見出し画像

QAチーム新設!受託開発の会社が品質担保に本気で乗り出した理由/クラウドインテグレーション部 部長 濁沼貴志&エンジニア 守屋慎二郎インタビュー

会社の規模が徐々に大きくなっているタンバリンはいま、QAチームを新設しようとしています。受託開発のIT企業として、プロダクトの品質及びクオリティをより高く追求するために必要だと考えたからです。
クラウドインテグレーション部 部長 濁沼貴志と、エンジニア 守屋慎二郎にQAチームへ期待することを聞きました。

※当記事はオンラインインタビューをもとに作成しました。

プロフィール

濁沼 貴志 / Takashi Nigorinuma(写真右)
株式会社タンバリン
クラウドインテグレーション部 部長
東京開発チーム マネージャー

電気メーカーで黎明期のRFID、ICタグの開発に携わる。その後ベンチャーに移り、ICタグを使用したビジネスモデルの立ち上げ、サービスやシステム開発のPMを担当。所属していた部門のバイアウトにより物流会社の技術研究子会社マネジメント職を経て、主にアパレル企業の基幹システム、業務システム導入のPMを経験する。
現在はフリーランスを経てタンバリンの開発部門であるクラウドインテグレーション部の部長として、プロジェクト管理とマネジメント全般を担う。
Wantedly
守屋 慎二郎 / Shinjiro Moriya(写真左)
株式会社タンバリン
クラウドアプリケーションエンジニア

前職でWeb通販サイトの立ち上げ・運営を経験した後、独学でHTML, CSSを学び多数のWebページを制作する。さらにプログラミングの技術を身に付け制作に携わるべく、タンバリンの前身であるTAMに転職。その後、タンバリンへ。現在はクラウドアプケーションエンジニアながら、社内随一のフルスタックエンジニアとして日々の業務に取り組んでいる。 得意なプログラミング言語はJavascript, React, Python, PHP。
GitHub , Wantedly

なぜ受託開発の会社がQAチームを作るのか

――QAチームを立ち上げることになった経緯を教えてください。

濁沼:QAチームの構想自体は「将来を見据えたらあったほうがいいよね」と1年くらい前から話していて、それを具体的に進めるフェーズに来たということです。

現在タンバリンでは、テストや品質管理も開発チームのメンバーが兼任しています。けれど会社の規模が徐々に大きくなるにつれ、複数の案件が並行で走るようになり、各案件の規模もさらに大きくなりました。

タンバリンはいま、クオリティを管理する仕組みを会社全体で構築する段階に来ています。

もうひとつ、開発チームの業務効率化を見据え、業務を分担するという意味合いもあります。開発チームが開発業務だけに集中できるようになれば、自ずと生産性も上がっていくでしょう。

また開発サイドとQAサイドのそれぞれの目線でチェックしていくことで、品質向上を狙えます。

画像1

▲クラウドインテグレーション部 部長 濁沼

――濁沼さんと守屋さんはQAチームとどのように関わっていくのでしょうか?

濁沼:QAチームはまだ発足していなく、先日募集を始めたばかりです。助走期間中は僕と守屋さんが業務を見ていきますが、いずれは部署として独立してもらうつもりです。

守屋:それまでは濁沼さんはQAチームが属するクラウドインテグレーション部の部長としてチーム全体の管理を、僕がこれまでのテスト経験を活かしてチームビルディングを担っていくイメージです。

テストするのが役割である以上、QAチームは独立性を持たせることが理想ですからね。今後チームをリーディングしていく人を採用して、自走してもらいたいと考えています。

QAチームは品質担保の最後の砦であり社内の第三者

――QAチームの役割とは何でしょうか?

濁沼:ひと言で言うならば、品質担保の最後の砦です。

納期などクライアントの事情を加味しながら、最終的にタンバリンとして納品していい基準を満たしているかどうかのOKサインを出すのがQAチームの役割です。そのために、実際にでき上がったものを第三者目線でチェックしていきます。

多くの企業のQAチームはこの部分だけを担うことが多いと思いますが、タンバリンでは開発や設計などの開発段階から入ってもらい、随時、情報を共有していく予定です。その上で、最初に掲げた理想や設計通りに仕上がっているかなどをチェックしてもらいます。

――それはなぜでしょうか?

濁沼:タンバリンはいま、アジャイルやスクラム開発という手法を取り入れた開発を実施していますが、その場合、機能開発の部分は作った人がクオリティを担保するんです。けれどそれだと少し視野が狭い。

QAチームが作り手ではなく、テスト者の視点でチェックすることで、より確かにクオリティを担保することができます。具体的な手法は、これからジョインしてくれた仲間と一緒にカタチにしていくことになりますね。

守屋:作っている当事者は、なかなか広い視野で見られませんからね。どうしても視野が狭くなってしまいがちです。

このやりとりを減らし、クライアントに完璧な状態で見せられるように持っていくのにQAチームは大きな役割を果たしてくれると思います。修正コストの削減にもつながるでしょう。

画像2

▲エンジニア 守屋

責任感は必須。だけどゲーム性を持って楽しんでほしい

――QAチームにはどのような方が向いていると思いますか?

濁沼:QAを担う人には、それなりの権限や責任を持ってもらうことになります。だから責任感が強いというのは大事な要素でしょう。

またリスクとなりそうな部分を察知できる勘所はある程度必要ですね。その上で慎重に作業できる人が向いていると思います。

ただしっかり仕事をしてもらうと、ある意味メンバーに煙たがられる存在かも(笑)。そこは僕らでフォローしていきますし、タンバリンらしいメリハリを持った楽しい雰囲気の中で仕事に取り組んでほしいです。

業務上では鋭い指摘をする必要もあるけれど、休憩中は気軽にメンバーとコミュニケーショを楽しむとかね。

画像3

守屋:QAって責任感を持つことにやりがいを感じられる仕事ですよね。でき上がったものに対して「バグがあったよ」などフィードバックするのが仕事と聞くと、一見、粗探しが役割のように感じるかもしれませんが、それは取り組み方次第かなと僕は思います。

宝探しのようなゲーム性を持って取り組めば意外と楽しめるんですよ。

開発チームはQAチームにポイントを与えないように頑張ろう、QAチームは開発チームからポイントを奪ってやろうと競い合えたら、プロジェクトはもっと楽しいものになるのではないでしょうか。

画像4

濁沼:QAチームにしろ開発チームにしろ、目指すべきゴールは一緒です。クライアントが喜ぶいいものを作って納品すること。最終的にいいものを納品できれば、どっちも納得してその仕事をクローズできます。

みんなで切磋琢磨しながら共通のゴールを目指しましょう!

★タンバリンに少しでも興味をもってくださった方は、ぜひtambourine magazineをフォローいただけると嬉しいです。

★現在募集中の職種は下記に掲載しています!ぜひ、お気軽にご応募ください。


今日の運勢は・・大吉!
10
株式会社タンバリン(https://www.tam-bourine.co.jp/)広報担当アカウントです。タンバリンの各メディアはこちらから→https://linktr.ee/tambourine_inc 「Let’s PARTY!最高のチームになろう。」

こちらでもピックアップされています

tambourine magazine
tambourine magazine
  • 95本

株式会社タンバリンのことを、もっともっと知ってもらうためのマガジンです。公式メディア一覧→ https://linktr.ee/tambourine_inc

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。