“会社”は怖いところだと思っていた。なのに「楽しそう」ってワクワクできた/内定者 伯健弘インタビュー
見出し画像

“会社”は怖いところだと思っていた。なのに「楽しそう」ってワクワクできた/内定者 伯健弘インタビュー

伯健弘さんは、2020年4月タンバリンに入社予定の内定者です。子どもの頃からゲームが好きで、プレイするだけでなく作り手になりたいという想いからプログラミングに興味を持ったそう。その後、専門学校で入った部活をきっかけにIT業界に興味を持ち、タンバリンに応募することに。そんな彼に、入社に至る経緯と現在の思いを聞きました。

プロフィール

伯 健弘 / Takehiro Haku
株式会社タンバリン 内定者
東京開発チーム配属予定

中学生の頃、ゲームプランナーを志すようになったことがきっかけで初めてプログラミング言語に触れる。以降、C言語、JavaScript、HTML/CSSの基礎を学習。専門学校に進学し、ものづくりをしたい学生が集まる「ITCreate部」に入部。ゲーム分野だけでなくIT(主にWeb)分野についても本格的に学び、IT業界を目指すように。大阪オフィスでの内定者アルバイトを経て、2020年4月にタンバリンへ入社予定。
Wantedly

専門学校の部活でWeb系のプログラミングに興味を持ちタンバリンへ

――伯さんはもともとゲームプランナーになりたかったんですよね?

そうなんです。子どもの頃からゲームが好きで、プレイし続けるうちにだんだんとゲームを企画する方に興味を持つようになって。こういう展開があっても面白いな、こんなシナリオのゲームがあったらいいなとよく空想していました。それで調べてみたらゲームプランナーという職業があることを知ったんです。

高校卒業を控えて、どういう学校に進もうか検討しているうちにゲームプログラマーからゲームプランナーになるという道筋があることを知って、まずはプログラマーを目指そうと思い、プログラミングが学べる専門学校に進学しました。

そこでものづくりをしたい学生が集まる部活に入部して、Web系のプログラミングと出合ったんです。技術力の高い先輩たちの影響もあって、気付いたら自分も結構のめり込んでいて。在籍中に簡単なチャットシステムを開発したり、先輩たちが作っていた旅行先を記録するアプリの開発を手伝ったりしながら技術力を高めていきました。

就職先を探す時、もちろん元々志望していたゲーム系も考えたのですが、とにかく狭き門だったこともありIT系で探すことにしました。

――それでタンバリンに応募したのですね。入社を決めた理由は何ですか?

就職先を探す時に重視していたのは、社内や実際に働いている人の雰囲気がいいこと。働いている人が楽しそうでなかったら、例えその会社に就職できたとしても働くのが辛いだろうな、すぐに辞めちゃうだろうなと思ったので、とにかくそこを見極めるようにしました。また僕は元々ゲームプランナーのような企画職に興味があったので、この人たちと一緒に企画を考えたいと思えるような環境を求めていたというのもあります。

それからWantedlyで見つけたタンバリンに応募して、面接を受けに大阪オフィスに行ったら、偶然にも通っている学校の元非常勤講師と部活OBの田中さんが働いていたんです。しかも後から知ったのですが、元非常勤講師の方が「伯くんはすごく気を遣えるいい子だよ」とプッシュしてくれていたらしくて。ものすごくありがたいと同時に、何だか強い縁を感じました。

もちろん社内や働いている人の雰囲気が良かったのは大前提。正直、会社というのはとても怖いところだと思っていたのですが、タンバリンの面接で皆さんの雰囲気や口調から受けた印象が軽い感じで、ちっとも怖くなかったんです。ここなら楽しく働けそうと直感。知っている人がいるから何か分からないことがあっても聞きやすいなと感じたことも後押しとなり、入社を決めました。

エンジニアの先輩に安心して頼れる環境が緊張の糸を解いてくれた

――現在は内定者のアルバイトとしてどのような仕事をしていますか?

エンジニアの先輩たちから随時「これお願い」と頼まれるデータの移行や業務のデータ整形、技術調査などの業務に粛々と取り組んでいます。

アルバイトを始める前は、いきなり「これ作ってね」と難しい課題を投げられるのではないかと戦々恐々としていたのですがそんなことはなく(笑)。CSVをXMLに変換するなど簡単なことから少しずつ任せてもらいました。

今はR&Dチームの社内プロジェクトにフロントエンドエンジニアとして参加しています。まだ始まったばかりで具体的な作業に取り掛かるのはこれからですが、目の前の仕事に全力で向き合って頑張っていこうと思います!

画像1

――アルバイトとして、実際にタンバリンで働いてみていかがですか?

皆さんすごく接しやすいです。最初は緊張してビクビクしていたのですが、インターンから新卒入社した名護さんが自分やインターン生にもどんどん話しかけてくれて、それをきっかけに他の人とも話しやすくなりました。作業中に何か分からないことがあった時も、もちろんまずは自分で調べますが、それでも分からなかった場合に安部さんや名護さんなど周りの先輩たちに聞くと、いつでも親切に教えてくれます。

タンバリンの先輩たちってものすごく自然に面倒を見てくれるんですよ。絶対に忙しいはずなのに「大丈夫?」って、しょっちゅう聞いてくれます。面接の時から感じていたことですが、つくづくタンバリンは僕が想像していた“会社”とは違っていい環境だなと思いますね。

得意分野を作り、自信を持った自分になりたい

――4月からは東京オフィスで正式なメンバーとして働き始めますが、今後の展望はありますか?

僕はまだ会社員経験があるわけではないので、正直まだ具体的な展望はありません。けれど、1日でも早く自分に自信を持って仕事ができるようになりたいと思っています。

僕は自信を持つのが苦手で、不安になりやすい性格なんです。面接の時から「技術力が不安」と相談していたくらい。だからこそまずはその技術力から克服していきたいです。

少し前に社内のナレッジ記事ブログに趣味で扱っているElixirという言語に関する記事を「書いてみてよ」と頼まれて書いたんですね。アウトプットすることは苦手なのですが、頑張って書いてみたら「いいね」がいくつもついたり、社員の方から直接リアクションをもらえたりしてすごく嬉しかったんです。ほんの少しですが自信もつきました。

これは小さな例ですけれど、技術力を上げることでできることがたくさんあると思うので、どんどん上げていきたいですね。僕はフロントエンジニアなので、まずはJavaScriptから自信を持てるように極めていきます。得意分野を作り、その得意分野で自信を持てるようになった時、初めて会社に貢献できていると言えるのかなと思っています。

画像2

そしていずれは、エンジニアの気持ちがわかる企画職として仕事ができるようになりたいです。それができたら結構いい人材になれたと言えるんじゃないでしょうか。何年先になるか分かりませんが頑張ります!

タンバリンでは部活動が盛んなので、ダーツ部に入ったりボードゲーム部を作ったりして、実務以外の時間も楽しみたいですね。

こうして話してみると、会社はすごく怖いところだと思っていた過去の自分が嘘みたい(笑)。ちっとも怖くなくて、それどころか「楽しそう」と思えるタンバリンで4月から働くのが本当に楽しみです!

★東京・大阪の両オフィスで随時短期インターン開催中!
大阪オフィス短期インターン

東京オフィス1dayインターン 次回は2月20日(木)に開催!

東京オフィスでも短期インターンを募集中!

★少しでも興味をもってくださった方は、ぜひtambourine magazineをフォローいただけると嬉しいです。



よろしければ次のnoteも読んでくださいね。
株式会社タンバリン(https://www.tam-bourine.co.jp/)広報担当アカウントです。タンバリンの各メディアはこちらから→https://linktr.ee/tambourine_inc 「Let’s PARTY!最高のチームになろう。」