見出し画像

自分のエゴは不要、本当の意味で人の役に立てるものづくりを追求したい/クラウドアプリケーションエンジニア 北川雄紀

エンジニアにとって技術とはどういう存在か--。タンバリンのエンジニアの多くは「技術は手段」と答えます。北川雄紀もそのひとりです。クライアントが抱える根本的な課題を解決するために技術を使うのがエンジニアの仕事。その根底にあるのは「人助けがしたい」という気持ちだと北川が言います。その真意を聞きました。

プロフィール

北川 雄紀 / Yuki Kitagawa
株式会社タンバリン 大阪開発チーム
クラウドアプリケーションエンジニア
 
webシステムやAndroid・iOSのネイティブアプリ開発を数年経験後、タンバリンでネイティブアプリ兼バックエンドエンジニアを担当。阪神タイガースファンの親を持つ、横浜DeNAベイスターズファン。
Wantedly

タンバリンはエンジニアとしても、人としても求めていた環境だった

――まず転職した経緯を教えてください。

前職はタンバリンと同じように受託開発を行っている会社でした。タンバリンと異なるのはクライアントが広告代理店という点でした。その会社の社長はいわゆるワンマンで会社を叩き上げた人だったのですが、ある時突然退任してしまって。それで会社の先行きに不安を感じ、転職することにしました。

転職先を探す際に意識したのは、エンジニアとして開発に集中できる環境かどうか。開発環境やどういうタイプのメンバーがいるのか、1チームはどういう構成になっているのかなど様々な点を見ていました。と言うのも、前職では開発以外のタスクが本当に多くて、開発に集中しきれない環境だったのです。プロジェクトの規模が小さかったこともあり、1プロジェクトに多くてもエンジニアが2〜3名で、ときには1名の場合も。加えてディレクターがいなかったのでエンジニアがテクニカルディレクターのような役割も担っていました。なので、どうせ転職するなら次はエンジニアリングに集中したいと考えたのです。

――タンバリンへの入社を決めた理由を教えてください。

求めていた環境に近かったからです。業務を効率化できそうなツールをどんどん導入し、自分たちがスピーディーに仕事ができる環境を追求しているという姿勢にも共感しました。

でもこれらはあくまでエンジニア目線の話で、決め手は面談で感じたメンバーの雰囲気ですね。最初の面談に当時の大阪メンバーがほぼ全員来てくれていたのですが、そこにたまたま代表の中尾さんもいて。メンバーがいい意味で中尾さんを社長扱いしていなかったんですよ。あくまで仲間という感じで。一方、中尾さんからはすごくメンバーを大事にしていることが伝わってきました。

最終面談は中尾さんとCTOの狩野さんが担当してくれたのですが、話しているうちに「ここまでメンバーのことを考えてくれる中尾さんたちを自分も支えたい」と自然に思えて、2018年7月に入社しました。

互いのタスクを把握してフォローし合える仕組みを構築

――今まで1番印象に残っている仕事を教えてください。

どれも印象には残っていますが、やはり1番は2019年10月にリリースしたばかりのECサイト案件でしょうか。既存サイトのリプレイスで私はバックエンドエンジニアを担当。決済システムが必要となるサイトの作成が初めてだったので「ちゃんと決済できるかな」という、いつもとは違う緊張感がありました。ECサイトはweb上で商品を購入することがユーザーの目的なので、それができないとユーザーの離脱に繋がりますからね。

この案件は正直大変なことばかりだったのですが、エンジニアとしてのやりがいも実感できました。例えば、リリース直前にクライアントから「こういうことはできますか?」と言われたタスクがクライアント的には大きなものだったのですが、自分的にはそうでもなくて。「できますよ」と受け取って2時間後くらいでデプロイしたら、とても喜んでもらえたのはすごく嬉しかったです。

タンバリンのエンジニアって、基本的に人助けをするのが好きな人が多いんですよ。その人が抱える課題に対して技術を使って解決することに喜びを感じる。だから、やりがいはいつもこの部分にあると思います。

――この案件がきっかけで始めたことがあるんですよね?

はい、プロジェクトごとに「タスク管理のルールを設ける」ことと「タスクの交通整理をする」ことの2つを始めました。実はこの案件が始まった当初、タスクの交通整理がされていなくて、誰がどのタスクを持っているかや、どの分野のタスクなのかがカテゴライズができていなかったんです。このままだと1つのタスクにどれだけの関係者がいて、どの順番でタスクが処理し、何をすれば完了なのかが明記されてなかったので、危機感を抱きました。

そこでチームメンバーに集まってもらい、安部さんと私が中心になって壁に画面デザインの出力を貼り出し、タスクを1週間かけて書き出して整理しました。各自がどれくらいのタスクを抱えているかを可視化し、担当ごとのタスクをチャートで確認できるようにしました。

すると、プロジェクト進行中にお互いの状況を随時チェックできるようになり、タスクを抱え過ぎているメンバーがいたら「これは分散しよう」と相談できるようになったのです。結果、開発スピードが大幅に上がり、生産性向上に繋がりました。

――今ではこのやり方がタンバリンのスタンダードになりつつあるんですよね。

そうですね。このプロジェクトには多くのメンバーが関わっていたのですが、2つの取り組みの必要性を実感したメンバーがこのやり方を他のプロジェクトにも応用していく形で自然と社内に広がりました。

タンバリンは今、請け負う案件の規模が大きくなっていて、社内外で様々なスキルを持ったメンバーとチームを組んで仕事をすることがほとんどです。そのためコミュニケーションの重要性が増していることをメンバーも理解しています。だからこそ、コミュニケーションの円滑化に寄与する今回のやり方が広がっていったのだと思います。

画像1

技術という武器を使い、本当に課題解決できるものづくりを

――仕事をする上で大切にしていることを教えてください。

自分のエゴを入れないことです。私が作成したものを実際に使うのはクライアントやエンドユーザーです。クライアントやエンドユーザーがいかに使いやすいように作るかが大事なので、そこに自分のエゴはいりません。なので「なぜこうするのか」がはっきりしていない場合は、クライアントに「本当にやりたいことは何?」「根本的な課題は何?」と確認するようにしています。やはりどんなにいいものを作っても、根本的な課題解決に繋がっていなければ意味がないですからね。

――北川さんにとって、タンバリンのいいところは何だと思いますか?

きちんと責務を分けられているからこその自由があるところ、ですね。責務が定まっていないと、どこまでもこだわれてしまい、作る目的が定まらずにプロジェクトが破綻しかねないと思うんです。各メンバーの役割がはっきりしている中で、各々が自由に楽しく仕事をしているからこそ、いいものづくりができているのだと思います。

一方で、自由だからこそ「自分がこうしたい」という理由だけでものづくりをしてはダメですよね。誰のために作っているかを忘れないことが、ある意味タンバリンの文化なのかもしれません。

タンバリンのエンジニアにとって、技術はあくまで課題解決の手段です。採用面談をしていると「この技術を勉強したいからタンバリンで働きたい」と言ってくれる方が多いのですが、正直それだとタンバリン的思考とはマッチしないかもしれません。技術を使うことが目的ではなく、その技術を使って課題を解決することを目的にするのがタンバリンらしさなのだと思います。

私自身も、エンジニアだからこそ技術という武器を使って、これからもできるだけたくさんの人が喜んでくれるようなものづくりを続けたいですね。

★少しでも興味をもってくださった方は、ぜひtambourine magazineをフォローいただけると嬉しいです。

★大阪オフィスのエンジニアをはじめ、現在募集中の職種は下記に掲載しています!ぜひ、お気軽にご応募ください。


*:・・今日がいい日になりますように・・:*
6
株式会社タンバリン(https://www.tam-bourine.co.jp/)広報担当アカウントです。タンバリンの各メディアはこちらから→https://linktr.ee/tambourine_inc 「Let’s PARTY!最高のチームになろう。」