見出し画像

SWTT2019に出展します!受託開発がメインのタンバリンが伝えたいこと/サービスディベロップメント鷲野貴行・プロダクトマネージャー白石尚也インタビュー

Salesforce関連で国内最大規模のイベント「Salesforce World Tour Tokyo(SWTT)」の時期がやってきました。タンバリンは今年で3度目の出展になります。自社プロダクトやサービスを持たない、受託開発がメインのタンバリンがSWTTに出展する意味とは何なのか。今回の出展リーダーを務める鷲野貴行と、セッションに登壇する白石尚也にインタビューしました。

プロフィール

鷲野 貴行 / Takayuki Washino
株式会社タンバリン
サービスディベロップメント / UXストラテジスト

システム開発やWeb制作が主体のタンバリンで、クライアントのプロジェクトに最上流から入り、サービス改善や顧客との関係強化、既存事業のデジタルシフトを支援。コンセプトや戦略策定、リサーチ及びアイデアの具体化や実装、PDCAサイクルの定着まで行う。
実績は、製薬会社のBtoC向け啓発サイトやテレビ通販会社のスマートフォンECサイト立ち上げ、複数ブランドを持つアパレル企業のブランドサイト運用、大手新聞社のデジタルマーケティング支援など多岐にわたる。
白石 尚也 / Naoya Shiraishi
株式会社タンバリン
クラウドインテグレーション部 東京開発チーム
プロダクトマネージャー / ソリューションアーキテクト
R&Dチーム マネージャー

製造業系SIerで基幹システムの開発・保守を経験後、タンバリンに転職。セールスフォース・ドットコム社が提供するビジネスアプリケーション向けクラウドプラットフォームHeroku環境でのカスタムアプリケーション開発や、Force.com、Pardotの導入・運用プロジェクトを中心に手がけている。R&Dチームとして、常に最新のソリューションやプロダクトの研究開発にも余念がない。会社の枠を越えた開発者同士の情報交換やノウハウ共有にも心を傾けている。

Salesforceに対する思いはどこにも負けない

画像1

――どのようなきっかけでSWTTに出展するようになったのですか?

鷲野:タンバリンはSalesforce認定コンサルティングパートナーとして、長きに渡ってSalesforce活用の提案や開発を行ってきました。そのご縁でイベントの主催側からお声がかかり参加するようになったのです。

こういう展示会系のイベントは多々ありますが、出展しているのは自社プロダクトやサービスを持っている企業がほとんどですよね。対してタンバリンは、主だったパッケージやサービスを持っていない、基本的にクライアントの要望に則って1から作っていく受託開発会社です。なので最初は、そういう会社が果たして出展していいのか、どれだけ役に立てるのかという不安がありました。

――それでも出展を決めた理由は何だったのですか?

鷲野:Salesforceのコミュニティに対して「タンバリンという会社があります、こんな開発や提案をしています」というのを少しでも届けたいという想いです。

確かにタンバリンはパッケージやツールをもっていないのですが、ご支援することになったクライアントがSalesforceを既にご契約されている、あるいはこれから導入される場合、どちらのケースでもきちんと活用しきってほしいという想いが根底にあります。クライアントが困っていることに対して課題解決していきたいですし、導入されるからにはぜひとも成果を出していただきたい。その気持ちはどこにも負けないという自負があります。だからこそ、この場に出る意味があると考えています。

タンバリンの“今”を知ってもらい、より良い関係を築きたい

――SWTT2019への出展にあたり、今年はどのような狙いがあるのでしょう?

鷲野:毎回、出展内容には四苦八苦しています(笑)。日常的にSalesforceを使っている、あるいは使おうと検討している企業の方が多く訪れるイベントなので、タンバリンという会社の存在をより広く知ってもらいたいですね。

タンバリンはおかげさまで前期はメンバーも2倍近くに増え、成長していっていますが、まだまだ小さな会社です。まずはSalesforceを使っている、使おうと考えていらっしゃる企業に対して知名度を上げていきたいと思っています。

白石:SWTTに出展すること自体が、Salesforceとの関係構築にもなりますよね。実際、Salesforceから紹介していただいた案件もとても多いですし。今後も良いパートナーシップを継続していくためには、常に“今のタンバリン”を知っておいてもらう必要があります。今のタンバリンの強みや業務内容を出展を通して知ってもらうことで「次もタンバリンにお願いしたい、相談したい」と思っていただけるようにアップデートし続けているのです。

画像2

▲SWTT2018でもセッションに登壇した白石

――過去に2回出展していますが、どのような収穫を得ましたか?

白石:前述の通り、タンバリンはSalesforceからの紹介案件が多いのですが、出展時に名刺交換した方から後日、連絡をもらって直接仕事に発展したケースが複数ありました。

鷲野:現在進行中で開発を支援している企業の担当者さんが挨拶に来てくださって、タンバリンのことをより深く知ってもらえたというケースもあります。「これまでタンバリンの一部しか知らなかったけど、ブースを見て改めてどんな会社なのか、何をやっているのかを多角的に理解できた」と言ってくださって。「改めて頼んで良かったと思えたよ」という言葉をいただけたこともあって、その時は嬉しかったですね。

今回も新たな出会いや、今お付き合いのあるクライアントとの関係強化に繋がったらいいなと考えています。

当日、ブースや登壇セッションでお伝えすること

――白石さんはセッションに登壇されますが、どのような流れで参加することになったのですか?

白石:タンバリンがセッションに参加することが決まった時に、誰から言われるでもなく自分で立候補しました。

鷲野:白石は入社してからずっとSalesforceに触れてきて、複数の資格を持っていますし、Herokuを使ったサービスやアプリケーションの開発も数多く経験しています。さらに各サービスの新機能や新サービスを常にキャッチアップしていて、社内で一番Salesforceに詳しいんです。普段からSalesforce関連の何かがあれば必ず出てもらっているので、彼の登壇は自然な流れでした。

――セッションの内容はどのように決めたのですか?

鷲野:日々の業務の中で耳にする、クライアントからの要望やニーズをヒントにしました。デジタルやITの業界は、常に同じやり方に固執していると、どんどん時代に取り残されてしまいます。日々、新しい技術を取り入れ更新し続けていかないと、他の会社に真似されてしまったり、自分たちの強みが消えてしまって差別化ができなくなるのです。だから僕たちは日々、多様な案件に関わるなかでクライアントの要望やニーズ、依頼に耳を傾け、次の一手を探しています。

今回も、そこから代表の中尾が「次はこういうことをやっていきたいね、こういう領域に入っていかないとね」と話していたことをもとに、白石やアカウント&プロデュース部 部長の野口と話しながら決めていきました。その内容を白石が上手にキャッチアップし、空気を読んで、いい感じの内容にしてくれました。

画像3

白石:中尾さんとはもう7〜8年一緒にいますからね(笑)。何をしたいのか何となくわかります。最終的にはタクシーの中で話しながら決めました。

今回は「Heroku × B2BCommerce サービスをアジャイル開発した事例のご紹介」と題して、タンバリンの事例をデモンストレーションをする予定です(申し込みは満席!)。この事例紹介を通して、タンバリンの手法にマッチする企業やパートナーに出会えたらいいなと思っています。

――最後に、SWTT2019出展への意気込みをお願いします!

鷲野:僕は今回初めて出展責任者としてリードするので、多少不安もありますが、楽しく頑張りたいです。タンバリンでは、9月から年度が改まり、新しい取り組みとしてアジャイル開発手法のスクラムを取り入れました。そんな今のタンバリンが自信を持って紹介できるサービスをブースで展開したいと思っています。

白石:SWTT2019では、これからタンバリンがやろうとしている手法やモデルをわかりやすく伝えたいと思っています。作ったものや作り方を具体的にお伝えするので、タンバリンをより身近に感じてもらえるようにしたいです。登壇セッションの申し込みは満席になってしまいましたが、僕がブースにいる時は個々に説明するので気軽に話しかけてくださいね!

画像4

SWTT2019開催後には、登壇した白石へのインタビュー記事を公開予定ですので、ぜひこちらもご覧ください。

★少しでも興味をもってくださった方は、tambourine magazineをフォローいただけると嬉しいです。

★新たな仲間を探しています。
現在募集中の職種は下記に掲載しています!ぜひ、お気軽にご応募ください。


*:・・今日がいい日になりますように・・:*
11
株式会社タンバリン(https://www.tam-bourine.co.jp/)広報担当アカウントです。タンバリンの各メディアはこちらから→https://linktr.ee/tambourine_inc 「Let’s PARTY!最高のチームになろう。」

こちらでもピックアップされています

tambourine magazine
tambourine magazine
  • 103本

株式会社タンバリンのことを、もっともっと知ってもらうためのマガジンです。公式メディア一覧→ https://linktr.ee/tambourine_inc

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。