見出し画像

目まぐるしい時代の変化に対応しながらサービスインテグレータとして生き残る秘訣/代表 中尾達也

タンバリンは元々純粋なSIerではありません。ユーザーに近いところで開発するWeb制作会社から始まりました。だからこそ、お客さんやコンシューマーの目線をとても大事にしています。
“人”のことを何よりも考えるものづくり、そしてSIerの未来を代表の中尾に聞きました。

※当記事はオンラインインタビューをもとに作成しました。

プロフィール

中尾 達也 / Tatsuya Nakao
株式会社タンバリン 代表取締役CEO

デジタルプロダクションの老舗・株式会社TAMのテクニカルディレクターを経て、2015年9月に株式会社タンバリンを設立。SalesforceやHerokuなどのクラウドプラットフォームを活用したコンシューマ向けWebサービスの開発やマーケティングオートメーションの導入を多数手掛ける。
Twitter @tamb_nakao

ただ開発するだけでなく、1つのチームとしてお客さんと伴走する

――いまでこそタンバリンはSIerと名乗っていますが、元々はWeb制作から始まったんですよね。

そうです。僕自身のキャリアもそうなので、仕事のやり方自体もSalesforceというクラウドプラットフォームをベースにシステム開発していることが多く、純然たるSIerではなく、すこしハイブリッドな感じがあります。もちろんメンバーの中には、純然たるSIerで経験を積んできた人もいますけどね。

そういう立場からお客さんが求めるサービスやシステムを考えたときに、困っている部分は何かを客観的に見て、適したデリバリーは何かを考えながらものづくりをしています。

――ほかのSIerとの違いは何でしょうか?

ただお客さんから依頼されたものを開発するだけでなく、1つのチームとしてお客さんに寄り添い、結果的には上流からサービス設計的な部分まで担うところでしょうか。

正確にはコンサルティングと言えるかどうか分かりませんが、僕らは「何でこのシステムを作るんでしたっけ?」「これはちゃんとユーザー目線で使いやすいサービスになっていますかね?」などの問いかけをいつもくり返します

これは、元々サービスを利用するユーザーに近いところで開発経験を積んできた会社だからこそ。お客さんやお客さんのカスタマーにとっていいものを作ろうという気持ちを大事にしているからです。

システム作り自体よりも、それを手にした人がどう感じるか、それによりどういう風に行動が変わるかを意識していろいろ提案するのがタンバリンだと言えるでしょう。

あとはいい意味でお客さんの要望に対して柔軟に対応するところ。その一方で、何でも受入れすぎちゃって逆に迷惑をかけちゃうこともあるんですけどね(笑)。だから柔軟に対応し過ぎるのもよくないなとも思っています。

けれど、できるだけお客さんに寄り添ってお客さんが目指すものを一緒に作りたいという想いが大きいんですよね。

目まぐるしく変化していく時代に合わせた開発組織とは

――いまSIerにはどういうものづくりが求められているのでしょうか?

いまは市場も世の中も目まぐるしく変わっていく時代ですよね。いまからゴールを想定しても、果たしてそのゴールに達したときにも正解だったと言えるかは誰にも分からない

例えば2年規模のプロジェクトの大きなシステムを構築する場合、あらかじめゴールを決めてスタートしても、完成する2年後には市場とミスマッチになる可能性が大いにあります。

それを避けるには、ユーザーやカスタマーの反応を受けながら、果てしなく細かいトライをくり返して構築していく必要があると思います。

結論ありきではなく、答えの見えないものに対してデータを取り、検証をくり返すなど柔軟なアプローチが必要になります。大きいものをいきなり作るのではなく、小さなものをコツコツ作りながらアプローチしていく。そういう作り方が求められると思うし、私自身それができる開発組織を作りたいと思っています。

画像1

――そういう開発組織を作るために取り入れたのが、アジャイルやスクラムということですね。

そうです。お客さんが大手企業だと連携するシステムは膨大です。それらを一気に構築しようとすると、時間もお金もかかりますし、計画通りに進むことはまずありません。最初に第1フェーズで小さく作り、次に第2フェーズで少しずつ繋げていくやり方がいいと思います。

そういうものづくりに必要なのは、エンジニアもお客さんのビジネスゴールや目的をしっかり把握し、何をどういう風に進めれば成果が出るのかをチーム全体で把握しながら進めること。

誰かから指示された目の前の仕事を、何を達成すればいいのか分からない状態で進め、ただただこなすだけでは決していい成果は出ません。

これまではPMやSEが代表してお客さんの要望を聞き、それをもとにエンジニアは開発に集中するというやり方でした。そのやり方が悪いわけではありませんが、プロジェクトが複雑化すると対応しきれない部分が出てきます。

実際に作った人間でないと検知できないリスクが多くなるので、エンジニアもプロジェクト全体を把握し、広い視野で意見を言える状態を作った方が後々のリスクヘッジに繋がります。

タンバリンがアジャイルやスクラムを取り入れたのはそのためです。これらの手法が優れているからではなく、目指すものづくりを達成するためにどうすればいいか考えた結果、たどり着いたのがアジャイルやスクラムという手法だったのです。

10年後のサービスインテグレーションを見据えて準備し続ける

――この開発手法を取り入れてから変化はありましたか?

プロジェクトによって向き不向きがあるのでまだごく一部にしか取り入れていませんが、実績は出てきています。

エンジニアがいいと思う手法を自発的に選択して進めることが推進力になったり、エンジニアがお客さんと直接対話して最も効果的な手法を提案して喜ばれたり。

ただその分、エンジニアに負荷がかかっているのも事実なので、そこは採用強化で解決していくつもりです。

エンジニアが打ち合わせに参加して全貌を理解したり、チームみんなで情報共有したり、開発にペアプログラミングを導入するのは手間がかかるので、一見適切でないように見えるかもしれません。

けれどそれはある意味、視野の狭い話。こういったすごく小さな積み重ねによって、結果的に効率がよかったよね、いい価値も生み出せたよねとなると思っています。

――今後の展開を教えてください。

まだまだ現行でスクラム開発しているのは東京と大阪の一部のプロジェクトです、それ以外はコミュニケーションを促進させるための「週次のリファインメント」や「朝会」を導入する形で個別に取り組んでいる状態です。

けれど2020年8月までには、半分くらいのプロジェクトを徐々にスクラム型に変えていく予定。

いまはパートナーにも取り組みの中に入ってもらい、僕たちのやり方を共有し、やれることの範囲を広げているフェーズ。できるだけ多くの人たちに僕たりのやり方を理解して協力してもらうため、知識を伝播していく仕組みづくりに積極的に取り組んでいます。

画像2

――最後に、10年後のSIerはどうあるべきだと思いますか?

働いた時間よりも提供した価値をベースに対価をもらえるようになっているといいですよね。

何日稼働したかではなく、よりお客さんやコンシューマーが求めているものを提供することでお客さんの売上やエンゲージメントが上がり、その価値に対して対価をもらう関係性が理想です。

働いた時間がベースというのは、頑張っても頑張らなくても一緒だということ。けれど真っ当に考えれば、短い時間で成果を出した方が世の中のためなのは明らかだと思います。

何より怖いのは、本当にそういう時代が訪れたときに何も準備できていないこと。

そうならないために、いまから新しいビジョンや価値を自分たちで見つけて組織として実行し続けるマインドこそが大事なんだと思います。

そういう意味では、自分たちのあるべき姿は何なのかを常に考え、行動し続けることが代表としての僕の任務なのだと思っています。


★タンバリンに少しでも興味をもってくださった方は、ぜひtambourine magazineをフォローいただけると嬉しいです。

★現在募集中の職種は下記に掲載しています!ぜひ、お気軽にご応募ください。


あなたはどんなPARTYを組みたい?
13
株式会社タンバリン(https://www.tam-bourine.co.jp/)広報担当アカウントです。タンバリンの各メディアはこちらから→https://linktr.ee/tambourine_inc 「Let’s PARTY!最高のチームになろう。」

こちらでもピックアップされています

tambourine magazine
tambourine magazine
  • 111本

株式会社タンバリンのことを、もっともっと知ってもらうためのマガジンです。公式メディア一覧→ https://linktr.ee/tambourine_inc

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。