英語お絵かき 31日
見出し画像

英語お絵かき 31日

目標:31枚

現在:15枚

人生という波に乗って、行こう。

画像1

流されながら生きていく、という進み方も、悪くない。

今の流れは、どこに向かっているだろう...?

あなたは、今、どのような流れを感じているだろう?

どの道も、悪くない。

感じたまま、行こう。

最後は、みんな、同じ海に行き着くのだし...。



休みながら、行こう。

画像2

No need to rush.

そんなに急がなくても、いい。

「休むこと」で、「次」が見えてくることは、よくあるから。

Relax.

Breathe.

少し休んでいきませんか?



1つずつ、やって、行こう。

画像3

Sometimes, things get really overwhelming.

Out of control.

考えすぎて、容量オーバーで、フリーズして、動けなくなる。

そんなときは、とりあえず、目の前の小さな1つのタスク。

それだけで、いい。

一歩、進むだけでいい。

そして、ひと呼吸おいて、また、次の一歩を...。



まずは、自分を大切にして、行こう。

画像4

今、自分のためにできることって、なんだろう?

ひと呼吸おくこと?

お昼寝すること?

コーヒーを飲むこと?

おいしいものを食べること?

何も考えないで、目を閉じること?

もし自分が「車」なら、ガソリンが入ってないと、進めないから。

今の自分に必要なガソリンは、なんだろう?



咲かせて、行こう。

画像5

今、自分という庭に咲く、いろんな花たち。

はやく咲いて、すぐに散る花もある。

長い間、ずっと咲いてる花もある。

今、元気がない花もある。

いつまでもツボミのままの花もある。

Late Bloomer

時間をかけて、その花を咲かせる人もいる。

どれも大切な、自分の一部。

今、あなたの庭の景観は、どんな感じですか?

1つ1つの花は、どんな様子ですか?



虹のかなたへ、行こう。

画像6

あの朝、空に、虹が、かかっていた。

意味は、なかったのかもしれない。

でも、自分にとっては、何か「特別な虹」のように感じられた。

あなたの心に残っている「虹の景色」は?



時間をかけて、行こう。

画像7

土を耕そう。

水を与えよう。

太陽の光を与えよう。

時間を与えて、育てて、行こう。

いつか咲く、あなただけの花。



あるがままに、行こう。

画像8

池に石が落ちたら、波紋が生まれる。

心のなかにも、毎日、いろんな波紋が生まれる。

Let it be.

Let it rise, and let it fade away...

No need to hold on to anything.

すべて、消えてゆく。

すべて、自然に、帰っていく。

すべて、全体の一部。



歩いて、行こう。

画像9

精神的に行き止まりを感じるなら、とりあえず、足を動かしてみよう。

頭を休ませ、自然のなかを、ただ淡々と歩いてみよう。

そうすれば、心が洗われる。

壁は、いつのまにか、消えている。

休みながら、進もう...。



今日も、行こう。

画像10

今日も、いい日に、なりますように...。

足元に咲く名もない花にも気づけるような

心の余裕を持てますように...。



過去と未来から、今へ行こう。

画像11

人生で、あと何回、夏という季節を経験できるかな?

夜空に咲く、あの花を、あと何回...。



願って、行こう。

画像15

願おう。

その願いを胸に、目の前のこと、

1つ1つ、やって、行こう。



ときどき過去

画像12

ときどき、季節を巻き戻して、会いにゆく。

たまには、そういう時間があっても、いいよね。



次の季節へ、行こう。

画像13

葉っぱの色が変わっていくように。

自分のなかの色も変わっていく。

Old things fade away to make way for the new.



光に導かれて、行こう。

画像14

空の遠く彼方にある光。

自分のなかにもある光。

それは、今、どこに向かっているでしょう?

この続きをみるには

この続き: 0文字

英語お絵かき 31日

ななみ書店

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Hope you have a great day!
七海。7つの海へ...。Read your way through life... 英語、西洋占星術、自己啓発、ふと思ったこと、一行小説、写真詩集、など。 目標は、773冊noteを書くこと。 人生を記録するLifeLogノート:https://kanata.blog/