見出し画像

手がける案件で会社の将来が変わる。難しいけれど 、これこそがプロデューサーの醍醐味/プロデュースチームマネージャー 野口栄晴インタビュー

プロデューサー」という肩書きから想像する仕事内容は、人それぞれかもしれません。タンバリンの場合、獲得する案件を采配することで会社が進む方向の舵取りすら担う大切な存在です。果たしてそれはどのような役割なのか。プロデュースチームマネージャーの野口栄晴に聞きました。

プロフィール

野口 栄晴 / Yoshiharu Noguchi
株式会社タンバリン
アカウント&プロデュース部 部長 兼 プロデュースチームマネージャー

SalesforceやHerokuといったクラウドプラットフォームを活用したWebサービス開発やBtoBマーケティングサイト構築・運用、ECサイト運用において、プロジェクトマネージャー/プロデューサーを務める。アカウント&プロデュース部のマネージャーとしては、チーム内コミュニケーションのハブとして”コト"をドライブさせることを心がけている。
Twitter @tamb_noguchi

オールラウンダーから、専業化しプロデューサーへ

――野口さんは最初からプロデューサーとしてジョインしたのですか?

いいえ、最初はディレクターでした。

僕はタンバリンの前身であるTAMから在籍しているのですが、同社には営業やプロデューサーという職種がなくて、ディレクターが進行管理や企画からコンペの提案、見積もりまで全部やっていたのです。

入社して1年ちょっと経ったころに分社化しタンバリンに移籍したのですが、当初はいまのようにチームがなかったので、TAM同様にディレクターをやりつつプロデューサーもやるという感じに何でもやっていました。

いまは人数がどんどん増えて組織改編もし、少しずつ専業化していっている途中ですね。僕はアカウント&プロデュース部プロデュースチームのマネージャーを担っています。

お金だけでなく、タンバリンの成長を考えて案件を獲得するのがプロデューサーの仕事

――タンバリンにおけるプロデューサーの仕事内容を教えてください。

ざっくり言うと提案活動全般です。大前提として僕らが提案する引き合いのほとんどはセールスフォース・ドットコム社さんから。その中にはコンペ形式のものもありますが、多くは「タンバリンさん、いけますか?」という単独依頼のものです。

「来月からすぐにプロジェクトをスタートしたい」といった急ぎの場合もあるので、その場合はスケジュールを調整するところから始めます。スケジュールのOKが出て見積もりを依頼されたら、開発チームのメンバーに協力してもらいながら細かい部分のヒアリングをおこない、提案内容と見積書を提出します。

コンペの場合は、クライアントからいただいたRFP(提案依頼書)を確認しながらヒアリングし、セールスフォース・ドットコム社さんと共同で提案書を作って提案します。システム的な切り口の場合もあれば、デザイン的な観点から入る場合もあるので、内容に応じてプランナーと一緒に動きます。

画像1

――そうなると、どの仕事を受けるか采配するプロデューサーの役割は結構、重要ですよね。

そうですね。プロデューサーが取ってくる仕事次第でタンバリンの見え方が変わりますし、どんな仕事をして会社の血肉にするかによって今後の会社の姿が変わっていきます。そういう意味では、責任重大ですし、すごく重要な仕事ですよね。

だからこそクライアントの生の声を聞きながら最適な提案をし、最終的に選んでいただいた際は嬉しいです。なにより、提案内容がカタチになり、実際の成果としてクライアントに喜んでもらえたときの達成感は一際大きい

そういう成果を出すためには、常に最新のプラットフォームの知識やクライアントの業界事情、マーケティングの知識などをキャッチアップして勉強し続けないといけませんが、学び続けること自体もこの仕事の楽しさのひとつだと思っています。

その中で、ただお金を稼ぐためだけでなく、タンバリンの成長のためにみんなで先進的なチャレンジができるような仕事を獲得することが、僕らプロデューサーにとって最重要ミッションです。

仕事は個人でやるものではない。みんなでPARTYを組み、最高の成果を出せる組織へ

――タンバリンでプロデューサーとして働く面白さを教えてください。

優秀なエンジニアをはじめとする面白いメンバーたちと、いまの会社規模だと普通では難しいレベルの大きなクライアントととも仕事をできることです。

ハイレベルな仕事は、これまで培ってきた実績があるからこそ紹介されるのですが、その実績を作ってくれているのは紛れもなくタンバリンのメンバーたち。

彼らが目の前の仕事をただ作業としてこなすのではなく、クライアントの要望に対して「なぜやりたいのか」「最終的に目指すべきゴールはどこか」を理解したうえで、「だったらこうしよう」と考えながら進めてくれるからできたものです。

そういう彼らと一緒に仕事をしているので、提案するときはいつも不安がありません。

画像2

――今後の展望を教えてください。

プロデュースチームのマネージャーとしては、まずチームの規模を倍にすることです。それにより新規のクライアントへの提案もしやすくなるし、既存のクライアントへはより深層部分へのアプローチがしやすくなります。

最終的にはクライアントを伴走支援できるようになりたいですね。

サービスは導入することだけではなく、その後どう活用してもらうかも重要です。現在タンバリンはカスタマーサクセスにも力を入れ始めていますが、その部分とも連携してクライアントと長く付き合っていける体制を強化したいと考えています。

組織としては、人数が増えても回るような仕組みを今から作っておきたいです。タンバリンの仕事は個人で完結できるものは何ひとつありません。みんなでPARTYを組んで協力して作り上げていくのです。

だからこそメンバーが増え成長し続けているいま、仕組みをきちんと盤石にすることがこれからの課題だと言えます。

他にも細かく言えばやりたいことはたくさんありますが、大きい部分ではこの2つ。タンバリンのメンバーはバックグラウンドがそれぞれ異なるため、考え方もスキルも多様です。当然得意なものも違いますから、互いに補い合って最高の成果を出せるような会社として一緒に成長していきたいですね。


★タンバリンに少しでも興味をもってくださった方は、ぜひtambourine magazineをフォローいただけると嬉しいです。

★現在募集中の職種は下記に掲載しています!ぜひ、お気軽にご応募ください。


よろしければ次のnoteも読んでくださいね。
13
株式会社タンバリン(https://www.tam-bourine.co.jp/)広報担当アカウントです。タンバリンの各メディアはこちらから→https://linktr.ee/tambourine_inc 「Let’s PARTY!最高のチームになろう。」

こちらでもピックアップされています

tambourine magazine
tambourine magazine
  • 112本

株式会社タンバリンのことを、もっともっと知ってもらうためのマガジンです。公式メディア一覧→ https://linktr.ee/tambourine_inc

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。