未満0.15前後で調整する。 ポジティブプロンプトは何でもいいです。

【元絵】 P solo, girl, harajuku, colorful, jirai, fashion, outdoor, dramatic angle, NP blush, pink QT入 LQ+BA入 Steps28 Scale4 Seed3615328597 【i2i絵】 P loli NP {3d} QT入 LQ+BA入 Steps50 Scale11 Seed1382315360 Strength0.36 Noise0.17

i2iのポジティブプロンプトは何でもいい。今回は元の絵より幼くなってほしかったのでloliにしたが、「girl」でも「,」でもいいです。元の絵に要素を足したいならそのワードを入れてもいい。ただし、強くは効かないので期待しない程度に入れる。 あとは運に任せてクレジットをひたすら消費しましょう。

■StepsとScale、Samplerの話

・Steps
単純に、Stepsを20から50まで上げていくとその分絵のクオリティが上がりやすくなります。

・Scale
2.5から11まで、上げれば上げるほどプロンプトの影響が強くなります。
下げれば下げるほど絵がぼやけますが、全体の絵幅が自由度広がります。

・Sampler
アルゴリズム。出力手順です。
○k_euler_ancestral
NAIのデフォルト。キャラが得意でプロンプトが効きやすい。
○k_euler
背景とエフェクト系が得意。人物の描画はたまに不安定。
○k_lms
塗りが特徴的だが人物は安定しない。
○plms
はっきりした塗りになる。いい出力のときとそうでない時の差が大きい。
○ddim
手がかけないが書込みが多い印象。

Samplerまで凝りだすとかなり沼なので程々にk_euler_aとddimくらいしか触らないほうが無難な気もします。

・その他雑多な小ネタ

色移り

指定した色が別の要素に移ってしまう現象。髪色に指定したのに服や目の色に色が写ってしまうこと。「Transformer」という根本の機械学習モデルの仕様で、プロンプトなどで頑張って補正することは出来ても確実な解決策はないらしい。


以前まとめたプロンプトとか

初期の初期なので初歩的な情報しか載ってません

可愛い絵メインのプロンプト紹介です。



今回は文字多めでしたが、そんなに重要ではないけど知ってるとより役に立つ、使い方に近い部分の話でした。
次回はプロンプトと出力結果を実際に載せながら自分の好きな「いい絵」を出力する記事を書きます。そのうち。

おわり

前の記事はこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!