見出し画像

ディレクターという仕事の本質にようやく気付けた。構築だけでなく、運用にこそ面白さがある/東京開発チーム 入江美里インタビュー

新卒で入社した前職から、ずっとディレクターを職業にしてきた入江美里。タンバリンで経験したある仕事を機に「初めてディレクターという職業と、自分の仕事が繋がった」と言います。
それはどういうことなのか、そしてタンバリンで働く面白さとは何なのかを聞きました。

プロフィール

入江 美里 / Misato Irie
株式会社タンバリン
東京開発チーム クラウドアプリケーションディレクター

新卒入社したWeb制作会社では、クライアント常駐のECサイト運用ディレクターを経験。タンバリンには設立と同時に参加し、Webサイトやサービスの運用保守・改善施策、構築などに携わる。 また常に客観的な広い視点を持ちながらチーム一体で課題解決することを心がけている。Sketchでの画面設計、UI検討に没頭している時間が好き。2020年はアジャイルをみんなで勉強する「アジャ部」の活動に力を入れる予定。
Wantedly

面接で「評価しよう」とするのではなく、「わかり合おう」としているのが伝わってきた

――前職から転職を考えた理由を教えてください。

私は美大を卒業後、Webの制作会社に入社しました。ここでWebの基礎的な技能を身に付けてディレクターになり、主にクライアントのオフィスに常駐する形でECサイトの運用などをおこなっていました。

3年くらい働くとそれなりに仕事をこなせるようになり時間に余裕がでてきたのですが、一方でマンネリを感じるようになって「もっと色々な経験を積みたい」と思うようになったんです。

いま考えると、その会社でももっとできたことがあったのかもしれません。けれど当時の私は与えられた仕事をやっているだけという感覚で、日々不完全燃焼を感じていて。もっと企画やサイトの構築といった上流から携わりたいと思うようになり転職を意識しました。

――それで転職したのが、タンバリンの前身であるTAMだったのですね。

はい。と言っても、TAMの二次面接の時点で3ヵ月後にはタンバリンが設立され、私は入社したらそこに配属予定だと聞いていましたし、実際タンバリン設立と共に移籍しました。

タンバリンへの入社の決め手は、面接で「人がいい」「嘘がない」という印象を受けたことです。

よくある面接は、企業側から質問されて応募者が答えていくという質疑応答のうち、応募者の応答の部分で評価されて合否が決まるものだと思うんですね。

タンバリンの場合、評価されるのではなく対等に会話を交わし、お互いをわかり合おうという感じがしたんです。私の「タスク管理どうしてるんですか?」といった選考自体には関係なさそうで生意気な質問にも真摯に答えてくれました。

そういったやり取りの中で、メンバーの人柄の良さを感じてすごく惹かれましたね。

また「家族や友だちに誇れる仕事をしよう」と言われたことも大きな決め手でした。当時の私は、そういう仕事ができているのか悩んでいたので、すごく共感できたんです。

直感的にもこの会社は自分に合っていると思えたので入社を決意し、いまに至ります。

運用とは何か、ディレクターの役割とは何かが初めてわかった

――現在の仕事内容を教えてください。

サービスやWebサイトの構築において、要件定義から納品までを一貫してディレクションするのが私の役割です。

基本的にある程度方針が決まっている段階でプロジェクトに参加し、細かい要件を詰めていくことから始めることが多いですね。プロジェクトのゴールを一緒に設定し、そのための目標や実施すべき施策などを提案することもあります。

まずクライアントの要望を聞いて要件定義をし、どういうものをつくるか一緒に考えたり、こちらから提案したりして詳細をすり合わせていきます。その際、エンジニアやデザイナーに相談してはフィードバックをもらうという流れを何度もくり返しながら協力して進行。ある程度定まったら制作・開発をそれぞれ依頼し、仕上がったものを納品します。

全体で言うと私は、エンジニアリングやデザイン以外のところを幅広く担う感じですね。

そのほか、すでに構築したサービスやWebサイトを運用したり、定期的な更新作業のディレクションなどをおこなっています。

――心に残っている案件があったら教えてください。

物流系企業のコーポレートサイト制作です。リニューアルからその後の運用と合わせて3〜4年程度ずっと携わっています。当時の自分にとって大変な規模の案件でかなりしんどかったのですが、無事納品できたときの達成感は大きかったですね。

その後、運用フェーズに入って気付いたのが、前職では気づけなかった運用の面白さや大切さでした。

正直それまで運用は少し面白みに欠けると思っていたのですが、クライアント側に立って一緒に施策を考えながらやってみたら、こんなにもやれることがたくさんあるのかと驚きました。

クライアントの担当者もマーケティングオートメーションやCRMツールにすごく興味のある方で「こういうことやりたいです」と積極的に言ってきてくださるので、一緒に勉強させてもらっています。

そうやってクライアントのビジネスに入り込んで自分ごととして考え、効果を次へ繋げながら回すのが運用という仕事だと、初めてわかりました。

画像1

――そうなると、仕事に対する意識も変わったのではないですか?

はい変わりました。入社したばかりのとき上司に「ディレクターという言葉の意味わかる?」と聞かれても、自分なりの答えを見つけられなかったのですが、ようやくディレクターという職業と自分の仕事が繋がりました。そこからは、依頼されたからやるのではなく、自分で考えて動けるようになりましたね。

また、仕事をする上で物事を色々な視点から見るよう常に気をつけるようになりました。特に高い視点で見るのは大事だなと感じています。私はもともと視野が狭くなりがちなのですが、問題にぶつかる時はだいたい視野がものすごく狭くなっているとき。

けれど、少し視点を変えてみると、そんなに頭を悩ませることではなかったなと気付けることが本当に多いんです。

とは言え、局地的な視点も大事だと思うので、バランスを取るように意識しています。

自分にできることは何かを常に考え、行動することで会社と共に成長したい

――タンバリンで働くようになってご自身に変化はありましたか?

「こうありたい」と思う姿ができました。

周りを見てみると、タンバリンには誰かに言われなくても行動するメンバーが多いんです。その理由を考えてみたら、みんな自分なりの「どう働きたいか、どう生きたいか」という思想があるからなのかなと思い至りました。私もそうありたいですね。

そんな思いから最近始めたのが社内OST(オープン・スペース・テクノロジー)です。少し前にRSGTに参加したときに知ったもので、2月に入ってさっそく始めてみました。

当日は、急な呼びかけだったのにバラバラのチームから10人近く集まってくれて、1時間半で5〜6テーマほどセッション。メンバーからは「よかった」「次も参加したい」という声をもらったので、今後は隔週くらいのペースで実施していこうと思っています。

画像2

▲社内OSTの様子

画像3

画像4

▲参加者から提案された議題

――今後の展望を教えてください。

今回のOSTのように、私にできることは何だろうと常に考えて様々なことにどんどん挑戦していきたいです。タンバリンは誰かの挑戦に対してフォローしてくれるメンバーが多いので、一緒に何かしらできることをやっていければな、と。

けれど、やって終わりにならないように気を付けたいですね。中途半端に手を出して時間だけ取られて終わりにならないようにしたいと思っているので、「面白そう」という想いだけで突っ走るのではなく、どんな効果があるのかまで考えて行動しようと思います。

そして、自分やメンバーにとっても、会社にとっても意味があるものにしたい。

タンバリンで働いていると、会社が成長し続けている感覚をかなり実感できるんですよ。会社自体が成長しているのはもちろん、個人個人やチーム単位でも大きく成長しているし、会社が各々が成長できるような環境を構築してくれているのも感じます。

その成長に自分も参加したいと自然に思えるんです。会社やメンバー、チーム全ての成長がいい感じに重なり合っていくことがさらなる成長につながるのだと思うし、私のその一部であり続けたいですね。


★タンバリンに少しでも興味をもってくださった方は、ぜひtambourine magazineをフォローいただけると嬉しいです。

★現在募集中の職種は下記に掲載しています!ぜひ、お気軽にご応募ください。


今日のラッキーアイテムは・・タンバリン!
5
株式会社タンバリン(https://www.tam-bourine.co.jp/)広報担当アカウントです。タンバリンの各メディアはこちらから→https://linktr.ee/tambourine_inc 「Let’s PARTY!最高のチームになろう。」