見出し画像

今、幸せだと感じるのは、エンジニアとしていいモノをつくることにフルコミットできるから/エンジニア 安部草麻生インタビュー

タンバリンでエンジニアとして働く安部草麻生は、ベンチャー企業からタンバリンの前身であるTAMに入社し、その後タンバリンに転籍しました。当初は東京オフィスで働いていましたが、3年前に大阪へ異動。
そして今、開発の下支えとしてのエンジニアリングや、テクニカルディレクターとしてのお客さんへのヒアリングや仕様の打ち合わせといった場面で活躍しています。そんな安部にエンジニアとして大事にしていることを聞きました。

<プロフィール>

安部 草麻生 / Kusamao Abe
株式会社タンバリン クラウドインテグレーション部
大阪開発チーム エンジニア

マークアップエンジニアとして入社後、フロントエンド全般やPHPプログラミング、DevOps・設計などに関わり、現在ではWebエンジニアリングとテクニカルディレクションをおこなう。PHP LaravelやWordPress、Vue.js、Heroku、AWSをメインに、アプリケーション制作・運用業務に幅広く携わる。社内ポッドキャストの配信や社内ナレッジの蓄積、勉強会での登壇なども積極的におこない、情報の発信・共有にも力を注いでいる。
Wantedly

入社直後から大型案件にアサイン。学びと裁量がどちらもあった

――タンバリンで一番心に残っている仕事は何ですか?

入社して初めて担当した、アミューズメント施設のポイント端末を作った案件ですね。レジ側にタブレットが置いてあって、会員カードをスキャンしてポイントを付けるというWebシステムを開発しました。すでに会員サイトは社内の別メンバー、ポイントの基盤はパートナーさんが開発していて、そこに私がポイント端末を開発するという形。その上、UIモックアップも作られていた状態だったのですが、そもそも入社間もなくこんなに大きな案件を担当できるというのが結構な衝撃でした。

SPA(シングルページアプリケーション)という技術で作ることになり、その技術を指南してもらうために大阪出張したのですが、それも驚きでした。「自分ひとりで頑張らなくていいのか、教えてくれる人がいるんだ」って。前職では社内に同じ職種の人がいなかったこともあり教えてもらうという感覚がなかったので、学べること自体が嬉しかったんです。その上、メインで担当させてもらったので、短期間でものすごく成長できました。そうして作ったWebアプリケーションが今でも使われているのは、とても感慨深いですね。

「社会に価値を提供したい」と思って転職したので、今それを実現できていることを本当に嬉しく思います。

妥協なきものづくりへのこだわり。それが、みんなの幸せに

――仕事をする上で意識していることは何ですか?

品質ですね。以前は私自身の裁量やスキル的に、デザインの再現性や効率性くらいしか意識できなかったのですが、だんだんと「そもそもきちんと動かなかったら困る」と思えるようになったのです。サービスがきちんと動くのはもちろん、メンテナンスの方法やエラーの検出方法まで考えて開発しなければいけないと気付きました。開発とひと言で言っても、考えるべきことはたくさんあるんですよね。

例えば今はコードレビューをしたりテストを書いたりという取り組みをしています。こういった工夫により、少しずつ妥協せずにできることを増やせればいいなと思っています。

「これはできないからしょうがない」と切り捨てるのは簡単です。けれどひとつでも改善することがお客さんや自分自身の幸せに繋がるし、その先の誰かのためになると信じています。

――では、安部さんの仕事は「品質管理」であるとも言えるのですね。

そうですね。もちろんチームで仕事する以上、プロダクトを作ること自体が目標ではありますが、そこに自分自身がどう貢献できるか考えた時「ひとつでも妥協しないものを増やす」のが私の仕事かな、と。

だからギリギリのタイミングでも気になることがあればメンバーに率直に伝えますし、自分自身でも動くのです。それがきっと何かに繋がる、いい方向に行けると私は信じています。

画像1

ものづくりへのこだわりを認めてくれる、だからもっと追求しようと思える

――タンバリンはどういう会社だと思いますか?

タンバリンは、人間的に成長できる会社だと思います。特に1年前から始まった1on1は気付きが多くて、本当に救われました。

私は少し前までプロダクトに感情移入し過ぎていました。作ったプロダクトが「もっとこうした方がいい」と言われたり使ってもらえないと、自分が否定されたように感じて落ち込んでいたんです。そんな自分に気付いたきっかけが1on1でした。

さらにその時の自分の感情を分析し「なぜそう思ったのか」「じゃあプロダクトをどうしていけばいいか」と考えられるようになり、さらにものづくりにこだわれるようになりました。これからもっとプロダクトと自分を切り離して考えるようになれば、プロダクトの品質をより追求できるようになるとも思っています。ひとりのエンジニアとして、より良いものづくりのためにどんどん人間的に成長していきたいですね。

そして何よりも、妥協せずにものづくりにこだわることを良しとしてくれる会社です。お客さんと接することもありますが、あくまで私はエンジニアです。なので、お客さんが喜んでくれたり結果が数字に出るのももちろん嬉しいけど、やはりいかに品質を上げるか、いかに良いものを作れるかというところに価値を感じます。だからこそ、そのミッションを達成できると嬉しいですね。

例えば私は整えることが好きなんですが、サイトのナビゲーションを作るとき、限られた面積の中にきちんと要素を入れて、いかにあらゆるデバイスできれいに見えるようにするか。制限がある中で工夫することに燃えます。

そんな私のこだわりを代表の中尾は「いいね」と褒めてくれる。これって「そんなことに時間をかけずに効率よく進めろ」と怒られてもおかしくない話ですよね。エンジニアのこだわりがお客さんの幸せに繋がると、タンバリンの誰もが信じているからこそなんだと思います。

★少しでも興味をもってくださった方は、ぜひtambourine magazineをフォローいただけると嬉しいです。

★新たな仲間を探しています。
現在募集中の職種は下記に掲載しています!ぜひ、お気軽にご応募ください。


今日の運勢は・・大吉!
21
株式会社タンバリン(https://www.tam-bourine.co.jp/)広報担当アカウントです。タンバリンの各メディアはこちらから→https://linktr.ee/tambourine_inc 「Let’s PARTY!最高のチームになろう。」

こちらでもピックアップされています

tambourine magazine
tambourine magazine
  • 103本

株式会社タンバリンのことを、もっともっと知ってもらうためのマガジンです。公式メディア一覧→ https://linktr.ee/tambourine_inc

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。